愛と悲しみの丘 (ハーレクイン・ロマンス)

  • 13人登録
  • 3.67評価
    • (3)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Michelle Reid  萩原 ちさと 
  • ハーレクイン (2009年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596123596

愛と悲しみの丘 (ハーレクイン・ロマンス)の感想・レビュー・書評

  • 両家の親によって引き裂かれてしまった夫婦の絆の再生のロマ。
    若くして情熱と妊娠によって結ばれた二人だが、最愛の息子の死によって、すれ違ってしまった。
    そんな埋められない穴を抱えた二人の再会で、過去の様々なすれ違いが氷解していくのだが、苦く切ない想いと情熱の火花がとてもロマンチックなお話。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4289.html

  • webにて漫画の方を読破。

  • ルイーザがギリシアの美しい小島を訪れたのは、わずか二歳で世を去った息子ニコスの墓参りのためだった。十七歳の夏、彼女はこの島で大富豪の御曹司と恋に落ち、ニコスを身ごもって結婚したが、それは息子の死とともに悲劇的な結末を迎えた。つらい記憶を振り払い、フェリーから降り立ったルイーザは、ひとりの男性の姿を認め、愕然とした。どうして、タイにいるはずのアンドレアスがここにいるの?五年前に別居して以来、一度も会わなかった夫との再会。彼女の心は愛と憎しみに引き裂かれた。

    子有りというか、亡くなった子がいたというもの。ヒーローもヒロインもその悲しみから抜け出せず、そして家族の思惑が絡んで泥沼というもの。お互いの気持ちははっきりしているだろうに、素直になれなくて拗れまくって、と、読み甲斐はある。ただヒーローの傲慢さにはちょっともにょる。ヒロインを取り戻したいのなら、自分の心情を吐露したほうが早いだろうに。

全3件中 1 - 3件を表示

愛と悲しみの丘 (ハーレクイン・ロマンス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

愛と悲しみの丘 (ハーレクイン・ロマンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

愛と悲しみの丘 (ハーレクイン・ロマンス)はこんな本です

愛と悲しみの丘 (ハーレクイン・ロマンス)のKindle版

愛と悲しみの丘 (ハーレクイン・ロマンス)のKindle版

ツイートする