ぼくらの祖国 (扶桑社新書)

  • 195人登録
  • 4.20評価
    • (30)
    • (19)
    • (8)
    • (2)
    • (2)
  • 22レビュー
著者 : 青山繁晴
  • 扶桑社 (2015年8月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594073084

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
百田尚樹
宮部 みゆき
佐々木 圭一
青山 繁晴
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくらの祖国 (扶桑社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今年一発目は、青山さんの「ぼくらの祖国」から。昨年から引き続き、自分の生まれ育った国の生い立ちってのはどんなんだったのかということをより深く知りたく、読了。祖国というワードそのものが、何か右寄りの危険分子みたいなイメージになりがちだが、全世界を見渡してお自分の国のことを正しく学ぶことをしていないのは日本だけ。世界で敗戦国と言われ、他国の占領下におかれた国は多数あるにも関わらず。戦後の統治政策の影響が大きいのだろうが、にしてもここまで頑なに歴史を紐解かない国民も珍しい。右寄り左寄りという話は一旦おいておいて、この本の自分の国の生い立ちを理解する人が増えると良いなーと思います。

  • 君は祖国を知っているか。あなたは祖国を知っていますか。不完全ながら「祖国」というものにたいするイメージをつくり、そしてただ受け入れるだけではなく、それについて自分なりに考えていってほしい、そういった筆者の願いが込められた作品と言ってもよい。すこし大げさかもと思える表現も、文では表現できないことをなんとか伝えようとして文字に込めた、筆者の苦悩のあらわれなんだろうなあと思う。

  • 青山繁晴さんの本を初めて読ませてもらいました。青山さんのお話はYouTubeやポッドキャストで何度か聞かせてもらってますが、とても熱い力強いコメントに敬服するばかりです。

    「ぼくらの祖国」は、3.11による福島第一原発事故のこと、第2次世界大戦(太平洋戦争)の硫黄島でのこと、その後に硫黄島に何がおこっているのか? 何が問題なのか? が鮮明に書かれていて心が締め付けられる思いでした。そして、最後は資源のない我が国の可能性を明確に示された「メタンハイドレート」のこと。

    日本が敗戦から今日までの間、「祖国」を真剣に考えてこなかったこと、真剣に教育を行ってこなかったこと・・・自分自身、もう一度やり直したい気持ちでいっぱいになりました。

  • 虎の門ニュースで有名な青山繁晴の本を読んでみた。

    以下2点印象に残ったこと。
    ◆福島原発の構内に青山が入った際に東京電力の首脳陣の一人が言った「地震では意外なくらい壊れていないんですよ。実際、その後の津波にしっかり対応できていればこんな災害になっていない。津波で電源が失われ、水が止まったり、冷やせなかったときに(中略)さっさと海水をぶち込んで冷やしておけば良かったこれは人災ですよ。ほぼ完全に人災ですよ。」青山繁晴は福島原発の吉田所長に会った。吉田の男気
    と青山の本気の触合いに少し感動した。

    ◆硫黄島で戦った栗林中将は戦後「二万人を死に追い込んだ悪人」だと言われてきたから1回忌も、三回忌、七回忌も何もやってこなかった、青山が呼びかけ等により、栗林家が63年回忌を行った。硫黄島で戦った日本人は硫黄島が占領されたら、アメリカの空爆が硫黄島から可能になるので空爆により日本本土の女子供が殺されるのを一日でも引延ばす為に戦ったのだから、悪者であろうはずはない。

  • 国を思う気持ちと世界の平和を願う気持ちはどのようにして共存できるのだろう。
    著者の心意気は分かるが、その思想は今一つ消化不良気味ではなかろうか。

  • 「もはや右も左もなくまっすぐとど真ん中から祖国を見直してみませんか」との言葉に呼応したいと思う。

    立場と思想で自分自身を縛り付けるのはイヤ。

    他人に対し「正論」を声高に叫び、人の考えを曲解しようとする姿勢もイヤ。

    大切なことは自分自身が主体的な「選択」を繰り返すこと、自分の出来うる範囲で「公益」の為に行動が出来ているかということ。「私益」だけではむしろ保たないから。
    公私のバランスと分別をこれからも考え続けたい。

  • 硫黄島、福島第一原発等のエピソードを通じて、祖国という言葉の意味を問い直し、祖国の危機に立ち向かった人々へ思いを馳せている。「右翼も左翼もないど真ん中」という言葉が印象に残った、良書。

  • 正しいことを知りたい、考えていきたい。
    青山さんみたいな発信してくれる人がいないと
    難しい世の中なのも悲しいな。

全22件中 1 - 10件を表示

ぼくらの祖国 (扶桑社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぼくらの祖国 (扶桑社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくらの祖国 (扶桑社新書)はこんな本です

ぼくらの祖国 (扶桑社新書)のKindle版

ぼくらの祖国 (扶桑社新書)の単行本

ツイートする