プリティ・ガールズ 上 (ハーパーBOOKS)

  • 79人登録
  • 3.10評価
    • (0)
    • (8)
    • (9)
    • (2)
    • (2)
  • 10レビュー
制作 : 堤 朝子 
  • ハーパーコリンズ・ ジャパン (2015年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596550095

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マイケル グラン...
トム・ロブ スミ...
高野 和明
トム・ロブ スミ...
桜木 紫乃
米澤 穂信
アーナルデュル・...
辻村 深月
トム・ロブ スミ...
トム・ロブ スミ...
塩田 武士
佐藤 究
有効な右矢印 無効な右矢印

プリティ・ガールズ 上 (ハーパーBOOKS)の感想・レビュー・書評

  • 本年度最高のスリラー
    この帯に惹かれ手に取る。

    裏返すと
    夫を突然暴漢に襲われ殺されてしまう主人公。
    夫の使っていたパソコンを見ると、女性に暴力を加え凌辱する動画が見つかる。

    いかにも面白そうな内容に迷うことなく購入。

    なんだろう。
    物凄く読みにくい。
    面白いだろう内容がちっとも入ってこない。

    内容については下巻で。

  • ブクログの献本に応募して当選した作品。
    Karin Slaughterが2015年に発表した長編小説。こういう作品を読むのが久しぶりだったので勘を取り戻すのに少し手間取ってしまい、家族ごとの話の切り替えが上手くいかなったけど、なれればスラスラと読めました。この上巻では、過去と現代で起こる色々な事件、そして家族、警察、FBIなど怪しい人物が次々と登場し、それらが複雑に絡み合いながら話が進んでいきます。この絡みあった糸を、本当にほぐせるのか不安になってきます。かなり気になるところで終わっているので、早く下巻を読んでスッキリしたい。

  • ミステリーの設定、ストーリーは面白いのだが、翻訳が酷く、読み難い。別な翻訳家であったなら、すんなりと読めたのではないかと思う。非常に勿体無い。

    建築家の夫と暮らすクレアは暴漢に襲われ、夫を殺害されるという悲劇に見舞われる。それをきっかけにクレアの人生は一転する。亡き夫のパソコンから見付かったスナッフ動画…果たして…

  • 出だしはゆるいがだんだん引き込まれて行く
    夫が殺されたことから完璧だった夫の隠れていた部分が明らかになってくる
    夫は殺人犯なのか?
    さて、後半が楽しみだ

  • 売れっ子建築家として成功した夫と何不自由ない暮らしを送るクレアと、元麻薬中毒のシングルマザーリディアという、同じ姉妹なのに正反対の境遇となったのが興味深い。
    普通、家からあんなビデオが出てきたら犯罪を疑うのに、警察が偽物だと取り合わないのは怪しすぎる。
    特にクレアの場合は、今まで夫が自分に見せていた面が誠実な聖人君子であった分だけ、衝撃も大きいと思う。
    三人の父親が殺人鬼と面会していたのは、自分の考えがまとめたり、現実を受け入れたりするするためなのだろうか?
    下巻の真相が気になる。

  •  オープニングから不穏すぎる。
     果たして、この物語はどんな残酷な結末に私を連れて行こうとしているのか?という不安を掻き立てる。
     世の中を不信なまなざしで見てしまう。確かなものなどないと。

  • 本サイトの献本企画に当選し上下巻をいただきました。上下巻合わせたレビューです。
    本作の特徴は、三人姉妹の末娘でありヒロインであるクレアと、二女リディアのそれぞれの立場から事の顛末が描かれる視点の二重性を持っていることと、彼女たちの亡き父が生前に残した手紙が所々に挿入され、事件の展開と部分的にシンクロするように構成されている点にあります。これらによって、一部始終が客観的に捉えられ、まるでサスペンス映画を見ているかのような感覚に浸ります。
    その証拠に、本編のストーリーは極めてシンプルで、後になってから前のページを読み返したりする必要がありません。とにかく前へ前へ読者を駆り立てるような筆致で描かれています。こういった意味からも、本書は純粋にスリラーと呼べる作品に仕上がっています。
    本作の最大の見どころは、猟奇ポルノビデオ内の拷問や登場人物のひとりが実際に拘束されるシーンなど、猟奇的部分の描写が真に迫って感じられるということもありますが、それ以上に、娘が理由もわからず行方知らずとなり、残された家族がどれほどの苦悩を抱くのかを非常にリアルに描き出していることです。この点については筆者のドキュメンタリズムが現れているのかもしれません。また、こういった事情を抱えるすべての家族に対してひとつの回答を与えようとしたのかもしれません。
    評価を★1つとしたのは、ストーリーが単純で意外性に欠けることと、ほぼすべての登場人物の行動が短絡的で無計画なので知的スリルが楽しめないことが理由です。あと、誤植が多いですね。

  • 夫のポールと一緒にいたクレアは路地で暴漢に襲われる。
    結果夫が亡くなってしまい、その葬儀の最中に家が空き巣に狙われその捜査にFBIまでがやってくる。
    不幸続きのクレアが見つけたものは夫が残した動画。


    と、当たり障りなく書けばこんなカンジ。
    ヤク漬で文句たれな美女がたくさん出てきて、長い間音信不通だった姉妹がやっと少し肩を寄せ合いました。
    まだ物語が大きく動かないので★★★。

  • 面白そうだったので応募したら当選した。嬉しいです。でも年末のバタバタでまだ読む時間が確保出来ず!!年明けたら読むぞー!
    そしてようやく読み始めました。と思ったら一気に上巻読了。思いのほか引き込まれてページが進みます。感想は下巻でまとめて。

全10件中 1 - 10件を表示

プリティ・ガールズ 上 (ハーパーBOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プリティ・ガールズ 上 (ハーパーBOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

プリティ・ガールズ 上 (ハーパーBOOKS)の作品紹介

成功した夫と美貌に恵まれ、なに不自由ない生活を送っていたクレア。だが、ある日暴漢に夫を殺されたことから、彼女の人生は暗転する。葬儀中、自宅に強盗に入られたクレアは、刑事に加えFBI捜査官が事情聴取に現れたことを不審に思い、夫のパソコンを調べ始める。そこで見つけたのは複数の不審な動画ファイル。それは若い女性が拷問され、犯されて惨殺される猟奇ポルノだった…。

プリティ・ガールズ 上 (ハーパーBOOKS)はこんな本です

プリティ・ガールズ 上 (ハーパーBOOKS)のKindle版

ツイートする