ゆるパイ図鑑 愛すべきご当地パイたち

  • 36人登録
  • 3.10評価
    • (0)
    • (2)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 藤井青銅
  • 扶桑社 (2014年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (122ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594070861

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
甲斐 みのり
久住 昌之
機内食ドットコム...
エラ・フランシス...
宮藤 官九郎
佐々木 圭一
ヨシタケ シンス...
小川 洋子
有効な右矢印 無効な右矢印

ゆるパイ図鑑 愛すべきご当地パイたちの感想・レビュー・書評

  • うなぎパイ最強!

  • 名古屋駅で一時期消えていたうなぎパイが戻ってきたとか、そんな話を聞いたのは先月だったか。全国にこんなにパイがあるとは!そして魚介系が多いのに驚きました。

  • よくもこんなに、ご当地パイを集めたな~。
    全部食べて、感想を記録して大変そうだな~。
    そして、こんな企画がよく通ったな~(笑)。
    全国にこんなにご当地パイがあるとは、知りませんでした。びっくり!

  • 数年かけて収集したというお土産物のご当地パイを、魚介系、フルーツ系、肉系、野菜系、郷土料理&菓子系、素材&調味料系、観光名所系に分類し紹介。
    元祖は浜松の「うなぎパイ」。札幌の「こんぶパイ」や滋賀県大津の「ふなずしパイ」など94点が紹介されています。
    巻末に都道府県別ゆるパイ一覧あり。

    著者は放送作家で、腹話術師のいっこく堂さんのデビューをプロデュースしたという経歴も。

  • 新幹線の中で読んで、隣のビジネスマンに恥ずかしかった。お土産の中にあるパイを集めたものです。
    肉系・野菜系・魚系・お菓子系等…ジャンル別に分けて
    わかりやすいです。
    著者は50代の男性で、コメントがオヤジです。

  • いっとき出張するとご当地パイ探しをしていました。この本を読んで再燃してきました。確かに著者のいうとおり出張したものとして「その土地らしさ」を伝えることもさることながら、「ウケる」ことがいちばんの楽しみなのだと思います。

全6件中 1 - 6件を表示

ゆるパイ図鑑 愛すべきご当地パイたちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゆるパイ図鑑 愛すべきご当地パイたちはこんな本です

ゆるパイ図鑑 愛すべきご当地パイたちのKindle版

ツイートする