歴史が教えてくれる日本人の生き方

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 白駒妃登美
  • 扶桑社 (2016年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594075354

歴史が教えてくれる日本人の生き方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地域を絞って、その地域毎に縁のある歴史上の人物を紹介しています。地域は違うけれど、日本人としては同じなので、根底にある軸や考え等は似ているところもあり、尊敬できる方ばかり。
    責任擦り付け合いとか自分の保身とか、ほとんど無縁な気がする。今を見ると目を覆いたくなる。昔の人が今の日本人の心を見たらどうなるんだろな…かっこいい大人になろう!
    特集されている地域に足を運んで、この本を元に深掘りすると面白そうです。

全1件中 1 - 1件を表示

白駒妃登美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

歴史が教えてくれる日本人の生き方はこんな本です

歴史が教えてくれる日本人の生き方を本棚に登録しているひと

歴史が教えてくれる日本人の生き方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

歴史が教えてくれる日本人の生き方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

歴史が教えてくれる日本人の生き方の作品紹介

日本の歴史は「志」のリレー!

「夢」は自分のために叶えたいもの、
だから「夢」は、自分が死ねば終わります。

でも、「志」は違います。
大好きな人や大切な人に笑顔になってほしいと心から願ったときに、
溢れ出てくる思いがある。
それを私は「志」と呼ぶのだと思います。

「志」が叶えば、喜んでくれる人がいっぱいいます。
ですから「志」は、自分が死んでも誰かに受け継がれていくのです。

日本の歴史の本質は、この「志」のリレーにあるのではないでしょうか。


「日本人の生き方」とは――。
さあ、あなたも本書で、
〝博多の歴女〟とともに
日本各地の歴史のパワースポットを
訪ねてみませんか!!

【鹿児島】人々の生活の向上を産業革命のテーマにした島津斉彬
【福岡】国家のため無言で死んでいった広田弘毅
【徳島】日本初の「第九」公演を実現させた松江豊寿
【島根】神話の時代に日本人の生き方を示した素戔嗚尊
【和歌山】戦国武将の夢をすべてかなえた真田幸村
【伊勢】国学の師弟、天才・賀茂真淵と努力家・本居宣長
【岐阜】落城を前に家臣の身の振り方を思いやった織田秀信
【福井】相手のいいところに光を当てる天才・お市の方
【新潟】戦いに敗れても精神的な背骨を残す道を選んだ小林虎三郎
【千葉】年を取るごとに成長していった伊能忠敬
【山形】第二次大戦で武士道精神を世界に示した工藤俊作 他


著者について
白駒妃登美
埼玉県生まれ、福岡県在住。幼い頃より伝記や歴史の本を読み、その登場人物を友達のように感じながら育った。福沢諭吉に憧れて慶應義塾大学経済学部に進学。卒業後、大手航空会社に入社し、国際線に約7年間乗務。その後、大病を患い、命と向き合う中で、先人たちの生きざまを振り返り、『未来の自分に必要なことが、いま起こっている』との思いに至り、『今を受け入れ、最善を尽くし、平然と生ききる』覚悟を定める。生き方を変えたことで病状が奇跡的に快復した経験から、命を紡ぐことの大切さを実感し、先人たちの「志」や、そこに生きた人々の「思い」に触れる歴史の講演を始める。その講演が「日本人に生まれてよかった」「こんな歴史の先生に出会いたかった」と涙する参加者が続出するほど好評を博し、講演やテレビ・ラジオ出演は年間200回に及ぶ。日本の歴史や文化の素晴らしさを国内外に発信する「株式会社ことほぎ」代表取締役社長。
著書に『人生に悩んだら「日本史」に聞こう』『愛されたい!なら日本史に聞こう』(共に祥伝社)、『感動する!日本史』『こころに残る現代史』(共にKADOKAWA)、『子どもの心に光を灯す日本の偉人の物語』(致知出版社)など。

歴史が教えてくれる日本人の生き方のKindle版

ツイートする