欺かれた夜 (ハーレクイン・ロマンス)

  • 10人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Diana Hamilton  井上 京子 
  • ハーレクイン (2006年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596121127

欺かれた夜 (ハーレクイン・ロマンス)の感想・レビュー・書評

  • 毎度思うのだが。
    ちゃんと調べようぜ!!!!!
    プレイボーイ気取りのくせに、女のこと全然分かってないしwwwww
    男に見せる顔と、女に見せる顔とは違うんだってこと、早く気づきましょうねwww
    ま、とにかく、ヒーローが間抜けです。

  • 盲目的にエットーレを信じたのに、彼には婚約者がいたばかりか濡れ衣まで着せられ、妊娠を彼に告げることもなく出産したソフィー。
    頼れる人物を亡くし、ホームレスとなった彼女は友人宅に身を寄せる途中で、エットーレに拾われて…

    ダイアナ ハミルトンの作品も地中海ダーリンの鬼ロマでいい感じに楽しいのだが、なんとなくダーリンにイラッとくる。
    この話は、惨めなヒロインが追い込まれて、かなりわいそうなだけに、余計にダーリンに突っ込みを入れたくなる。ん〜〜もうぅ!
    なんだか、ダーリンの言葉が言い訳っぽく聞こえるのよネ!
    などと、キャンキャン吠えて転がって喜べる人向け。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4299.html

  • R-2112
    住む家を失い、友人宅へと雨の中を歩いていたソフィー。足を滑らせ排水溝に落ちたところを、車に轢かれそうになる。車から降りてきた人物は、かつて愛し、裏切られた男性エットーレだった。

  • ソフィーは住む家を失い、友人宅に身を寄せるため雨の中を歩いていた。足を滑らせ排水溝に落ちたところを、車に轢かれそうになる。だがソフィーの不運はそれだけでは終わらなかった。車から降りてきた人物は、かつて愛した男性エットーレだったのだ。彼の姉の家で子守りとして働いていたソフィーを、彼は婚約者のある身でありながら誘惑し、そのあげく宝石を盗んだと濡れ衣を着せ、追い出したのだった。相変わらず狂おしいほどにハンサムな彼は、軽蔑もあらわに言い放った。「こんなうらぶれた姿で排水溝にいるとは、まったくお似合いだな」そしてソフィーが抵抗するのも構わず、むりやり車に乗せた。

    簡単に騙されるヒーローが信じられない。いかにも凝り固まった感じ。ヒロインは公的な援助に頼りたくないとしても、善意の申し出は受けるべきだろう、子供のためにも。

全5件中 1 - 5件を表示

欺かれた夜 (ハーレクイン・ロマンス)はこんな本です

欺かれた夜 (ハーレクイン・ロマンス)のKindle版

欺かれた夜 (ハーレクイン・ロマンス)の新書

欺かれた夜 (ハーレクイン・ロマンス)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする