ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法

  • 132人登録
  • 3.61評価
    • (5)
    • (11)
    • (13)
    • (2)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 大川翔
  • 扶桑社 (2014年8月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594071028

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
西 加奈子
リンダ グラット...
ロバート キヨサ...
村上 春樹
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法の感想・レビュー・書評

  • 著者は、父親の仕事の都合で5歳のときにカナダ移住し、9歳のときにカナダ政府に天才児(=ギフティッド)と認定され、14歳で同国の名門大学5校に合格したという大川翔くん。
    ひたすら「へ~」と言うしかないようなその偉業を成し遂げるのに、どんな勉強法やその他の取り組みをしたのか。本人の記述を最後に母親が補足する形で解説していく。
    興味深かったのは、生まれてすぐから親が「語りかけていた」ということ。赤ちゃん言葉などでなく、特に意味がなくてもいいからとにかく本人に言葉を聞かせ、脳を鍛えていたらしい。もちろん、日本にいるときにもカナダに渡ってからも、本を読み聞かせたり自分で読ませたりしたのはとても役立ったことだろう。
    ギフティッドという言葉からつい連想してしまうが、彼はただIQのような才能に恵まれたのではない(もちろんそれも多分にあるだろうけれど)。翔くん本人の「努力できる才能」こそが授かりものなのだろうと思う。

  • ・父さんの話のポイントは「観察しろ」ってことだけで、「どう行動しろ」とかいったアドバイスはなかった。「どうするのか」は、自分で決めないといけなかった。

     徹底して、一貫した姿勢がなければ、このことは子に伝わらないだろうと思う。夫婦で教育観をしっかり話し合い、通じ合い、そのことが一番だとも実感する言葉。


    ・「計画」ができたら、次は「実行」「確認」「改善・調整」。小学生時代は母さんが計画したのを実行。(12才現在)は計画の立て方を学びながら・・・

     成長段階に応じて、親が引き受けるとき、こどもに任せるときと明確だ。


     こどもの自主性を尊重した環境があり、脳の刺激を与える環境をも整えられ、観察し、そこから考えまなぶということがおさないうちから身につけることができた適切な早期教育のたまものといえる。その素直さもまた環境ゆえに育まれたことは大きい。

     「ギフテッド」の定義はあやふやな面もあるし、日本では生まれ持った天才という見方が強い印象がある。
    しかし、これはしっかりとした《両親の教育による賜物》だ。

     一方、「ギフテッドのこどもたち」には、生まれ持った特質に着目したサポートセンターもある。

     なんであれ、国や教育機関の対応が個々に応じたもので、その資質をつぶすことなく、また国に貢献することができる道をも整えることに積極的であること。
     そこは一番、日本に取り入れてほしいところだ。

  • ・ギフティッドとは、贈り物を意味するgiftが語源で、神あるいは天から与えられし贈り物。その才能を社会のために還元しなさいという意味を含んでいる。

    ・3歳から公文に通い始めた(国語・算数)。親が忙しかったので教室の先生に相談して週1回通ったが毎日継続したらいつの間にか学年より先へと進んでいた。1日わずかな時間でも絶大な効果があった。

    ・武道は身体だけでなく、精神をも鍛える。呼吸法は集中力を高めるのに有効なスキル。

    ・母さんはリアル「ドラゴン桜」。3年以内に資本試験合格者を出して欲しいと言われ、引き受け本当に合格者を出した。父さん曰く「母さんがお前に勉強法を伝授するわけだ。まあ、勉強法に関しては、母さんの教えを守るこった。お前の勉強法は母さんからの文化が詰まっている。勉強ができるようになる奥義とは「うそを言うな、弱いものいじめをするな、五感を鍛えろ、そして早く寝ろ。」

    ・小学生の勉強は、親の目の届くところで。

    ・格言や名人、先人の言葉を声に出して気合を入れる。
    例:タフでなければいきていけない。優しくなくては生きていく資格がないbyフィリップ・マーロー
    僕の前に道はない、僕の後ろに道はできるby高村光太郎
    我に七難八苦を与え給えby山中鹿之助
    青年は決して安全な株を買ってはならないbyジャン・コクトー

    ・成功のカギはどれだけ多くの失敗をしたかにかかっている。

    ・いかに努力したとしても、すぐに結果が出るとは限らない。でも、ゴールは目前だったりする。

    ・18言語話せたシュリーマン勉強法・・・①非常に多く音読すること、②決して翻訳しないこと、③常に興味ある対象について作文を書く、④教師の指導によって訂正する、⑤前日直されたものを暗記して次の時間に暗誦する
    とにかく人を相手に自分が学んだことを話す、ただそれだけ。

    ・人間、窮地におちいるのはよい。意外な方角に活路が見出せるからだ。だから、おれは困ったの一言は吐かないby高杉晋作

    ・ライバルが高みに連れて行く

  • ギフティッドの子どもがどのような子なのか実例が知りたくて手に取った本。日本の中学受験(帰国生枠)の体験談など勉強法が多くて、当初の期待は思ったよりも満たせなかった。
    習慣づけを早くから行うこと、勉強だけでなく日常生活で重要なことを子どもに教えてることなど、子育てに活かせるヒントはたくさん散りばめられていた。

  • 神に選ばれし天才のみに与えられる称号ギフティッド。

    大川翔くんの事は、ニュースで見て知っていました。
    数々の賞、奨学金を勝ち取り、14歳で有名大学にいくつも合格。

    本書は、そんなご本人が執筆された1冊です。
    翔くんのブログが元になっているそうですが、ブログをはじめた理由が、5歳でカナダに渡った翔くんが日本語の練習をしたかったから、だとか。

    そんな超超超!天才の翔くんですが、文章を読んでみると、
    「僕の勉強法は万人に通用するものではないかもしれない。けれども、なかには参考になるものがあるんじゃないかって思っている」など、年相応の少年らしさというか、可愛らしく謙虚な人間性が窺える。

    すべて読んでみて思ったのが、こちらのご家庭ではご両親共働きで、両祖父母にヘルプは頼めない状態。だから、生後半年、保育園に預けるまでは、お父様が育児休暇を取って対応してきたため、朝から晩までお母様がみちちりついて勉強指導してきたわけではないんですね。でも、すごく会話の多い家庭だなと感じました。意味のわからないうちからの多くの読み聞かせ、英語の音を聴くことにこだわる、フルタイムで仕事をこなしながらの継続は大変だったろうと思いますが、元々の才能+正しい努力で、素晴らしい結果に結びついているのだと思います。

    男性の育児を推奨しているのに日本の男子トイレにおむつの交換台がない事、カナダの学生は日本のように学校でお掃除する習慣がない事、日本で子守される年齢の子が、カナダで子守のアルバイトをしている事、シンプルでいいから前の晩に次の日の計画を立てて早く寝る事など、知らなかった文化や、考えさせられた事、参考になた事が沢山ありました。

  • 素直で賢い大川翔さん。彼のお母さんの本も購入してしまいました。どちらもためになる。働きながらきめ細かい育児をされたお母さんにも拍手を送りたい!相当の時間管理能力を持ったお母さんだと思う。尊敬。ただただ尊敬。

  • 本人の幼少期等の回顧録みたいなところも多いです。
    つまり、母親がこういうことをやってくれたから、今の自分があるのではないか?というところがあり、絶対これをやったから今の自分があるとは言い切れないところもあるのかなぁ?と個人的には感じます。
    ただ、とても参考にはなるので、試してはみたいですね。

    本人が体験して感じ、その部分をつづっているところはこんなに若いのに色んなことをしっかり考えて生きてるんだ!というところではとても関心してしまいます。

    やはり親が色々やってくれたからというだけでは人間伸び続けませんよね。
    自分自身が最終的には考え、行動しないとね。

  • お母さんの解説もよかったし、教材のなまえもきちんと書かれていてすごく参考になる。

  • 家庭での勉強方法を紹介した本。
    カナダと日本で学校の教育課程、家での遊び方など色々な違いがあるようです。

  • まぁ、フツーに面白かった。
    吹きこぼれ児への対応。いいねぇカナダ。
    って思った。
    飛び級の是非はともかくとして、「スペシャル・ニードの生徒の方には注目が行くけれど、ギフティッドの方は放置されやすい」至言。それって本当に不幸な事だから、浮こうが落ちようが、どちらにせよ「教育」からこぼれる子が出ないようにフォローする事って凄く大事。

  • 学歴至上主義のお受験を控えたママ用の本では決してなく、一人の人間を豊かに育てるためのアイデアをくれる1冊。著者はご両親にまず脳を鍛えられたとのこと。脳みその可能性を感じた。

  • 面白かった。五嶋龍さんみたい。お母さんもギフティッド。

  • 著者の両親は著者の小さいころから現在の著者の成長を思い描き、逆算して、脳によいことを実践している様子がうかがえました。以前「僕、9歳の大学生!」矢野祥さんの本も読みましたが格闘技をしているということ、ピアノなど、いわゆる勉強だけでなく習い事や家族との触れ合いを通して、心身ともに成長を促す取り組みがなされていたように思います。単なるガリ勉という感じはなく、とても効率のよい時間の使い方、習慣を身につけており、人生を凝縮して過ごしているという感じがします。著者の両親は著者が生まれる前から幼少期からの教育を見据えて、熱心に情報収集を行ったことがうかがえました。

    人生は時間との勝負かもしれませんね。

  • 「学ぶことはまねることだ」という父からの教えに従ったというような記述が少し意外に感じた。飛び抜けて頭の良い人は人まねの必要なんてないという思いが頭のどこかにあったからだろう。偏見。自分もやってみよう。

  • みるからにお利口そうな子。
    内容も、とってもしっかりしてて、良い子なんだなと、かわいらしい。
    うちの子もこんな風にならないかしら…なんて甘いこと考えてたら、ご両親の意気込み、取り組みが半端ないので、反省。

    語りかけや、絵本読みとかやってきて、お勉強大好きな子だったけど、小学校行き始めてから、勉強嫌いになってきた我が子。
    理由は「こんなの簡単すぎる!」「漢字は書いちゃだめって言われた」「テストで掛け算使って解いたらバツにされた」などなど…。(もちろん学校では、簡単だ!発言は絶対にするなと厳重注意をしています)

    日本でも早くギフテッド教育を開始してほしい。
    少なくとも、できる子をつぶす教育はいい加減やめてほしい。

  • ベイマックスのヒロのモデルの子らしい

  • ここまで頭がいいと、鼻持ちならないと思われがちだけど、文章だけでも、彼の性格の良さがにじみでていて、頭だけでなく人柄も良いから、ここまで上がってこれたのだな、と感じた。お母様のこどもの教育に対する熱心さにも圧倒、我が身と思わず比べて愕然としてしまった。娘に、こんなお母さんでごめん、と言いたくなった。

  • 我ながら何に期待して読んだのかわからないけど(笑)やはり親の意識と環境が大切だとは思った。

  • 「日本人」を認識する人々の中でも、国境を越えて生活する選択肢が日々広がり、既に「王道」というべき学歴など無きに等しいのかもしれない。

  • 子供の教育方針についていろいろとヒントになった。ピアノ、空手、読み聞かせ、公文…子育てに取り入れてみたい。

  • 天才と言われているが、本人の努力と思考力が優れていることがわかった。日々の積み重ねが大切であると改めてわかった。

  • 面白かった。子どもが生まれた友達にプレゼントしたい。

全23件中 1 - 23件を表示

ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法を本棚に「積読」で登録しているひと

ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法はこんな本です

ツイートする