ヴィーナスの目覚め (ハーレクイン・ロマンス)

  • 11人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Julia James  中村 美穂 
  • ハーレクイン (2008年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596123367

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ヴィーナスの目覚め (ハーレクイン・ロマンス)の感想・レビュー・書評

  • 不器量なヒロインと会長職に就くため彼女を祖父の元に連れて行くことになったイタリア人ヒーロー。

    外見が変わると内面も変わる。
    そこまで劇的な事があるかは別として、よくあるお話かもしれないけど楽しめた。

    2007年。

  • アレサンドロは高級車を降り、荒れ果てた屋敷を見つめた。ここにトマソの孫娘、ローラ・ストウがいるはずだ。“孫娘を見つけ、イタリアに連れてきてほしい”亡き父の共同経営者であるトマソにそう頼まれたのは、数日前のこと。孫娘を連れて帰れば会長職を辞すると約束され、アレサンドロは会社の全権を得るため、イギリスにやってきたのだ。とにかくローラに会って任務を果たしてしまおうと、彼は屋敷の近くにいた使用人らしき女に話しかけた。まさかこの不器用でずんぐりとした無愛想な女性が、当のローラ・ストウだとは思いもせず。

    会長職を得るためにヒロインを迎えに行かなくてはならなかったヒーロー。そこにいたのは野暮ったい格好をした不器量なヒロイン。ヒロインは脱いだら凄いんです、系の実は美人というもの。実際のところ、そんなことはそうそうあり得ないと思う。もっともサイズの合わない服の下はナイスバディというのはありがち。<br>
    劣等感を拭いきれないヒロインがヒーローを理解できないのはよくわかる。ヒーローもどうしてヒロインといたいのか、自分の気持ちに向きあうのに時間がかかっているし。でもシンデレラストーリーとしてはなかなか。誤解の原因も解決も整合性がとれているし、ヒロインの心の動きも無理なく伝わる。

全2件中 1 - 2件を表示

ヴィーナスの目覚め (ハーレクイン・ロマンス)を本棚に登録しているひと

ヴィーナスの目覚め (ハーレクイン・ロマンス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヴィーナスの目覚め (ハーレクイン・ロマンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ヴィーナスの目覚め (ハーレクイン・ロマンス)はこんな本です

ヴィーナスの目覚め (ハーレクイン・ロマンス)のコミック

ヴィーナスの目覚め (ハーレクイン・ロマンス)のKindle版

ヴィーナスの目覚め (ハーレクイン・ロマンス)のKindle版

ツイートする