架空の恋人 (ハーレクイン・ロマンス)

  • 15人登録
  • 3.70評価
    • (3)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Helen Brooks  水間 朋 
  • ハーレクイン (2009年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596123664

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

架空の恋人 (ハーレクイン・ロマンス)の感想・レビュー・書評

  • 社長の息子であるヒーローに恋するヒロインは、恋を諦めるため11年勤めた会社を去ることにした。
    会社を去る日、ヒーローにディナーに誘われたヒロインは町を去る理由は恋人に裏切られたからだと誤解される。

    山場とかはないけど丁寧に2人のやりとりが描かれている。

    2008年。

  • あまり期待してなかったと言ったら語弊があるけど、
    こんなに良作だと思ってなかったから
    ちょっと、もう、ノックアウトされた感じw

    一貫して折れない流されない
    (ヒーローの言葉を借りていうなら)ジーナでなくならなかった
    ヒロインが良かったよね。

    おかげで、もどかしいもどかしい。
    勘違いしたままのヒーローと、折れないヒロイン。
    気付かないヒーロー、
    真意を取り違えてるヒロイン
    もう、もどかしいったら...!!

    まぁ、そのもどかしさが
    2人が真実を知るシーンの素晴らしさを際立たせてると思うんだけどね。
    いや、あのシーンは、本当っ、もう...。
    あのシーンはヒロインのターンなんだけど、
    ヒーローのターンだったらどんな風に描かれてたのかも気になる
    敢て書かれてないので想像力を揺さぶられてる気もするけど。

    あれも、これも
    好きな作品はあるけど
    これはまた好きな作品上位に入りそう。
    ってくらい良作だった、と私は思うよ。

  • ヒロインが辞職して故郷を離れる理由を失恋だと思い込んだヒーローが、なんだかんだとヒロインを引き止めようと頑張るが、決定的なとどめを喰らって失恋する話。…なんだが、実際はヒロインが失恋した恋人に見立ててたのはヒーローだった、っていうのが懲りずに追っかけていった所で発覚してハッピーエンド。とにかく、一旦は失恋するヒーローの落ち込みようが気の毒すぎるのが面白かった。

全3件中 1 - 3件を表示

架空の恋人 (ハーレクイン・ロマンス)はこんな本です

架空の恋人 (ハーレクイン・ロマンス)のKindle版

架空の恋人 (ハーレクイン・ロマンス)のコミック

架空の恋人 (ハーレクイン・ロマンス)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする