今、なぜ、勉強するのか? ―これがわかれば、子どもは進んで机に向かう

  • 41人登録
  • 3.63評価
    • (2)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 松永暢史
  • 扶桑社 (2014年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594070199

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
シーナ・アイエン...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

今、なぜ、勉強するのか? ―これがわかれば、子どもは進んで机に向かうの感想・レビュー・書評

  •  親が、「勉強しなさい」や「宿題しなさい」を言うようになったら、もはや手遅れと自覚すべき。宿題しなさいと言われて素直に宿題するようになったら、のび太も出来杉くんぐらい賢くなっているでしょう。こんな末期症状になる前に、親がきちんと環境を整えることがなにより大事である。
     今後、社会で求められている人材は、自己の考えを発信したり、人間同士を有機的に結びつける能力がある人である。今、人気の都立中高一貫校では、まさにこのような人材を世に送るようとしていて、受験する小学生に対して求めているのは、読解力、論理力、作文力、自然科学への関心である。もし、将来子供を都立中高一貫校に通わせたいなら、まず親が入試問題に目を通して、学校が欲しがる子供を認識することが必要である。そうすると、週末に親子で出かける先は、受動的に楽しめる遊園地よりも能動的になれる博物館になるはずである。

  • 【子育て・教育】今、なぜ勉強するのか?/松永暢史/20150818(91/375)<189/20619>
    ◆きっかけ
    ・以前、「将来の学力は10歳までの読書量できる/松永暢史/ 20150710(70/354)<190/15866>」を読んで、タイトルに惹かれた。

    ◆感想
    ・あれもこれも必要だと言っておいて、けど外遊びも重要って、子供はそんなに器用に全てのことができるとは思えないし、やらせるのも子供も大人も辛い。よくばり発想。どの程度の年齢の子供を対象にしているかぼやけていて分かりにくい。
    ・小手先だが、いくつかやってみたい小ネタ集、という印象。

    ◆引用
    ・勉強=強いること。=>学問
    ・生まれながら平等である、しかし現実は格差がある。それはなぜか?その差は学問の差である(福沢諭吉)
    ・学問をすることで、人の規範になる人物になる、賢人になる。
    ・チャンスと思ったら、すぐに実行
    ・勉強する目的の一つ:賢くなること、騙されない人になること。
    ・論理的思考力がないと人生で損をする。
    ・情報化社会で重要になってくること=他人とは違うプラスαの能力とそれを持つ人を勇気的に結び付けるコミュニケーション能力
    ・自分の好きな仕事につくために勉強する
    ・職業選択を誤らないために勉強していおく
    ・人生を豊かにするため、自己の可能性を広げるため。
    ・子供が夢中で取り組んでいるときこそ、賢くなる最大のチャンス
    ・すぐやることができるだけの十分な教材がある環境設定
    ・頭の良い状態(夢中で何かする、計算問題をスラスラ解く、アイディアがどんどんでてくる等)をナチュラルに維持しようとする習慣を身につける
    ・集中すること、繰り返すこと、片づけることを習慣化する
    ・幼児期後期:音読とパズル的学習
    ・感受性があるから創造力が生まれる
    ・小学生:帰宅したらまず宿題を習慣化する。子供がなぜ勉強するのを言わないような環境をつくってしまう。
    ・その宿題や勉強は自分の頭がだんだんっとよくなることだから、楽しんでやってね。と教え込んでおく。
    ・選ばせる:自主性の尊重、モチベーション維持
    ・リビングのテーブルの上が常にきれいになっていて、何かをはじめようとしたとき、すぐに出来る状態。
    ・片づけの習慣:記憶力と論理的能力を養う
    ・料理を手伝わせる:包丁で切ったときの切断面がどうなるか興味持たせる
    ・頭が良くなるタイムの設定:ストップウオッチとスタンプが効果的
    ・これが頭やよくなる秘訣とささやく
    ・小学校で学ぶべきこと:算数の暗算、図形パズル思考、国語の漢字と音読、読書と作文。あとは、自然環境で思いっきり遊ばせて、健全な好奇心と感受性を養う(判断力と創造性が身に着く)。
    ・賢い子供:勉強できる素養がある、頭がいい子供:物事の本質を見抜く力がある。
    ・判断力と創造性=外遊びの中から身に着く
    ・自問自答の習慣が健全な心を育てる。
    ・作文力を養えばウソを見抜く力がつく。
    ・多面体で数字のすいているサイコロで転がした目を足したり掛けたりして遊ぶ
    暗算・算数に遊びながら強くなる、びっくりサイコロ学習法
    ・思考錯誤力はパズルで養う。
    ・子供の好奇心をタイミングよく誘発すること。
    ・面白そうだからやってみようとする教育環境を設定すること。
    ・努力を怠って、勉強しなかったら、将来自分の人生設計を描くことができないと伝える。
    ・主体性を以って自由に自己判断し、行動して生きていく、その為には知恵が欠かせない。

全3件中 1 - 3件を表示

今、なぜ、勉強するのか? ―これがわかれば、子どもは進んで机に向かうを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

今、なぜ、勉強するのか? ―これがわかれば、子どもは進んで机に向かうを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

今、なぜ、勉強するのか? ―これがわかれば、子どもは進んで机に向かうを本棚に「積読」で登録しているひと

今、なぜ、勉強するのか? ―これがわかれば、子どもは進んで机に向かうはこんな本です

今、なぜ、勉強するのか? ―これがわかれば、子どもは進んで机に向かうのKindle版

ツイートする