AV男優しみけん ~光り輝くクズでありたい

  • 91人登録
  • 3.95評価
    • (7)
    • (7)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : しみけん
  • 扶桑社 (2015年5月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594072629

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ジャレド・ダイア...
伊賀 泰代
村田 沙耶香
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

AV男優しみけん ~光り輝くクズでありたいの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • しみけんさんが出演しているAVを見た記憶が無い。

    最近の若い世代はサンプル動画で手軽に処理するという話を聞くが、3分の動画ではAV男優に注目する余裕は無い。抜きどころめがけて突進するのみである。

    ですので、おそらくしみけんさんにも数回は遭遇しているのであろうが、記憶に残っていないだけだと思います。

    ヨッピーさんが書いたしみけんさんのインタビューで初めてしみけん、という名前を知ったくらい。でもそのインタビューがすごく面白かったのでついつい本買ってしまいました。

    AVあるあるや裏ネタも十分興味深かったですが、一番心に残ったのはしみけんさんのプロ意識でした。

    体作り、体力維持、精力増強の為のトレーニング、エロく見せる為の絡み方、深夜撮影を無理なくこなす為の車通勤(公共手段だと終電がある)・・・などなど。

    日本に約70人しかいないと考えるととんでもない世界やなぁと思います。千原ジュニアが言ってましたが、一戦で活躍してる芸人もそれくらいやから近いものを感じる、と言ってましたが、どっちもしんどい世界なんやろうな、と思います。

    AV男優にしてもAV女優にしても風俗関係にしても社会的評価はもっと上がっても良いと思います。しかし、人間のむき出しの部分が表現されすぎているので、話題にしにくかったりメディアで使いにくいといったことは仕方ない気もします。

    と書いてて思いましたが、個人としてAVを否定する人ってそんなにいるのでしょうか。男性はみなお世話になっているでしょうし、女性も男性のそういう事情は分かっているでしょうし。
    会社とか国とかそういう公のところから否定を食らっちゃうんでしょうね・・。変わっていけばいいな。

  • AV男優という普段全く考えもしない職業について、バカバカしくも真面目に書かれた本。

    感想は、AV男優って結構大変なんだな。という点と、どんな職業でも極めるのは大変なんだな、ということです。

    しみけんがAV男優になっていく過程はドラマがあり、とても興味深かったです。

  • セックス講座とナンパ方法が参考になりました。
    今度実践してみます!

  • AV男優たるお仕事について書かれた本。色々準備して仕事に臨むという態度は、やっぱりこういう仕事でも同じなんだと思い知った。

  • むしろ困惑するくらいなんか魅力的。読んで爆笑もしたしプロ意識にも感嘆。

  • いい意味でのバカさ加減、抜け、プロ根性、ヘンタイさがブレンドされて非常に面白い

  • 知ってるけど知らない業界の話
    エピソードの質がすごい
    濃い人生送ってるなって感じ
    この性欲の最もお金に繋がる仕事だと思う

  • いま尊敬する人、【しみけん】である。ストイックな彼はさすがトップ男優になるべくして成ったといえる。
    AV業界の裏話が詰まっており満足行く作品には仕上がっている。
    ただ彼のファンの自分もしては少し物足りなかった。彼をあまり知らないので初めて読む人であればかなり度肝を抜かれる内容だろう。

全8件中 1 - 8件を表示

AV男優しみけん ~光り輝くクズでありたいを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

AV男優しみけん ~光り輝くクズでありたいを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

AV男優しみけん ~光り輝くクズでありたいを本棚に「積読」で登録しているひと

AV男優しみけん ~光り輝くクズでありたいはこんな本です

AV男優しみけん ~光り輝くクズでありたいのKindle版

ツイートする