愛するがゆえの罰 (ハーレクイン・ロマンス)

  • 13人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Lynne Graham  西江 璃子 
  • ハーレクイン (2011年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596126290

愛するがゆえの罰 (ハーレクイン・ロマンス)の感想・レビュー・書評

  • 7年前、短期の交際、婚約破棄により別れた2人。
    ヒロインの姉夫妻が事故で亡くなり、ヒロインの卵子提供によって生まれた姪と会うため後見人となったヒーローと再会する。
    ヒーローはその代償として愛人契約を持ち掛けてきてーー。

    ヒーローがかなり横暴だけどヒロインへの愛や嫉妬がなせるわざなんだろうと思うと許せてしまう。
    ヒロイン視点だとたまったもんじゃないかもしれないけど。

    2009年。

  • 七年前に別れた二人。
    ヒロインの姉が他界。姪っ子の後見人であるヒーローが子供を盾に愛人になれと脅迫。
    面白かった!
    復讐のようで復讐になりきれてない感じだったけど。
    姪っ子ちゃんがめっちゃ可愛い!

  • 亡くなった姉に卵子提供をしてできた自分の娘の養育を条件に、愛人になる契約をするヒロインのエラ。自分には貞節の条件も無い契約書を持ちだしてエラを縛る、冷酷で傲慢で利己的なヒーローのアリスタンドロス。7年前の婚約時も医師をめざしていたエラに家庭に入らないならと破局した過去も有り、どう見てもヒーロー悪い。なのに、何故かLグレアムにかかるとヒーローにも言い分はあるじゃないになる。見事です。DSだと読み返しも出来ないので本になったのは嬉しいが、題名をかえるのはやめて欲しい。新作と誤解するし、第一『甘美な代償』の方が内容に合ってる。
    エラは情婦といわれてショックを受ける。愛人とそんなにちがう?

  • ☆3.5
    ヒロイン以外はいつものリン
    ヒロインは割と冷静で自立してる。

    でも、なんかデジャヴュ感がすると思ったら、DSハーレクインの収録作品だった。ハーレはテンプレが多いから、タイトル変わると紛らわしい。
    DSで読んだ時の印象は☆4だったけど、改めて読むと出会った当時にうまくいかなかった理由があっけなさすぎた。そんなにあっけないのに復讐心に燃えるヒーローやヒロインを恨む家族についていけない。でも、自分の気持ちが見えてないヒーローはおいしいんだよねぇ。

全4件中 1 - 4件を表示

愛するがゆえの罰 (ハーレクイン・ロマンス)を本棚に登録しているひと

愛するがゆえの罰 (ハーレクイン・ロマンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

愛するがゆえの罰 (ハーレクイン・ロマンス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

愛するがゆえの罰 (ハーレクイン・ロマンス)はこんな本です

愛するがゆえの罰 (ハーレクイン・ロマンス)のKindle版

愛するがゆえの罰 (ハーレクイン・ロマンス)のオンデマンド (ペーパーバック)

愛するがゆえの罰 (ハーレクイン・ロマンス)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする