インテリジェンスの原点 (風のCafe)

  • 25人登録
  • 3.22評価
    • (0)
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 五木寛之
  • 扶桑社 (2015年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594071851

インテリジェンスの原点 (風のCafe)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 養老孟司、藤原正彦、半藤一利と五木寛之の対談。テレビの対談番組だったんだね。みたことないけど。最近、半藤一利の本をよく読んでいるので、その流れで手に取った。4人の方々は年齢が近く、感覚に共通するものがあるように感じた。話題についても、文章としてかかれたものと違い、くだけているんだけど、その分、文章の本ではこぼれそうな繊細なものが込められていたような気がする。半藤氏の、いくら戦争について調べても、その時代を知っているものからするとなにかちがうといわれる感覚。藤原氏の数学を解くとは、花をめでるような美しいものに対する感覚である、とか。養老氏の虫は好きだけど、クモはきらい、とかね。そういう言葉にならない部分の話が、印象に残ったな。

  • 数時間で読みきってしまった。
    現代のインテリジェンスに触れられる。
    特におもしろかったのは藤原正彦さん。
    あいかわらずユーモアです。

    養老孟司、藤原正彦のいずれの対談においても、「自らがどう感じているかを自覚する」ことに触れられていた。
    いやな時は嫌がっていることを自覚、悲しい時は悲しい歌を聴く。。。 己を客観視できないと強くなれないということか。

全4件中 1 - 4件を表示

五木寛之の作品

インテリジェンスの原点 (風のCafe)を本棚に登録しているひと

インテリジェンスの原点 (風のCafe)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

インテリジェンスの原点 (風のCafe)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

インテリジェンスの原点 (風のCafe)を本棚に「積読」で登録しているひと

インテリジェンスの原点 (風のCafe)はこんな本です

ツイートする