最速でおしゃれに見せる方法

  • 380人登録
  • 4.09評価
    • (32)
    • (34)
    • (18)
    • (3)
    • (0)
  • 37レビュー
著者 : MB
  • 扶桑社 (2015年9月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594073367

最速でおしゃれに見せる方法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・日本人はドレス7:カジュアル3が丁度オシャレに見える。
    ・黒のスキニーオススメはラウンジリザードとユニクロのスキニーフィットテーパードジーンズ
    ・靴はガイモのエスパドリーユ(博多駅アミュ3階ビームス、ガイモにあり)
    ・シャツはクルーネック(丸首広め)で。
    ・買うためには捨てなければならない。至言。
    ・時計はダニエルウェリントン。
    ・靴下を見せたくないならインビジブルソックス。オススメはユニクロと無印の三足セット。
    ・スーツはスーツセレクト 佐藤可士和デザイン。

    サンプルの着こなしが全てカッコいいとは思わないが、首、手首、足首の袖を細くすることによってシュッとした印象を持たせるテクニックなど、参考になる部分は多々あった。
    ただしクラッチバッグだけは騙されて買わないようにしなければならないと、改めて自分を言い聞かさねばならない。

  • おしゃれはノウハウだ、という事が書いてあり、能書きが好きなオイラに取っては目から鱗が100枚くらい落ちた内容。文章は正直こなれてない部分も有り、冗長な内容も多いんだけど、ノウハウ自体は無茶苦茶参考になる。写真も豊富だし、コーディネートの参考になることが非常に多い。なるほどね、こういう本は10年くらい前に読みたかったわ、とか思った。生まれて初めてファッションって面白いな、と思った。

  • はっきりいって最近おしゃれにはまりそうだ。

    以前、『 服を着るならこんなふうに 』というマンガが面白いということを書いた。

    これはそのマンガの監修をしているファッションブロガーMBの著作。

    「7:3」、「黒スキニー」、「I、Y、A」などマンガを読んだ人ならお馴染みの用語が並び、それに加えてMB本人による試着画像も多数出てくるので、よりわかりやすくなっている。

    ーーファッションはまず論理ありきで誰でもおしゃれになれる。

    ーーモデル体型の人しかおしゃれになれないというのは間違いで、それぞれの体型に合ったおしゃれがある。

    これらは著者が盛んに語っていることで、最初は半信半疑でも実践してみると誰もが膝を打つ。

    また、その内容に一層の説得力を与えているのが、著者であるMBが決してモデル体型でもイケメンでもないことだ。

    特に著者本人が「中学の頃、短足を指摘されて傷ついたのがおしゃれについて考えるようになったきっかけ」といっているように、コーディネイトによって“脚長”に見せるテクニックに関しては、徹底している。

    本人の試着画像ではパッと見では短足には見えないのだが、よーく見ると確かに足が短い!

    ファッションで足を長くすることはできないが、足を長く見せることはできる、という著者の言葉に嘘はないのだ。

    ほんとうに信頼できる一冊である。

  • 服装のルール。

    バランスはドレス:カジュアル=7:3

    3要素:デザイン、シルエット、カラー(素材)
    2要素固定(シルエット、カラーを固定で、デザインでバランス)
    シルエット:I, A, Y
    カラー:モノトーン+1色

    ボトムスから
    テーパード、ロールアップ細幅九分丈

    ×カジュアルジャケット

    ちょい開きクルーネック

    ニットはドレス
    デザイン:無地シンプル
    シルエット:細身
    カラー(素材):モノトーンでハイゲージ

    ロングコート+細身ボトムス

    黒ストール小顔効果

    裾と袖丈に注意。印象は先端で決まる
    3首首、手首、足首

    腕まくり Tシャツでも一折

    ショートパンツ
    ①膝上丈
    ②ソックスを見せない
    ③腰位置を見せない

    黒シャツにはボトムスでカジュアル、スウェットパンツ

    腕の太さの見え方は袖口の大きさで決まる

    インナー丈はアウターより少し長めで腰位置をごまかす

    上下黒、ソックス柄で色を入れる

  • モノトーン+1色で抑える

    靴の万能アイテムはエスパドーリュ

    黒で地味になっていると感じたら、「首」「手首」「足首」に白を使う。

    ●ショートパンツで足長に見せる三原則
     ①膝丈上を選ぶ(またはロールアップでそうする)②ソックスは絶対
     に見せない③腰の位置も見せない

  • 今までは何か服を買いたいな、と思った時、ファッション雑誌やインターネットを眺めて、気に入ったコーディネートと近い服を探して買う、という感じでした。

    それはそれでいいのですが、着まわしのことを考えたりすると、モヤモヤしてました。

    この本はMBさんの「ファッションの教科書を作りたい」という思いがまさに形になった本です。

    とはいっても、ファッションのスタイルは様々ありますし、好みも様々にあります。
    この本のファッションが必ずしも"正しい"ということはないと思いますが、MBさんの考えるスタイルと自分の好みが合えば、服を買ったり、着るときにとても参考になります。
    自分でどんな服を買うのか、どんな風に服を着るのか、ということを考えてできるようになりました。

    僕は10年来、ブーツカットのズボンしか履いてこなくて、スキニーなんてとんでもない!って思っていたのですが…この前、ブーツカットのズボンは全て捨ててしまいました。

  • ファッションセンスがないことを自覚しているので、本書の内容は、一部自分の感覚と少し異なる部分もあったが、非常に参考になる内容だった。着こなしは先端が重要という指摘は目から鱗だった。

  • 参考になったよ!
    黒スキニーはかえんかも。。

  • いくつかのメンズファッション本を見てきたが、これが一番体系的で論理的だった。

    実際に紹介している洋服も、ユニクロを中心としたあまり高価ではないのもなので、誰でも実践できるテクニックとなっている点もグッド。

  • 30代手前になって衣装ケースの中身が大学時代のままということに危機感を持ち、服装に関して調べだして本書に出会った。本書を読んでから人の服装に関心を持つようになったし、論理的に整った服装をしている自分に自信を持てるようになったし、おしゃれにお金は必要ないということも教えてもらいすごくよかった。
    他の方のレビューはわからないが、一冊の本を通して自分の人生観や行動を変えてくれたという点では最上級の評価をしたい。

全37件中 1 - 10件を表示

MBの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
ジェームス W....
デイル ドーテン
ロバート キヨサ...
トマ・ピケティ
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

最速でおしゃれに見せる方法に関連する談話室の質問

最速でおしゃれに見せる方法を本棚に登録しているひと

最速でおしゃれに見せる方法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最速でおしゃれに見せる方法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする