夫のちんぽが入らない

  • 1141人登録
  • 4.01評価
    • (74)
    • (74)
    • (47)
    • (12)
    • (0)
  • 93レビュー
著者 : こだま
  • 扶桑社 (2017年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594075897

夫のちんぽが入らないの感想・レビュー・書評

  • 読み終わってから気付いてしまった、これ小説じゃないのかよ!!?

  • このタイトルでしかありえない、と書いている方が多いけど、私はそうは思わないけどな。
    このタイトルのせいで読む人を極端に狭めてしまう気がする。特に、何年かたって前評判の影響が薄れた後に。
    私も「文学フリマで行列」の事実を知らなければ読まなかったと思う。
    非常に良書だと思うので余計に残念です。
    ただ、不幸中の幸いというか、著者も書いておられたけど、装丁が素晴らしい。タイトルが見えづらく工夫されていて、電車の中でも読めた。(笑)

    内容は、前半に書かれている感情がとても懐かしいな、という印象でした。私も20歳を過ぎるくらいまで(モラトリアムを抜けるまで)、自分の気持ちを言葉で表現することが苦手だったし、人との関係の築き方もよく分からなかった記憶があります。
    この本を読むまですっかり忘れていたけれど、著者の語る驚き、とまどい、喜び、悲しみ、ぜんぶ、自分の中にもありました。自分を不甲斐なく思う気持ち、ただの赤の他人にほっとすることがあること、普通に見える人たちに臆してしてしまうこと。濃度や表出の仕方は著者とはぜんぜん違ってもっと器用だったけれど、でもとても分かる。読んでいて、完全にシンパシイ。

    著者の人生には更に、「円満セックス」「子供を作る」という、「誰もが結婚の次に当然くると思っていること」とされるものが影を落としてきます。
    「誰もが当然と思っていること」って、子供を作るだけじゃなくて、世の中にたくさんあると思う。多くの人には思いもよらないようなことが。介護の問題とか、セックスにまつわる他の問題とか、教育の問題とか、体の問題とか、お金の問題とか、いろいろ。ほんとに、いろいろ。
    そういう「普通」からはみ出してしまってひっそりと苦しんでいる人たちすべてにこの本を薦めたいです。解決策は本人が見つけるしかないけど、この本には心に寄り添う何かがあるんじゃないかなぁと思います。

    しかし、著者は非常に口下手だと思われるのに、気持ちを文章にする能力はすごいんだなぁ、と尊敬しました。読みながら、うまいこと描くなぁ、と何度も思いました。

  • 自分にしか言えない秘密。
    あると思う。

    人との距離感を大事にするから、
    著者の抱える、不穏な気持ち悪さもわかるかな。

  • 書店でぜひ読んでもらいたい本として販売されていたもの。購入するまで、本のタイトルはわかりませんでした。なので、購入後タイトルを見てびっくり(笑)実在する女性のお話。生きること、生活することを考えさせられる作品でした。あとがきの自筆が力強いです。

  • このような現実を受け止められるか、ただそれだけです。

  • 今話題の本!って何かで見かけて、題名も衝撃的というか斬新というか、、、調べたら編集者さんが是非この題名のまま出しましょう!と踏み切ったとか。そこまでの熱意を持った作品てどんなんだろ?と思って読んでみたら、まさに題名の通り夫のちんぽが入らないって話だった。
    何かの病気なわけでもなく、お互い他の異性とはすんなりセックスできるのに、なぜかこの二人だと流血するわ割けるわで、相性が悪いとしか思えないんだけど、別れるわけでもなく、二人で生きていく決意をする。えーーーそんだけ闇!と思うならいっそ別れたほうが幸せになれるだろうに、、、つらいでしょうよ、、、。
    セックスレスの夫婦は多いけど、彼らはあくまでも性交渉をする努力をするから余計切ないね。。。できないと執着するのが人間らしくておもしろかった。でも不幸だな。。。

  • これを本にして、何がしたかったんだろうか?彼女の人生を憂える結果となりました。壮絶な体験をしたんだね、、、という感じ。

    そう、自虐を感じてしまったので、話にのめり込めなかった。

  • どうやら作者の実話を元に書かれた話らしい。

    主人公は、あそこが入らない男性と付き合い、結婚する。

    結婚した後も入らないまま、その悩みを抱えながら、職場での悩みも抱えることとなる。

    入らない悩みを誰にも言えず、
    また、職場の出来事を旦那に言うこともできない。そんな中遂に体を壊してしまう。

    そんな中旦那は作った朝ごはんを食べなかったり、
    風俗へ通ったりして、嫌なやつと思った。
    女が悩んでいても男は風俗へ行って自分だけいい思いをするのか。女は不公平だと主人公の気持ちに少し共感ができた。

    最後まですっきりする話では無く、
    作者がこれまで抱えてきた悩みを誰かに吐き出したくて書いた本なのかなと思った。

    人の気持ちがわからない人に読んでもらいたい本だ。

  • 子宮は
    それ単体として
    意志をもった臓器なんだな、
    ということだと思う。

    この人だと開くけど、
    この人だと開かない、
    そういうことがあるのは当然で、
    ただ、これまでそのことについて、
    誰も語ってこなかったんだと思う。

    子宮の意志を尊重して、
    私も生きていきたい。

  • タイトルのインパクトと、深くて重い話であるとのレビューで気になっていた本。筆者の実体験のエッセイをまとめたもので、言いたいことを溜め込むことでは、物事は良い方向には進まないし、相手の事を色々考えずに何が幸せかを押しつける事は、残酷さと軽薄さがあるということを感じた。

  • こだま 扶桑社

    小説もドキュメントも事実を凌駕できない
    表現活動は現実を俯瞰できない
    今起こっている現象は過去のすべてを
    超えている新たな何かである
    ヒラメキによる確信はその実体のすべてである
    
何事も同じだけれども
    この本を語るならその前に
最後の最後まで読み切るべきである

    それにしてもこの凄まじいけれども
    難解で単調な個人的内容を
    飽きさせずに読ませる文章にも納得せざるを得ない

    人生で何を学ぶのかその限りない
    気付きのプロセスに改めて驚くばかりである

  • タイトルはなんだが人生模様が綴られた本である。それぞれの生き方には他人には見えない山あり谷ありなのだからとやかく言うのはやめよう。自分の価値観を押しつけるのも押しつけられるのもキライ。

  • 最後もう一歩な気がしました。

  • 人にものが言えない。それが彼女を苦しめ続けた。これからは良い人生を歩んでほしい。

  • 絶望の話。その中に小さく光る希望の話。
    ありえないと思いつつも、自分のこととして感情移入して読めた。26歳。結婚一年の僕はひきつけられっぱなしだった。

  • 初めてタイトルを見たとき、なんて破廉恥な!という印象とともに、表紙の優しげなイメージから人間らしい弱さと暖かさを感じた。

    セックスレスの問題は単にセックスをしないだけではなく、挿入できないという、夫婦において致命的とも言える問題があったんだ、と独身のわたしは気付く。
    著者のこだまさんが夫さんと出会い、一度もセックスできないまま、それでも結婚に至ったというのがまず感動で。男女の関係においてセックスは重要だけれども、それ以上に心のつながりがあったのかなぁと思った。

    といっても、2人の結婚生活があま〜く描かれてるわけでなく、自身の仕事の辛さや不器用さ、病んでいく姿には共感してしまった。マヒしてしまうのだ。
    退職後は病に倒れ、前向きに頑張った不妊治療も続けていくことが困難になり、夫までもがパニック障害になる。

    生きていれば何かしら問題にぶち当たり、うまく回避できることもあれば、まともに受けてしまうこともある。この夫婦を不器用だと笑えるだろうか。病院に行けば済む話だという人もいるかもしれないが、自己肯定感が低い著者にとって、それはハードルが高いと言える。
    では、自己肯定感が低い人間が悪いのかというと、そんな風に片付けてしまうのはあまりに冷たい。

    多様な生き方が増えてきているにも関わらず、結婚したら子どもができるのが当たり前という世間の考えが苦しめていることはまだまだ多い。
    こだまさんはこうして表現することで、吐き出すことができているけど、もっと自分だけの殻に閉じこもって苦しんでいる人はたくさんいると思う。そういう人たちの励みになったんじゃないだろうか。
    女性の性に対する前向きな表現が一歩前進したとも言える。

  • 読み終わったー\(^o^)/
    「入らない」悩みを軸とした人生小説。
    話の重さと言葉の言い回しがすごい。

  • いやあ、想像してた話よりもずっと壮絶だった。

  • 発売日前から気になっていて楽しみにしていた本。
    期待以上の傑作でした。

  •  品のない内容かと思っていたら、とても真面目に生きていてすごく真摯に問題と向き合った内容だった。文章や比喩がとても面白く、ユーモアを持ちながら大変な問題を語っていらっしゃった。ご主人が大変なものの持ち主で、奥さまは小柄な方なのかと推測する。

     奥様が出会い系にはまったところは記述するのがとてもつらかったであろうし、スリリングでもあるのだが、奥様自身の性欲についての言及がないところが気になった。快楽については全く触れられておらず、そのまま受け取るとただ狂って気持ちよくもなんともないまま求めに応じていたような感じだった。

  • 声に出して読みたい日本語2017上半期ベストワンにランクインしそうな勢いのタイトル。

    最初はインパクトがありすぎるタイトルに「どんだけ(笑)」と下世話な興味で手に取ったものの、
    読み進めていくうちに「夫のちんぽが入らない」ことで心も体も傷ついてきた著者の痛みがひしひしと伝わってきて、
    軽い気持ちで笑っていた自分自身を殴りたくなってしまった。

    この本は、夫婦のセックスについてのみ書かれた作品ではない。
    夫のちんぽだけではなく、学校生活の輪や社会人としての組織、母親という枠に入れなかった著者の悩みがつづられている。
    そのため既婚女性だけではなく、未婚者や男性でも枠からはみ出た経験のある人は共感できるのではないだろうか。

    著者のあらゆることにたいして「空が青いのも、海が青いのも、地球が青いことすらも、なにもかも私が悪い」とでもいうような自己否定さが正直しんどいものの、
    情緒不安定な母親の下で否定されつづけて育ってきたがゆえの劣等感だと思うと胸が痛む。

    そんな著者を初めて受け入れてくれた男性のちんぽが入らないというつらさが本当にやるせなくて、
    このつらさを前に「セックスだけが夫婦のありかたじゃない」なんてきれいごとはとても言えない。

    性欲発散のために風俗やデリヘルを利用する夫。
    承認欲求を満たすためにネットで出会った見知らぬ男に抱かれていた妻。

    正直、私にはどちらも理解はできない。
    でも、これがこの二人の築いてきた夫婦のありかたなのだろう。

    二人が寄り添うことで傷ついた痛みを一つひとつ繋げてできた「夫婦座」は、多くの星座と同じようにとても夫婦には見えない。
    けれども、傷つきながらも共に寄り添っていくことを選んだ二人にとって、その星座が「夫婦」に見えるのであればそれで十分だと、タイトルを星座に見立てた秀逸な装丁を眺めながら思う。

    この夫婦のこれからが、どうかひっそりと安寧な日々であることを心から願ってやまない。

  • 著者のこだま氏が「文学フリマ」で発売した同人誌「なし水」に
    寄稿した同タイトルの短編が元になった自伝的私小説。

    タイトルにもなっている、夫の男性器が肉体的にもしくは精神的に、
    はたまた何らかの理由で妻の女性器に挿入できない問題で夫婦が悩みを抱え、
    その悩みを2人で共有するも、誰にも打ち明けることできずにいる。
    しかし、どうすればいいのかをお互いに話し合って、
    2人で協力して解決の方向へ向かっていくという夫婦愛の形を描いた話なのかな、
    と期待して読みはじめたが、実際は全く違っていた。
    ある女性の半生がとても俯瞰的に、時にはユーモラスに描かれている。

    「入らないもの」が肉体的なものと精神的なもので描かれている。
    それは「夫のちんぽ」に限らず、
    大学生活だったり、就職してからの大人社会だったり、
    級友の輪だったり、職員室だったり、受け持つ生徒一人ひとりの心であったり、
    妊娠だったり育児であったり、家族との絆であったり、
    世間的に「これが幸せ」とされる家族の形であったり。
    あらゆる場所に「入れない」己の意識の問題がこの物語の主軸なのだろう。

    芥川賞を受賞した村田沙耶香『コンビニ人間』も
    また昨今の多様性が狭まる世の中において、
    「普通」で生きられない人たちの窮屈さを描いている。
    この世界の居心地の悪さというのは、最近の流行なのだろうか。

    賛否両論なのは、著者の自己肯定感の低さが一因にあると思う。
    その著者の姿勢に自分自身を言い当てられた気分になって同情してしまったり、
    いつまで経っても物事を解決しようと試みない
    あまりの夫婦の解決能力のなさに幻滅し憤慨する読者もいるかもしれない。

    自罰的に生きる人間は、何か物事が起こると、
    「自分が悪いのではないか」と思い込み、
    「自分が我慢すれば物事は好転するはず」と考える。
    幼少期に強く植えつけられた「自罰」という呪縛から抜け出せないでいる著者が、
    ようやくその呪縛から解放されて、最後には一歩前に進もうと試みている。
    他人から見たらほんのちょっとのことなのに、
    それがとても難しい人が存在する、ということをあらためて考える。

    個人的には、本書の内容よりも
    編集者がこのタイトルで会議を通して、
    出版社はそれを受け入れた英断を評価する。
    朝日新聞の広告欄に載るも、タイトルが審査に通らず、
    書名がない状態で広告が掲載される、という一風変わった売り込み方や、
    書名が恥ずかしくて注文できないという場面を想定して、
    客がタイトルを口に出さなくても書店に予約注文できる申込書の
    ダウンロードボタンを特設サイトに作成するなど、
    扶桑社のマーケティングがとても興味深い。
    これも担当編集の高石智一という方のアイデアだろうか。
    江森丈晃が手掛けたデザインと装丁もまた美しい。

  • 少数派が生きる時の困難さが
    散りばめられてて、
    ところどころおもしろくて、苦しくて、切なかった

  • はやく読みたい…

全93件中 1 - 25件を表示

夫のちんぽが入らないを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夫のちんぽが入らないを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夫のちんぽが入らないはこんな本です

ツイートする