悪魔に捧げた純潔 (ハーレクイン・ロマンス)

  • 10人登録
  • 3.13評価
    • (0)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
制作 : Sara Craven  茅野 久枝 
  • ハーレクイン (2010年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596125552

悪魔に捧げた純潔 (ハーレクイン・ロマンス)の感想・レビュー・書評

  • ギリシアの養家で育ったヒロインは、危機にある家を守るため宿敵であるヒーローの愛人となることに同意するーー。

    ヒーローが何考えてるのかわからないのも、ヒロインを適度に放っておくのも、翻弄されてある意味魅力的に思えた。
    しかしヒーローも終わりにしようとしていたのでは?
    どんな心変わりなのかよくわからない。

    2009年。

  • 再読。そんなことがまかり通るのか…っていう始まり。
    無理はあるがそこからでないと物語は始まらないってことか。
    が、全体的には好きはタイプ。

  • 養父母への恩と、義兄達の策略。宿敵マンドラキスの息子との結婚で会社を救うしかない現状。しかし、サインしたものには、卑劣なものが混じっていた。アレックス突然の呼び出し。二通目の手紙に激怒した彼はナターシャを愛人にすると宣告する。そんな手紙は知らない…

    彼がメロメロなのは、バレバレなので、鬼度は低い。
    そんなに前から好きだったなんて、ダーリンのばかん。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3454.html

  • まさかそんな結末だとは、
    最後数頁驚かされる結末でした。
    ええ、勿論HQだからハッピーエンドなんだけど
    その点に於いては他の作品と変わりはないんだけど...。

    んー、もう
    まわりくどく言わず...、
    イリニがヒーローの異父兄妹だとは、もう全く考えもしなかった。
    ミセスパパディモスに旦那以外の子供が居そうだとは思ってたけど、
    てっきりそれはヒーローかヒロインのどちらかだと思ってた。

    ヒーローはヒロインが思っているような悪魔ではなく
    ヒロインを愛してる素振りを見せていたけれど...、
    まさか3年も前に一目ぼれしてるとも予想外な結末だった。

    話としては面白かったし、ヒーローも悪くなかったんだけど
    いかんせんヒロインが翻弄されるだけの女性で魅力に欠けてた気がする。
    両家の争いに、魅惑的なヒーローに翻弄され、流されるまま。

    あ。あと、日本語タイトルも頂けない。
    悪魔なのは結局、ミスターパパディモス、ヒロイン側の養父だった訳じゃない。
    もっと含みをもたせたタイトルにすればいいのに。

  • いつものサラ・クレイブン

  • # (2010/11)
    # ISBN-10: 4596125554
    早くに親を亡くしたナターシャは、ギリシアの養父の元で育った。二十一歳になった今は養家を離れ、ロンドンで家事代行業を営んでいる。二年前に養父は急逝し、家業の海運業は義理の兄たちが引き継いだが、最近彼女の耳に入ってくる噂はよくないものばかりだった。だから突然養家からの呼び出しを受けたとき、ナターシャの胸に悪い予感が広がった。まさか、倒産寸前の家業を私になんとかしろだなんて言わないわよね?

全6件中 1 - 6件を表示

悪魔に捧げた純潔 (ハーレクイン・ロマンス)を本棚に登録しているひと

悪魔に捧げた純潔 (ハーレクイン・ロマンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

悪魔に捧げた純潔 (ハーレクイン・ロマンス)はこんな本です

悪魔に捧げた純潔 (ハーレクイン・ロマンス)のオンデマンド (ペーパーバック)

悪魔に捧げた純潔 (ハーレクイン・ロマンス)のKindle版

悪魔に捧げた純潔 (ハーレクイン・ロマンス)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする