口づけの行方―テキサスの恋 (ハーレクイン・ディザイア)

  • 18人登録
  • 3.27評価
    • (1)
    • (2)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Diana Palmer  氏家 真智子 
  • ハーレクイン (2008年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596512505

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ ハワード
有効な右矢印 無効な右矢印

口づけの行方―テキサスの恋 (ハーレクイン・ディザイア)の感想・レビュー・書評

  • 甘~い。ダイアナのヒーローにしては全然鬼畜じゃないし意外な一作だけどこれはこれであり!鬼畜なのはヒーローじゃなくてヒロインの姉で、その姉がらみの事件に巻き込まれるヒロインを支えるヒーローのお話。ヒロインが超いじらしいわけでも、ヒーローが無敵のスーパーマンでヒロインを守るわけでもないけどなんとなくほんわかして読めました。

  • ヒロインがすごく良い子。シンデレラみたいだった。
    ヒド過ぎる姉、でも最後まで最低姉であった事に逆によかったかもと読破後はなんとなく思った。
    親友ちゃんの話はないのかな?それか保安官さんのとかw

  • 内容を忘れたので売る前に読もうと思いつつ、、読む気がないまま結局売る事に。

  • ヒーローがヒロインを振り回しすぎ。
    毒親・毒姉にも人生をひっかきまわされてるヒロインが気の毒。
    麻薬がらみの事件にも巻き込まれて散々な目に遭うけど、それが元になりヒーローと親密になれたのかも?

    最後浜辺で追いかけっこするヒーローとヒロインが可愛い。

  • 欲しい

    内容(「BOOK」データベースより)
    アイヴィは物心ついたときから、自分勝手な姉に振りまわされてきた。美しい長女だけを溺愛していた亡き父が、遺産のすべてを姉に遺したため、今では経済的にも苦しい日々を強いられている。そんなアイヴィの心の拠りどころは、親友のメリーだ。ある日、メリーの家に泊まったアイヴィは、真夜中のバスルームでメリーの兄スチュアートと鉢合わせてしまう。アイヴィは彼が苦手だった。そばにいるとどうも落ち着かなくなる。しかも彼は、アイヴィが姉と同じく奔放で遊び好きだと思いこみ、辛辣な態度で接してくるのだ。だが、その夜のスチュアートはいつもと少し違った。不可解なまなざしを向けてきたかと思うと、突然、アイヴィにキスをした。

    Winter Roses by Diana Palmer

  • ダイアナ・パーマーの純白のウエデイングとどこが違うのだろうかという程、設定、話しの経過がそっくりでした。

全6件中 1 - 6件を表示

口づけの行方―テキサスの恋 (ハーレクイン・ディザイア)を本棚に登録しているひと

口づけの行方―テキサスの恋 (ハーレクイン・ディザイア)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

口づけの行方―テキサスの恋 (ハーレクイン・ディザイア)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

口づけの行方―テキサスの恋 (ハーレクイン・ディザイア)を本棚に「積読」で登録しているひと

口づけの行方―テキサスの恋 (ハーレクイン・ディザイア)はこんな本です

口づけの行方―テキサスの恋 (ハーレクイン・ディザイア)のKindle版

ツイートする