不動産業界の人だけが知っている新築マンションは買わないほうがいいワケ (扶桑社新書)

  • 65人登録
  • 3.89評価
    • (4)
    • (10)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 城戸輝哉
  • 扶桑社 (2016年1月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594073640

不動産業界の人だけが知っている新築マンションは買わないほうがいいワケ (扶桑社新書)の感想・レビュー・書評

  • 家・マンションを購入するに当たり判断基準が増えました。購入すべき知識を更に積んで行こうと思います。

  • 中古リノベーションが一番良いみたいです。
    営業マンのうまい話に騙されないように
    10年後20年後の資産価値を考え出口戦略もしっかりと
    あとは家を持つ上で自分にとって何を優先すべきかちゃんと考えた上で家を探さなければいけない

  • 新築一辺倒の日本の住宅政策に対して楔を打つ一冊です。国は良質な中古住宅の流通市場拡大すると言いつつも、手っ取り早く景気対策となる新築関連市場優遇政策ばかりおこない、ゼネコン・ディペロッパーは自分たちの利益(存在理由)ありきの広告・宣伝で日本の消費者を洗脳しつづけている。著者の言う通り私たちも自分で判断できる賢い消費者になるべき時を迎えているのかもしれないです。とにもかくにも日本の官民一体による新築信仰にもっていく住宅政策にはそろそろ終止符を打ってほしいものです。

  • 管理状況が見えやすく推移している築30年以上の中古マンションを想定するのが一番手堅い

  • 理にかなっていると思いました。納得。

  • なぜ新築マンションを買わない方が良いのか?その理由は詳しく分かる内容です。単に「新しい物が良い」と思っている人には、ここで一つ振り返ってみる切っ掛けになるかもしれません。それでも、それを選ぶのはそれぞれの考え方もありますし、一概にこれが「良い」とは言えませんが、少しの知識が有るないで大きく結果は変わります。

    書籍一つでも、為になる事もあるので、このような専門家が書いた物に目を通すのもリスクヘッジの一つになると思います。

全7件中 1 - 7件を表示

不動産業界の人だけが知っている新築マンションは買わないほうがいいワケ (扶桑社新書)を本棚に登録しているひと

不動産業界の人だけが知っている新築マンションは買わないほうがいいワケ (扶桑社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

不動産業界の人だけが知っている新築マンションは買わないほうがいいワケ (扶桑社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不動産業界の人だけが知っている新築マンションは買わないほうがいいワケ (扶桑社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

不動産業界の人だけが知っている新築マンションは買わないほうがいいワケ (扶桑社新書)はこんな本です

ツイートする