おかんメールFinal

  • 40人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : おかんメール制作委員会 
  • 扶桑社 (2017年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594077266

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

おかんメールFinalの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館に『おかんメール』が何冊か並んでいて、一巻かと思い借りてきて最初に読んだら、ファイナルだった。オレンジ色で横文字でファイナルって、デザインとしてしか認識できない、これぞおかん。


    息子宛て『でめえ餅届いたら連絡しろって言ったろ〓〓〓』




    子『レモンのアイス買っといてくれ!!!!』
    母『バカヤロー!』



    世間のおかんは荒れ気味の模様です。

  • 予約済み:中央区図書館

  • シリーズ最終巻。さらば、おかん。今までありがとう。食パンの袋が犬に見えるやつ面白い。よくぞ気づいたなとその観察眼に感心した。

  • 『おかんメール』シリーズ、とうとう終わってしまいました。寂しい・・・。
    まえがきを読んで、「ココロの中の帰省」という言葉に納得しました。そうなんですよね。他人のおかんのメールだけど、それで自分の母親のことを思い出して心が温かくなる。そういう面はあったと思います。
    今までたくさんの笑いと元気をありがとう。

  • いいかげん飽きたな。ファイナルなのも頷ける。

全5件中 1 - 5件を表示

おかんメールFinalを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おかんメールFinalを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おかんメールFinalの作品紹介

7巻目にして、ハッピーエンド!
全国のお母さん、愛と笑いをありがとう!!

携帯電話を使い慣れないお母さんから来るメールは誤字脱字のオンパレード。
「いまから今に戻ってね~」という無理難題のメールや
「おばあちゃん食べた?」という何かを略しすぎたメール、
「明けましてダイエット」という、意味不明の置き手紙などなど。
「お母さん」という人種の突拍子もなさと繰り出される機転はもはや「神」。
しかし、そんな「おかんメール」に大爆笑したあと、なぜかウルっとしてしまうのです。
それがよそのお母さんの「おかんメール」であっても……。

「笑える!」「思わず吹き出す」「ほっこりする」と2014年の『おかんメール』第一弾発売以来、あれよあれよと巻を重ね、ついに7巻目でハッピーエンドを迎えます。
豊富な新作とともに、過去6巻からのベストセレクションも掲載!

苦手な携帯で一生懸命(意味不明な)メールを送ってくれるのも、子どもたちが心配だから。コミュニケーションをとりたいから。ニガニガしくも温かい母の愛と破壊力は無尽蔵です。
全国のおかんと子どもたちに、愛と笑いと幸あれ!

おかんメールFinalはこんな本です

ツイートする