花嫁の孤独 (ハーレクイン・イマージュ)

  • 18人登録
  • 3.85評価
    • (5)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Susan Fox  大澤 晶 
  • ハーレクイン (2006年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596218087

花嫁の孤独 (ハーレクイン・イマージュ)の感想・レビュー・書評

  • 紹介の”絶望の淵に沈むとも知らずに”から、プレッシャーを期待するとハズレます。牧場まったりロマです。
    彼に助けられた時から、彼に憧れて5年。そんなある日、彼が身を固めたいとプロポーズ。何人もの女性との関係を知っているだけに、彼に気持ちがあるとは思えないと悩む乙女心を描くロマンスです。

    花嫁の契約(ハーレクイン・イマージュ I1689)の関連作ですが、単品でも楽しめます
    素直になれない彼女とのジレジレした関係はかなり焦れったい。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3400.html

  • わっかりづらいわーヒーローw
    「好きでもない女性と付き合うことで、好きな女性に何かを証明しようとしている自分」て何?5年間も一体されてたんですか貴方?意気地なしのくせにプライドの高い似た者夫婦のほのぼのHQ。

  • ふたりともかわいい
    しかしお互いに、相手の愛情を確かめないと気持ちを告げたくないと考えてるのは、ズルいよね

  • イーディ  、ホイット

  • あのホイットが、ついに身を固めることにしたんだわ。独身生活を謳歌していた、テキサス一のプレイボーイが。そう悟って、イーディは激しく胸が痛んだ。彼は身近にいる平凡な女には目もくれなかったけれど、私はホイットをずっと愛し続けてきた。この思いを永遠に封じ込めなくてはならないなんて。ところが、ホイットは思いもよらない言葉を口にした。「僕が結婚したい女性は君なんだよ」イーディの心は天まで舞い上がった―すぐさま無残に打ち砕かれ、絶望の淵に沈むとも知らずに。

    つきあう女性をとっかえひっかえしていれば、そりゃヒーローがヒロインを愛しているなんてわかるわけはないだろうと。ヒロインがヒーローへの想いを隠すのも無理はない。しかしその打開策として取引としての結婚を持ち出すなんてヒーローも思いきったことをする。素直に告白すればもっと良い形で結婚できただろうに。

全5件中 1 - 5件を表示

花嫁の孤独 (ハーレクイン・イマージュ)はこんな本です

花嫁の孤独 (ハーレクイン・イマージュ)のオンデマンド (ペーパーバック)

花嫁の孤独 (ハーレクイン・イマージュ)のKindle版

花嫁の孤独 (ハーレクイン・イマージュ)の文庫

ツイートする