裏切りのゆくえ (ハーレクイン・ロマンス)

  • 13人登録
  • 3.44評価
    • (0)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Sarah Morgan  木内 重子 
  • ハーレクイン (2010年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596124920

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

裏切りのゆくえ (ハーレクイン・ロマンス)の感想・レビュー・書評

  • 傲慢で精錬された夫は何故自分を好きになったのか、理解できなかった彼女。対話をしなかったことですれ違った夫婦関係は、夫と姉との淫らな関係を突きつけられたことで、破局した。
    問題に対峙せずに逃げ出した妻への複雑な想いを抱く夫と、絶望的なまでに自分に自信のない嫁。

    姉の捨てた赤ん坊を引き取るために再び彼の前に現れた彼女の心を、必死に開かせるために頑張る彼の姿にうっとり系ロマ。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3295.html

  • 一度離れた夫の元へ戻る妻のお話。
    銀行家の夫が魅力的すぎて、農場育ちの自分が釣り合わないのではないかと不安な妻。
    その不安を煽る人間(姉とか)が多すぎ。
    自信満々の夫には自己評価の低い妻を安心させることができなかったんだね。
    でもヒロインは最後に突然自信満々に変身。愛の力とは言え、変わり方が半端ない。
    とりあえず二人が幸せなら良いのかなって感じです。

  • ヒロインの自信のなさ(もう少し素直になったら?!って内心思いつつ)がヒーローとの信頼関係も危うくさせてしまってます。それでもヒーローが強引ながらもヒロインが自信を持てるよう試行錯誤・紆余曲折しながらも少しづつ導いていってます。
    (R-2492)

  • 良いサラ・モーガン
    秘密ありヒロインで、うじうじしていてうざいのと紙一重。だけど、ヒーローがヒロインのことをすごく気遣って、思いっきり愛することで愛される自分に自信をもてるようにしてあげるのがいい感じ。

全4件中 1 - 4件を表示

裏切りのゆくえ (ハーレクイン・ロマンス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

裏切りのゆくえ (ハーレクイン・ロマンス)はこんな本です

裏切りのゆくえ (ハーレクイン・ロマンス)のオンデマンド (ペーパーバック)

裏切りのゆくえ (ハーレクイン・ロマンス)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする