おしゃべりな銀座

  • 34人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (4)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
制作 : 銀座百点 
  • 扶桑社 (2017年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594077167

おしゃべりな銀座の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やはり東京お住いの、どのお店で家族で食べただの、ひいきの呉服屋だの、そういうお話が好き。

  • 1955年、銀座の香りを届けるタウン誌として発行。
    創刊号から、久保田万太郎、吉屋信子、源氏鶏太らが
    執筆陣として、名を連ね、その後の連載からは
    向田邦子「父の詫び状」池波正太郎「池波正太郎の銀座日記」
    和田誠「銀座界隈ドキドキの日々」など名作多数が生まれ、
    銀座の持つ文化的側面を伝えることを目的とし、
    男性は上着のポケットに、女性はハンドバックに
    収まるようなサイズ(13×18センチ)。
    いろいろな時代の銀座がこの一冊に凝縮され、どの年代の
    人が読んでもたのしいのでは?

    銀座のど真ん中に生まれ暮らした人の執筆した文もあるが
    私のように地方の田舎者で、気がひけるようなコンプレックスを
    押しかくし、銀座を探検した思い出もたくさん掲載されていて、
    「わかるなぁ〜」と共感を生む文も。

    20代に、雑誌で銀座でもセールがあると知り
    勇気を出して鳥居ユキのブティックに。
    そこで、素敵なツイードのスーツと、タフタ生地のブラウスを
    求め、なんとも大きな獲物を勝ち得た気分で、下宿に帰ったことを
    思いだす。

    銀座は、とても敷居が高いのは現実としてあるのではあるが、
    銀座の人間はそんなびくびくものの輩も受け入れる
    本物の粋も備えていると感じたものだった。

  • 銀座、というのはひとつの世界観なのかもしれない。

  • 図書館より。

    知ってる作家さん等斜め読み。
    地方出身者にとって、銀座は敷居が高く殆ど行ったことのない憧れの場所。今の年なら銀ブラしても大丈夫かな?(笑)
    さらりと読了。

  • 気になる人だけ拾い読み。
    高野秀行のファッションの話はうぷぷと笑った。

  • 銀座と随筆て、相性が良いね。

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

おしゃべりな銀座はこんな本です

おしゃべりな銀座の作品紹介

日本初のタウン誌「銀座百点」から生まれた珠玉のエッセイ50篇

きらきらと輝くショーウインドウ、軒を連ねる画廊、資生堂パーラーのアイスクリーム、思い出のフルーツポンチ……。作家や女優、映画監督らが紡いだ銀座への想いを一冊に。忘れえぬ出会いと街のぬくもりが心を灯す極上のエッセイ集。

【収録エッセイ】

天空の城・ギンザ  朝井リョウ 
小料理屋  朝吹真理子  
老舗が気になる  有栖川有栖  
こどもの銀座  いしいしんじ  
遠のいていく記憶の構図  いとうせいこう  
ご馳走になってばかり  戌井昭人  
田舎者、銀座を歩く  乾ルカ  
ノブイチと僕  井上夢人  
別れが言えない銀座  岩松了  
最後の夢を生んだ街  植松伸夫  
初心で歩く街  内澤旬子  
銀座と映画と僕のはなし  大根仁  
銀座が私の初舞台  岡田茉莉子  
奇妙な思い出  金井美恵子  
おやかましゅう  金子國義
ブルーノ・タウトの小箱  隈研吾  
銀座のこと  ケラリーノ・サンドロヴィッチ  
水色のドレス  小池昌代  
本と銀座とわたし  坂木司  
もしも、無実の罪で追われる身になったら 私は銀座をこう逃げる  佐藤雅彦  
母の銀座  ジェーン・スー  
街を走っていた  小路幸也  
銀座の五年間  白井晃  
昨日銀座を歩いていると  管啓次郎  
思い出の街は銀座  宗左近  
墓場から銀座まで  高野秀行
美しい銀座の私  田中慎弥  
とりとめのない話  田中芳樹  
帽子の光沢  千早茜  
数寄屋橋ハンターのこと  都築響一  
銀座と私  中川李枝子  
唐揚げ考  南條竹則  
銀座ヒット  西川美和  
銀座のウシツツキ  似鳥鶏  
未来のようで懐かしく  東直子  
銀座は習うより慣れよ  東山彰良  
銀座の銀は銀  藤野可織  
銀座は遠いところだった  保坂和志  
銀座の思い出  堀威夫  
銀座での個展  牧野伊三夫  
銀座雑感  松尾スズキ
増えていく銀座の思い出  松田青子  
笑うコルク、微笑む人  道尾秀介
君のメルアドは  宮沢章夫  
銀座か、あるいは東京か  森絵都  
大阪生まれが銀座を行く  森村泰昌  
ネクタイとフルーツポンチ  湯本香樹実  
遠い銀座と〈音鮨〉のこと  吉田篤弘  
ステーキとノコギリ女  寄藤文平  
ドラマのADだったころ  和田竜

ツイートする