夫のちんぽが入らない

  • 1253人登録
  • 3.97評価
    • (87)
    • (91)
    • (63)
    • (16)
    • (0)
  • 121レビュー
著者 : こだま
  • 扶桑社 (2017年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594075897

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
村田 沙耶香
本谷 有希子
エラ・フランシス...
恩田 陸
リンダ グラット...
植本 一子
佐々木 圭一
塩田 武士
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

夫のちんぽが入らないの感想・レビュー・書評

  • 夫婦のあれこれを楽しく買いてある本かな?と思って購入。
    ぜんぜん…重〜い気持ちになりました。

    夫婦はできればSEXやボディコミュニケーション(寄り添って眠るでも良いし手を繋いで歩くでも)がある方が仲良く暮らしていけると考える私にとって(もちろん、絶対ではないし、違っても仲の良い夫婦はたくさんいると思う)、この夫婦の、『入れる』『入らない』『他の人と』という行為に、とても気持ちが悪くなった。

    精神的な事で入らないのなら、なおのこと、違う形で寄り添える夫婦でいられなかったのか…な。

    けれど、本には表せない、私には分かり得ない、いろんなことがあるんだろうな…

  • 「この本は、予約が殺到しています。必ず返却期限内にお返し下さい。」というシールが貼られた一冊。
    多分、度肝を抜く題名につられて予約した方が多いのだろう。
    私もその一人だが、内容は若い女性の壮絶な闘いの記録そのもので、決していやらしくはない。
    著者のこだまさんはその後どうしていらっしゃるのだろう?

  • ぼんやりと闘病ブログのイメージだけがあったので、こんなにもメラメラと心燃えるような人の話だとは思ってなくて油断した。
    すごい決めつけだけど何かを諦めて宗教かなんかみたいに心穏やかなのかと思ったら真逆だった。
    本当に心にジンジンといちいち響いてひどかった。
    身体面もメンタル面も私も近いところがあるように感じるくらいのリアリティ、ヒリヒリ、ズキズキ。
    悲しくないさみしくない愛されたい幸せになりたいズキズキ。
    この地球の上で、同じ日本の中で、こういう人がいるってこと知ってください。
    本当に、読んでみて。
    すごい勢いで読んでしまう。
    めちゃくちゃにひどい話ばかりなのにいちいち笑わせてくる。
    そして、油断しないで、最後まで。
    心に突き刺すために言葉がここにあるような本だから。

  • 普通に書店で買った。
    とても面白かった。内容をほぼ覚えているのに何度か読んだ。
    ここのところ、女性から生きにくさみたいな声がエッセイとかになって溢れ出してきた。
    それでよかったと思う。

    渦、という言葉が気に入った。
    渦の中からどうやって出たのか、いつか書きたいような。

  • まず、表紙のデザインがこの本をよく表していると思った。
    職業や経験したことが違えど、私自身 どこかこの作者に似ているような気がして、なんとも言えない気持ちになった。

    人とぶつかることを恐れて自分の意見も言えない、考えても意見が出てこない。愛想笑いで済まそうとする。距離感に悩み、ひとりが気楽でいいけど本当は寂しい。

    誰に対しても何に対しても常に罪悪感があり、気がついたら精神を病んでいた。

    一見なんの問題もなさそうな人たちも、苦悩しながら生きているのだろうか。
    でも、そういう壮絶な人生を歩んでる人ほど、他人には気軽に話さないからわからないけど。

    いろいろ考えさせられるけど、気持ちが鬱の時に読んではいけない気がする・苦笑

  • 性生活より筆者の幼少期における母親とのかかわり、教師という職業の厳しさが綴られていると感じた。
    もしこの人の性生活がうまくいっていたとしてもそのほかの環境は何か変わっていたのだろうか。

    このあいだ愛着障害の本を読んだ身としてはミユキもそうだし筆者も同様に愛着障害に苦しんでいるという風に見える。
    子育てを母親に丸投げするということではなく、母親にしかできない役割があることは間違いなく、父親ができることはその母親にしかできないことを母親ができるようにすることなのだろうと日々頑張ろうと思った。

  • 教師になった夫婦の魂の物語。この夫婦を始め、壮絶な人生を歩んでいる人達が多数出てくる。こんなに壊れた人が多い社会が普通?それとも特別なのか?生きるって難しい。ヒリヒリするような作者の命の叫びが綴られている。

  • なんだか切ない気持ちがした

  • それで?とは、ならなかった。
    知り合いの愚痴や相談にあまり共感できない。彼、彼女の口から語られる断片的なエピソードでは圧倒的に不足しているのだ。彼らの言葉も、僕の想像力も。彼らはその思いを抱えて人生、日常、24時間を生きているのだ。
    だから無理にわかったふりはせず、否定もせず、話をしっかりと聞いて、できるだけ想像をめぐらしたい。ただの自己満足でしかないのだけれども。

  • ちょっといまの自分にはしんどかった。

  • 作者さんの凄くきちんと自分のこれまでと向き合った感じとか、”当たり前”を押し付けてくる世間に言いたかったこととか伝わってきていいと思うんだけど、なんかちょっと同じく人生不器用に生きていそうな夫さんは彼女ほどガッツリ真っ向から二人の問題に向き合ってないんじゃないだろうか?っていう疑問がそこはかとなく湧いてきちゃってむずがゆい。

  • 夫のちんぽが入らないのは、この夫婦にとってたった1つの問題・・・というか1つの”事実”であって、その他に様々なことが起こります。

    でも、それはこの2人に限ったことではなく、、誰にだって起こり得ること。それなのに、どうしてこんなことになってしまうのだろう・・・とモヤモヤしたり、イライラしたりするというレビューも見ました。

    ブログにて詳しいレビューしています。
    http://egaodekurasu.jugem.jp/?eid=1130

  • ‪性生活を起点に描かれる、ある夫婦の20年の物語。夫婦とは何か?人生とは何か?多様性とは何か?胸が締め付けられるような素晴らしい文章に心をえぐられる。勝手にコミカルな本だと思っていたので驚いた。既に十分話題になってるとは思うけど、もしタイトルで敬遠してる人がいたら是非読んでほしい。‬

  • ‪交際期間を含めて20年、タイトル通りの苦悩を抱える著者による私小説。大学で知り合い互いに教師になりそれぞれ仕事で苦労するという実体験を振り替えりつつ、子作りハラスメントを問題定義する。タイトルに気後れすることなく一読に値する作品。‬

  • タイトルはともかく良書。いろんな角度から議論ができそう。心理学とか多様性とか男女の違いとか。とにかく純粋で真面目で内向的で不器用な筆者が、どん底を踏ん張りぬいてきた、一般的ではないかもしれない人生をユーモアを交えてテンポ良く書き綴ることで、多くの読者に気持ちを伝えることに成功している。最後の保険屋さんの心無い発言には、多くの読者は苛立ったのではないでしょうか。

  • 日課の平積みパトロール中に発見して帯の内容に惹かれ購入。綺麗な装丁とはうらはらに衝撃のタイトル。タイトルのとおりの悩みを抱えた著者の、夫と出会い、夫婦生活や仕事で悩み、今現在にたどり着くまでが書かれている。日記風でとても読みやすかった。
    読み終わって冷静に考えれば「なんで病院に行かなかったんだろう?」と思ったけど、帯には『そんなことを相談するくらいなら、押し黙ったまま老いていきたい』と書いてあった。夫婦の数だけ、ふたりのあいだの課題と、背景と、それにどう向かったかと、選択や答えがある。ふたりのあいだのコンテクストをすべて知らないまま、私だけの価値観で意見することは簡単だ。いままで、結婚とか子供ってあんまり考えてこなかったし、画一的な幸せイメージしかなかった私には、一緒に生きていく、こういう関係性や答えもあるんだなぁ、と考えさせられた。

  • 学校に通って卒業して就職して、結婚して子どもを持つ、いわゆる普通の暮らしが当たり前で、それができない人は「欠陥品」。そんな価値観が21世紀の現代もどこかにまだ残っているように思うことがある。石を投げられることはなくとも、道の真ん中を堂々と歩けないような、そんな感じ。だから結婚しないんじゃなくてできない、子どもを持たないんじゃなくてできない、そういう捉え方をされてしまって苦しんでいる人がたくさんいるのだと思う。

    夫のちんぽが入らない、本当に衝撃的なタイトルで、タイトルを聞いてから手に取るまでにかなり時間がかかってしまった。でも、読んでよかった。人生は人それぞれ、価値観も、身体も心も、家族のあり方も、人それぞれ。目の前の人の考え方や生き方を否定することなく最大限尊重できる人でありたい。他人に対しても、自分に対しても。

  • 【あなたの声、届きました】
    文字を綴る人には、必ず読んで欲しいと感じた本。
    あまりの表現の巧みさに、何箇所も朗読したり、筆写してしまった。
    私の場合は、出てきたエピソードのうち1/3ほど近しい経験をしているので、感情が人よりつながったかもしれない。
    インパクト絶大なタイトルである性体験のエピソードから、この思いはあらゆる人に十分届くはず。いや、届いて欲しいという願望か。
    オススメです。この気持ちを本として綴ってくれたことに感謝しています。
    ちょっとでも気になった方は、ぜひ読んでみてください!

    〜余談〜
    「ああやっぱり、「本を書く」って、こういう気持ちが必要だよね・・・」と身が引き締まりました。頑張ります。

  • エッセイ。
    重いんだけど軽い。テンションが。
    しかしこういっちゃなんだが、めっちゃ面白かった。
    使命感が強いひとなのかな。

  • 彼は道場破りのようにひたすら門を強く叩いている。

    食欲と性欲が同列であることを教えるかのようにたこ焼きと風俗のカードが重なっていた。

    狂い乳の日がやってきた。

  • 結婚の在り方という固定観念に一石を投じるようなノンフィクション。血で書いたような重みを持った言葉の集積のような作品でした。

  • 読み終わってから気付いてしまった、これ小説じゃないのかよ!!?

  • このタイトルでしかありえない、と書いている方が多いけど、私はそうは思わないけどな。
    このタイトルのせいで読む人を狭めてしまう気がする。特に、何年かたって前評判の影響が薄れた後に。
    私も「文学フリマで行列」の事実を知らなければ読まなかったと思う。
    非常に良書だと思うので余計に残念です。
    ただ、不幸中の幸いというか、著者も書いておられたけど、装丁が素晴らしい。タイトルが見えづらく工夫されていて、電車の中でも読めた。(笑)

    内容は、まず前半に書かれている感情がとても懐かしいな、という印象を持ちました。私も20歳を過ぎるくらいまで(モラトリアムを抜けるまで)、自分の気持ちを言葉で表現することが苦手だったし、人との関係の築き方もよく分からなかった記憶があります。
    この本を読むまですっかり忘れていたけれど、前半部分で著者が語る驚き、とまどい、喜び、悲しみ、ぜんぶ、自分の中にもありました。濃度や表出の仕方は著者とはぜんぜん違って、もっとずっとずっと器用だったけれど、自分を不甲斐なく思う気持ち、ただの赤の他人にほっとすることがあること、普通に見える人たちに臆してしてしまうことなど、読んでいて、非常に共感しました。
    後半になると、著者の人生には、「円満セックス」「子供を作る」という、「誰もが結婚の次に当然くると思っていること」とされるものが影を落としてきます。
    「誰もが当然と思っていること」に苦しめられている人って、世の中にたくさんいるんだろうなと思う。子供を作ることだけに限らず、介護の問題とか、セックスにまつわる他の問題とか、教育の問題とか、体の問題とか、お金の問題とか、いろいろ。ほんとに、いろいろ。
    そういう「普通」からはみ出してしまってひっそりと苦しんでいる人たちすべてにこの本を薦めたいです。解決策は本人が見つけるしかないけど、この本には心に寄り添う何かがあるんじゃないかなぁと思います。

    しかし、著者は非常に口下手だと思われるのに、気持ちを文章にする能力はすごいんだなぁ、と尊敬しました。読みながら、うまいこと描くなぁ、と何度も思いました。

全121件中 1 - 25件を表示

夫のちんぽが入らないを本棚に登録しているひと

夫のちんぽが入らないを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夫のちんぽが入らないを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夫のちんぽが入らないを本棚に「積読」で登録しているひと

夫のちんぽが入らないの作品紹介

2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだまの自伝『夫のちんぽが入らない』だ。

同じ大学に通う自由奔放な青年と交際を始めた18歳の「私」(こだま)。初めて体を重ねようとしたある夜、事件は起きた。彼の性器が全く入らなかったのだ。その後も二人は「入らない」一方で精神的な結びつきを強くしていき、結婚。しかし「いつか入る」という願いは叶わぬまま、「私」はさらなる悲劇の渦に飲み込まれていく……。

交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った“愛と堕落"の半生。“衝撃の実話"が大幅加筆修正のうえ、完全版としてついに書籍化!

いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている。交際期間も含めて二十余年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。周囲の人間に話したことはない。こんなこと軽々しく言えやしない。
何も知らない母は「結婚して何年も経つのに子供ができないのはおかしい。一度病院で診てもらいなさい。そういう夫婦は珍しくないし、恥ずかしいことじゃないんだから」と言う。けれど、私は「ちんぽが入らないのです」と嘆く夫婦をいまだかつて見たことがない。医師は私に言うのだろうか。「ちんぽが入らない? 奥さん、よくあることですよ」と。そんなことを相談するくらいなら、押し黙ったまま老いていきたい。子供もいらない。ちんぽが入らない私たちは、兄妹のように、あるいは植物のように、ひっそりと生きていくことを選んだ。(本文より抜粋)




こだま

夫のちんぽが入らないはこんな本です

ツイートする