珍獣の医学 (扶桑社文庫)

  • 25人登録
  • 4.17評価
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 田向健一
  • 扶桑社 (2016年1月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594074210

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

珍獣の医学 (扶桑社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 動物のお医者さんのできること、
    動物を飼う人に必要なこと、
    飼われる動物たちについて・・・従来の生育場所と環境等、
    実際に診療している獣医さんの体験と考察から、
    多くの問題が提起されます。
    はぁ~現代の獣医さんは本当に大変だなぁ。
    また、安易に“可愛い”“飼い易そう”だけで、
    命を預かってはいけないということが真摯に心にしみました。

  • エキゾチックアニマルの獣医さんの本。実際には半々らしいですが、2.5センチのアマガエルやカメの開腹手術ができるなんてビックリ。
    人間の医師より、獣医さんの方がよっぽど多岐に渡る治療を行っているのだと感心した。

  • 以前単行本で読んでいたが文庫化されてまた手に取った。改めて感じたのは飼う方も治す方も理屈ではなく「動物が好き」という業?本能?のなせる技なんだなぁ、ということ。自分にはとても遠い世界だけど、うらやましさも感じる

全3件中 1 - 3件を表示

珍獣の医学 (扶桑社文庫)はこんな本です

珍獣の医学 (扶桑社文庫)の単行本

珍獣の医学 (扶桑社文庫)のKindle版

ツイートする