奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール

  • 278人登録
  • 3.73評価
    • (13)
    • (31)
    • (21)
    • (4)
    • (1)
  • 35レビュー
著者 : 渋谷直角
  • 扶桑社 (2015年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594072889

奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガールの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 奥田民生になりたくていいじゃない!むしろ、奥田民生になりたいボーイがいいじゃない!このマンガ、「編集業界サブカルヒエラルキー」、今っぽく言えば、「マウンティング」が皮肉って書いてあり隅から隅まで読んでは苦笑いしてしまう。人の持ち物、知識を褒め、何気に「それについて知っている自分」を主張する様は、まさしく業界そのもの。あぁ、「出会う男すべて狂わせるガール」の潔さよ!かつて「奥田民生になりたいボーイ」だった青年よ、これでよかったのかい?大人になるってこういうことなのかい?まさに「今」読んで欲しいマンガだ。

  • 帯の「うちの店でなんてことしてくれたんですか!」というABC本店の人の感想が一番笑った。

  • 大人にはままならない時間の都合というものがあり
    大人の深いつきあいには妥協というものがどうしても必要になるわけだが
    そんなことまるでおかまいなしのわがまま女がいて
    それはつまりちやほやされ馴れてる、いい女だからなんだけど
    逆に言えば男性のエゴをストレートにぶつけられがちな立場でもあって
    それでまあ、甘えたい欲求と人間不信が一体化して
    相手選ばず狂わせてしまうヒューマンになっちまってるわけだ
    で、上手いことそれにつきあいはじめた男というのが
    素の自分、まごころの自分であたれば人はわかりあえると信じてる系の
    まあ純粋といっていいだろう、奥田民生ファンのおっさん
    ユニコーン時代の、「大迷惑」じみた話のようだと思っていたら
    カタストロフを経て自分なりの奥田スタイルを身につけているという
    なんかそういうの

  • サークルクラッシャー的な女子かと思いきや、ちょっとベクトルが違う。
    これは確かに映画にしたら面白そうだ。

  • ラジオで紹介されていて読んでみた。絵がフリーハンドで細かく独特。

  • うわあああ、いたい、いたいよ〜〜!
    と顔を覆いたくなってしまうものがある。

    そして、憧れている人への失望って、
    人生を変えてしまうような絶望がある。
    そもそも人生を狂わせたのはあの女だけど、、
    お洒落な世界は憧れるけど
    こわさも一入だなあ

  • 2017年8月5日に紹介されました!

  • 主人公がいちいち意味が分からないくらい慌てる心理描写にこちらまで引き込まれて不安定になった。男を狂わすあかりが面倒くさい女すぎるのだけど、何となく共感してしまうところもある。あかり目線のお話を読んでみたい!

  • ゆるい絵が効いてる。
    昔、出版社で働いた経験があるわたしは、こんな人、いたわー!みたいな人が何人か出てきてたくさん笑った。

    映画たのしみ。

  • エモかったけど、個人的には刺さらず……サブカル業界批判は楽しい

全35件中 1 - 10件を表示

渋谷直角の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ピエール ルメー...
村田 沙耶香
朝井 リョウ
まんしゅうきつこ
朝井 リョウ
西 加奈子
ほし よりこ
有効な右矢印 無効な右矢印

奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガールはこんな本です

奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガールを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガールを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガールを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする