会社でビリのサラリーマンが1年でエリートになれるかもしれない話 (扶桑社文庫)

  • 25人登録
  • 3.89評価
    • (1)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 林雄司
  • 扶桑社 (2015年5月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594072797

会社でビリのサラリーマンが1年でエリートになれるかもしれない話 (扶桑社文庫)の感想・レビュー・書評

  • WEBサイト継続のためのネタ探しやちょっとした場面での処世術が参考になった。

  • タイトルの通り、緩めなビジネス書です。でもところどころ使いたいところがあった。先日「ブレイフル シンキング」という書を読んだのですが、なんとなくそれの延長線上のような感じになりました。


    個人的には「督促メールはしれっと書く」がすぐ取り入れられてよさそうと思った。

    フリーライターに近い感じなので、一般サラリーマンにできること、できないことがあるけれど毎日面白く過ごそうかなと思えるようになる。
    (個人的な話で恐縮ですが7月1日の人事で昇格せず納得のいかない思いをしたので…という背景はありますが)

  • 1時間ほど電車に乗る用事があり、時間潰しに買った本。予想以上におもしろく楽しめました!

全4件中 1 - 4件を表示

会社でビリのサラリーマンが1年でエリートになれるかもしれない話 (扶桑社文庫)を本棚に登録しているひと

会社でビリのサラリーマンが1年でエリートになれるかもしれない話 (扶桑社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

会社でビリのサラリーマンが1年でエリートになれるかもしれない話 (扶桑社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

会社でビリのサラリーマンが1年でエリートになれるかもしれない話 (扶桑社文庫)はこんな本です

ツイートする