花嫁までの距離 (ハーレクイン・イマージュ)

  • 10人登録
  • 2.71評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
制作 : Lucy Gordon  東 みなみ 
  • ハーレクイン (2011年12月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596222091

花嫁までの距離 (ハーレクイン・イマージュ)の感想・レビュー・書評

  • 結婚60周年を迎えたヒロインが過去を回想する。
    1938年、17歳だったヒロインは姉の恋人としてヒーローと出会い恋に落ちたーー。

    ヒーローを諦めなかったヒロインの一途さが身を結んだ。
    ルーシー・ゴードンはよくヒーローの弱さを描く。
    しかしヒーローは散々遊び回っていたことはヒロインの前で告白し反省したのだろうか…?
    愛に気づいていなかったにしてもヒロインに対する不実さは何だったのか疑問。

    2011年。

  • 主人公二人の結婚60周年パーティーから始まり、ヒロインの回想という形で進んでいくロマンス。
    ハンサムでプレイボーイなヒーロー=姉の恋人に恋をしてしまった初心なヒロイン。
    このヒーローが結構酷いことしてるんだけど淡々と書かれているせいか読みやすかった。その後に自業自得で苦しむヒーローが見れるけどこの時も何が悪かったのか分かってないんだよね。
    歳をとった二人の姿が幸せそうでじんわり来る。

  • おばあちゃま世代の若かりし頃のロマンス
    モノクロ映画のような世界。
    ヒーローも若気の至りという感じ。
    時代が古いからしょうがないけど、主役が若く、青春!って感じで
    う~ん、いい話なんだろうけど自分が読みたいものではない。

  • 結婚60年のお祝いの夜、来し方を振り返る妻。第二次世界大戦と愛に苦しんだ日々。ハンサムで身勝手で孤独なヒーローを、一途に愛するヒロイン。小さな男の子が空っぽの家の中をどこにいるの?と走り回る夢が印象的だった。2012.2

  • シリーズ1作目のピッパのおばあちゃんのロマンス。姉の恋人を好きになったディーと、ディーが好きでも自覚してない不誠実なマークの話。ハッピーエンドだしディーが幸せならいいけど、いつまでもふらふらと冒険を求めるマークに、賛成できないロマンスではある。

全5件中 1 - 5件を表示

花嫁までの距離 (ハーレクイン・イマージュ)を本棚に登録しているひと

花嫁までの距離 (ハーレクイン・イマージュ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

花嫁までの距離 (ハーレクイン・イマージュ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花嫁までの距離 (ハーレクイン・イマージュ)を本棚に「積読」で登録しているひと

花嫁までの距離 (ハーレクイン・イマージュ)はこんな本です

花嫁までの距離 (ハーレクイン・イマージュ)のオンデマンド (ペーパーバック)

花嫁までの距離 (ハーレクイン・イマージュ)のオンデマンド (ペーパーバック)

花嫁までの距離 (ハーレクイン・イマージュ)のKindle版

ツイートする