いわれなき汚名 (ハーレクイン・イマージュ)

  • 5人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Phyllis Halldorson  堺谷 ますみ 
  • ハーパーコリンズジャパン (2017年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596224538

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アリスン・ロバー...
有効な右矢印 無効な右矢印

いわれなき汚名 (ハーレクイン・イマージュ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 評価に、迷うところ。
    展開は嫌いではないけど、人物を含めた設定に色々無理がありすぎる。

  • 設定&展開が強引すぎるけど
    いじましいヒロインは嫌いじゃないのでおまけで☆4

全2件中 1 - 2件を表示

いわれなき汚名 (ハーレクイン・イマージュ)を本棚に登録しているひと

いわれなき汚名 (ハーレクイン・イマージュ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いわれなき汚名 (ハーレクイン・イマージュ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いわれなき汚名 (ハーレクイン・イマージュ)の作品紹介

「君は飲酒運転をしたあげく、僕の娘に怪我を負わせたんだ」事故の衝撃からぼんやり意識を取り戻したロビンは、車のドアを開けて寝室まで運んでくれた男性の言葉に凍りついた。翡翠のような美しい瞳を持つ彼、デイビッドは色を失っている。違うわ! 私は義理で出席したパーティでお酒をこぼされたうえに、帰り際に出会った人に急用で車を貸してほしいと頼みこまれただけ。その運転手が道に飛び出してきたデイビッドの娘をはねて、助手席で意識を失ったロビンを運転席に移して姿をくらましたのだ。だが彼女が懸命に訴えても、デイビッドは耳を貸さず

いわれなき汚名 (ハーレクイン・イマージュ)はこんな本です

ツイートする