運命の甘美ないたずら (ハーレクイン・ロマンス)

  • 14人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
制作 : Lucy Monroe  青海 まこ 
  • ハーレクイン (2010年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596124586

運命の甘美ないたずら (ハーレクイン・ロマンス)の感想・レビュー・書評

  • 【再読】ヒーローはシチリア人の女性としか結婚しないとか家族の前ではヒロインと付き合っていることは秘密にしたいとか、勝手なことばかり言っている。でも諦めきれない態度で散々ヒロインを傷つけて、ヒロインから別れたあとに思わぬところから妊娠を知ってその途端に手のひら返して結婚しようって…。
    ヒロインはそんなヒーローに流されず芯が強くて自分の意見をちゃんと持っててそこは良かった。ヒーローは終盤弱気になってうろたえるので許してあげよう←上から目線(^^;;

  • Valentino's Love-Child
    ストーリーの始めは面白そうなのに、結局ハーレクインありがちな展開であまり面白くない…。
    フェイスとの結婚はない、と言っていたヴァレンティーノだったが、物語後半で彼女が妊娠しているのを知って&別れを切り出されて、やっぱり愛してる、結婚するしかない!みたいな…。

  • ヒーローとヒロインは愛人関係。
    ヒロインはヒーローと知り合うより前に、彼の息子と母親に知り合ってるという設定。
    彼の息子に招かれた時は「家族として紹介してもらえるんだわ!」とうきうきしてるんだけど、ヒーローはヒロインが来ると思ってないから混乱するのが面白い。

    結婚しないなら別れを選択するのがヒロイン、欲しいものは諦めないけど結婚するなら自国の人と決めてるヒーロー。
    (ハーレの)シチリア人だから、執念深くて傲慢なのがデフォだけど、ほんと都合が良すぎるぜと文句の一つも言いたくなります。


    話が進展するのはヒーロー母乃お節介から。
    すれ違いながらもお互いの愛を受け入れられて良かったよ。
    ヒーローもちゃんと反省してるし、偉い!
    ヒーローが「気持ちを言葉にするのが苦手だ」と言いながらたっくさん言葉にしてるのが面白い。これ以上話したら詩人レベル。

全4件中 1 - 4件を表示

運命の甘美ないたずら (ハーレクイン・ロマンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

運命の甘美ないたずら (ハーレクイン・ロマンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

運命の甘美ないたずら (ハーレクイン・ロマンス)はこんな本です

運命の甘美ないたずら (ハーレクイン・ロマンス)のオンデマンド (ペーパーバック)

運命の甘美ないたずら (ハーレクイン・ロマンス)のオンデマンド (ペーパーバック)

運命の甘美ないたずら (ハーレクイン・ロマンス)の新書

ツイートする