ブクログ大賞

夫のちんぽが入らない

  • 1318人登録
  • 3.95評価
    • (93)
    • (100)
    • (71)
    • (17)
    • (1)
  • 136レビュー
著者 : こだま
  • 扶桑社 (2017年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594075897

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
中村 文則
森見 登美彦
みうら じゅん
恩田 陸
又吉 直樹
塩田 武士
有効な右矢印 無効な右矢印

夫のちんぽが入らないの感想・レビュー・書評

  • 心が沈みに沈みきっているその状況の描写も、するすると読みやすく、夫との会話にクスリと笑える。
    これからの彼女の生活が穏やかで温かいものであると良いな、と勝手に思います。

  • 心配しないでください。

    私達は本当は血の繋がった兄妹で、
    間違いを起こさないように
    神様が細工をしただけですので

    ていう風に人に言えたらどんなに楽なのだろうか。

    多くの事が交通渋滞している

    夫のちんぽが入らない事
    新任地での学級崩壊
    嫁姑問題
    教師としての人間性など
    一つ一つ解きほぐして考えれば、投げ出せば、ぶつかればよかったのかもしれないが全ての問題が今回に至っては
    夫のちんぽが入らない私に帰結している。

    読んでいて何故にそんな自分を責める?と言いたくなってしまう。

    各あるべきを捨てた時
    光が少しだけ見えて安心した。





  • 売り出される時から、その衝撃的なタイトルがひそかに話題になっていた。たぶん、タイトルにあることが心の中にずっと気になってあることから、他のことでも精神的に追い詰められ、苦しんでいた女性の心の叫び。

  • ・自分視点だけで言葉をかけることがどれだけ人を傷つけるか。自分も何気なく口にした言葉で人を傷つけてきたかもしれない。
    ・ひとりで背負いこもうとすると病んでしまう。中盤の病んでいくときの思考の経過が過去の自分そっくりだった。一度病んだことで心に瘡蓋のようなのは残るけど、客観的になったり、人の心を別の角度で考えれるようになったり似た体験をした人によりそえるようになる。これは成長なんだ。
    ・割り切ることは、事情を知らない人によるととやかく言われるかもしれないけれど、この本を読んで、割り切ることは成長だと思った。
    ・タイトルだけを知って内容を知らなかった頃、ローションを使えば入るだろうと思っていた。実際本を読むとあまりの痛々しさにそんなこと言えなかった。入らない経験が無い人に理解されるのは難しい。
    ・ちんぽが入らなくても好きでいてくれる夫でよかった。つらかったことが丁寧に描き起こされていて、共感した部分、自分も書くことで整理しようとしてできなかったこと。なんだか感謝。

  • 衝撃のタイトル。
    目にしたときから気になって気になって仕方がなかった。
    どれだけ卑猥な文章が綴られているのか、と
    期待していたわけではないけれど
    何が書かれているのか俄然興味がわくタイトル。
    読んでみると、淡々と、入らない、という話が続く。
    最初の章はほんのり暖かく、淡々と語られることが
    少し面白く感じられた。
    章が続くにつれ重く苦しい雰囲気が立ち込めていく。
    読み進めるごとにこちらも息苦しくなった。
    けれどなぜか先へ先へと読みたい気持ちにさせられた。
    人に勧めたり、読んだことを言ったりしづらいタイトルではあるけど
    読んで損はなかったように思います。

  • 本屋さんのポップでびっくりして「どういうこと!?」とあまり前情報を仕入れずに読んでみましたが…ポップや電車広告での煽りで変に期待値が高くなったせいか、ちょっと肩透かしをくらった感じでした。
    こだまさんは夫さんと「隣り合って根を張る老木のように朽ちていければ幸せ」とあとがきで話しているけど、夫さんは一体どんな気持ちなのかな…と勝手に考えを巡らせたり。
    もちろん他人の夫婦関係のことなんて外野、ましてや全く知らない人にはわかりえないことだけど、この本を一冊読み終えてみて、なんとなくもやっとした違和感めいたものを抱きました。
    自分の思う夫婦像とかそんなものもないのに、なんだかもやもや…なんでだろう。

    あと、お母さんとこだまさんが夫さんの実家に子どもができないことを謝りにいくくだりが衝撃。
    この時代になっても「子どもができないのは女側の問題」という固定観念があるのか…。

  • 「私と彼は、セックスをすることができなかった。ちんぽが入らなかった。」
    大学生で出会い、お互い教師として働き始め、結婚し、病気になったり仕事を辞めたり、人生は展開していくけど、その底のところにずっと「ちんぽが入らない問題」がある。最初はあくまでセックスできない2人の間の問題なのに、結婚して歳をとるごとに、親や会社の人たちからの希望や督促や信用に関わる問題に変化していくのが、読んでいて面白かったし読んでいてつらかった。
    あとがきによると、本作はもとは仲間内に向けて書いたエッセイだという。そのせいか、肩の力が抜けて(いるように読めて)いて、タイトルからして笑わせようとしているのもあって、確かにくすくすとはしたんだけど、わりと、真剣な顔をして読んだ。とてもいいものを読んだなあと思う。

  • 読むと苦しいのに止められず、一気に読んだ。

  • 是虚构小说。他们最好去小弟弟和小妹妹的医院。。

  • うん…作者はなんで夫だけのちんぽが入らなかったのか気にならなかったのだろうか。普通に気になる…病院行かないですか?…この「普通は」ってのがよくないのか…

    人がどう生きるかは自由で、普通は子供産むんじゃないのとか「普通は」と、とやかく言われる筋合いはない。ということなんでしょうかね。
    とにかく作者の自分自身の承認度合いが低すぎる。頑張ってるのに。自分は全然足りていない、悪いやつだと自分で自分を責めてる。楽観的な私にはあまりわからない世界…。

    子供ができないかわりに教師として子供を育てて、いい先生ができていたのならそれで良いじゃないと思うのになぁ。そういう簡単な話ではないのかなぁ…まあ割り切るまですごい長い月日がかかっていますが、やっぱりいい旦那であっただけそれに見合う自分でありたかったのかなぁ…

  • 図書館で借りてきてイッキに読んだ。
    痛々しいお話だけど、こういう夫婦の形は現実にあると思う。

    セックスのたびに、先っぽしか入らず、血まみれになるところは、特に、痛そうだった。

    教師になった夫に続き、自分も小学校の教師になった主人公は、受け持ったクラスの女の子が反抗して学級崩壊になってしまい、精神的においつめられて、ブログにいろんなことを書いて吐き出してたら、そこで知り合ったおじさんに誘われてセックスすることになる。その後、知り合った人たちと次々にセックスしていく。
    主人公の女性は、すごい田舎で育ったから、見知らぬ男とセックスすることのハードルが低い。
    小説の中にも出てくるけど、田舎で育った女の子は、他にすることがないから、中学生くらいからばんばんセックスしてる子が多い、と言う話は、実際に、北海道の田舎町で育った女の子から直接聞いたことがある。
    見知らぬ男性たちのちんぽはスムーズに入ってしまう、という、この皮肉な組み合わせに驚いた。

    これって、ただ単に、旦那さんのちんぽが大きすぎることが問題なのでは?

    つまり、まとめれば、こういうことだよね。

    主人公と旦那さんは、気持ち的にはお互いにピッタリとマッチしている。
    でも、肉体的には、ミスマッチしてる。

    主人公も旦那さんも、肉体的なマッチよりも、精神的にマッチしている相手を選んだ。

    でも、そのことで、様々なトラブルは起きてしまった。
    夫が風俗に通うようになって、風俗店のカードにスタンプがどんどん増えていったり、夫が性病にかかったり。

    夫婦ともに教師として、お互いの職場で、様々に苦労する様子は、現代的な事情を、よくあらわしているよね。
    学級崩壊とかさ。
    家庭内が崩壊してる子達が、学校でトラブルを起こすとか。それに対抗できずに、教師たちが精神的に崩壊してしまう、とか。

    オレの知り合いの女性の教師も、精神を病んで、もう何年も休職してたもんね。その人の旦那さんも教師で、こちらは、元気に働いてるけど。夫婦ともに忙しいから、自分の子供たちの教育は、そこまで上手くいかなかったんじゃないかな。素直で良い子たちだけど、高学歴にはならなかったみたいだし。

    とくに、子供の貧困についての話がでてくるけど、これも日本の現状を、よく現してる。
    子供の貧困率は、国際比較しても、日本は顕著に上昇してるからね。
    親が生活費をパチンコやギャンブルにつぎ込んで、子供が、食べ物が食べれず、コンビニで、パンを盗んでしまう話とか。こういうことは、現実にある話なのだろう。
    離婚率も上昇してるし。シングルマザーの貧困家庭とか顕著に上昇してる。


    それにしても、主人公も、夫も、良い人すぎる。
    悪意みたいなものが、あんまり、ないんだよね。

  • 夫婦のあれこれを楽しく買いてある本かな?と思って購入。
    ぜんぜん…重〜い気持ちになりました。

    夫婦はできればSEXやボディコミュニケーション(寄り添って眠るでも良いし手を繋いで歩くでも)がある方が仲良く暮らしていけると考える私にとって(もちろん、絶対ではないし、違っても仲の良い夫婦はたくさんいると思う)、この夫婦の、『入れる』『入らない』『他の人と』という行為に、とても気持ちが悪くなった。

    精神的な事で入らないのなら、なおのこと、違う形で寄り添える夫婦でいられなかったのか…な。

    けれど、本には表せない、私には分かり得ない、いろんなことがあるんだろうな…

  • 「この本は、予約が殺到しています。必ず返却期限内にお返し下さい。」というシールが貼られた一冊。
    多分、度肝を抜く題名につられて予約した方が多いのだろう。
    私もその一人だが、内容は若い女性の壮絶な闘いの記録そのもので、決していやらしくはない。
    著者のこだまさんはその後どうしていらっしゃるのだろう?

  • ぼんやりと闘病ブログのイメージだけがあったので、こんなにもメラメラと心燃えるような人の話だとは思ってなくて油断した。
    すごい決めつけだけど何かを諦めて宗教かなんかみたいに心穏やかなのかと思ったら真逆だった。
    本当に心にジンジンといちいち響いてひどかった。
    身体面もメンタル面も私も近いところがあるように感じるくらいのリアリティ、ヒリヒリ、ズキズキ。
    悲しくないさみしくない愛されたい幸せになりたいズキズキ。
    この地球の上で、同じ日本の中で、こういう人がいるってこと知ってください。
    本当に、読んでみて。
    すごい勢いで読んでしまう。
    めちゃくちゃにひどい話ばかりなのにいちいち笑わせてくる。
    そして、油断しないで、最後まで。
    心に突き刺すために言葉がここにあるような本だから。

  • 普通に書店で買った。
    とても面白かった。内容をほぼ覚えているのに何度か読んだ。
    ここのところ、女性から生きにくさみたいな声がエッセイとかになって溢れ出してきた。
    それでよかったと思う。

    渦、という言葉が気に入った。
    渦の中からどうやって出たのか、いつか書きたいような。

  • まず、表紙のデザインがこの本をよく表していると思った。
    職業や経験したことが違えど、私自身 どこかこの作者に似ているような気がして、なんとも言えない気持ちになった。

    人とぶつかることを恐れて自分の意見も言えない、考えても意見が出てこない。愛想笑いで済まそうとする。距離感に悩み、ひとりが気楽でいいけど本当は寂しい。

    誰に対しても何に対しても常に罪悪感があり、気がついたら精神を病んでいた。

    一見なんの問題もなさそうな人たちも、苦悩しながら生きているのだろうか。
    でも、そういう壮絶な人生を歩んでる人ほど、他人には気軽に話さないからわからないけど。

    いろいろ考えさせられるけど、気持ちが鬱の時に読んではいけない気がする・苦笑

  • 性生活より筆者の幼少期における母親とのかかわり、教師という職業の厳しさが綴られていると感じた。
    もしこの人の性生活がうまくいっていたとしてもそのほかの環境は何か変わっていたのだろうか。

    このあいだ愛着障害の本を読んだ身としてはミユキもそうだし筆者も同様に愛着障害に苦しんでいるという風に見える。
    子育てを母親に丸投げするということではなく、母親にしかできない役割があることは間違いなく、父親ができることはその母親にしかできないことを母親ができるようにすることなのだろうと日々頑張ろうと思った。

  • 教師になった夫婦の魂の物語。この夫婦を始め、壮絶な人生を歩んでいる人達が多数出てくる。こんなに壊れた人が多い社会が普通?それとも特別なのか?生きるって難しい。ヒリヒリするような作者の命の叫びが綴られている。

  • それで?とは、ならなかった。
    知り合いの愚痴や相談にあまり共感できない。彼、彼女の口から語られる断片的なエピソードでは圧倒的に不足しているのだ。彼らの言葉も、僕の想像力も。彼らはその思いを抱えて人生、日常、24時間を生きているのだ。
    だから無理にわかったふりはせず、否定もせず、話をしっかりと聞いて、できるだけ想像をめぐらしたい。ただの自己満足でしかないのだけれども。

  • ちょっといまの自分にはしんどかった。

  • 作者さんの凄くきちんと自分のこれまでと向き合った感じとか、”当たり前”を押し付けてくる世間に言いたかったこととか伝わってきていいと思うんだけど、なんかちょっと同じく人生不器用に生きていそうな夫さんは彼女ほどガッツリ真っ向から二人の問題に向き合ってないんじゃないだろうか?っていう疑問がそこはかとなく湧いてきちゃってむずがゆい。

  • 夫のちんぽが入らないのは、この夫婦にとってたった1つの問題・・・というか1つの”事実”であって、その他に様々なことが起こります。

    でも、それはこの2人に限ったことではなく、、誰にだって起こり得ること。それなのに、どうしてこんなことになってしまうのだろう・・・とモヤモヤしたり、イライラしたりするというレビューも見ました。

    ブログにて詳しいレビューしています。
    http://egaodekurasu.jugem.jp/?eid=1130

  • ‪性生活を起点に描かれる、ある夫婦の20年の物語。夫婦とは何か?人生とは何か?多様性とは何か?胸が締め付けられるような素晴らしい文章に心をえぐられる。勝手にコミカルな本だと思っていたので驚いた。既に十分話題になってるとは思うけど、もしタイトルで敬遠してる人がいたら是非読んでほしい。‬

全136件中 1 - 25件を表示

夫のちんぽが入らないに関連する談話室の質問

夫のちんぽが入らないを本棚に登録しているひと

夫のちんぽが入らないを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夫のちんぽが入らないを本棚に「積読」で登録しているひと

夫のちんぽが入らないの作品紹介

2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだまの自伝『夫のちんぽが入らない』だ。

同じ大学に通う自由奔放な青年と交際を始めた18歳の「私」(こだま)。初めて体を重ねようとしたある夜、事件は起きた。彼の性器が全く入らなかったのだ。その後も二人は「入らない」一方で精神的な結びつきを強くしていき、結婚。しかし「いつか入る」という願いは叶わぬまま、「私」はさらなる悲劇の渦に飲み込まれていく……。

交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った“愛と堕落"の半生。“衝撃の実話"が大幅加筆修正のうえ、完全版としてついに書籍化!

いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている。交際期間も含めて二十余年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。周囲の人間に話したことはない。こんなこと軽々しく言えやしない。
何も知らない母は「結婚して何年も経つのに子供ができないのはおかしい。一度病院で診てもらいなさい。そういう夫婦は珍しくないし、恥ずかしいことじゃないんだから」と言う。けれど、私は「ちんぽが入らないのです」と嘆く夫婦をいまだかつて見たことがない。医師は私に言うのだろうか。「ちんぽが入らない? 奥さん、よくあることですよ」と。そんなことを相談するくらいなら、押し黙ったまま老いていきたい。子供もいらない。ちんぽが入らない私たちは、兄妹のように、あるいは植物のように、ひっそりと生きていくことを選んだ。(本文より抜粋)




こだま

ツイートする