少年探偵ブルーノ 猫は殺人事件がお好き (ハーパーBOOKS)

  • 77人登録
  • 3.13評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : 加藤 洋子 
  • ハーパーコリンズ・ ジャパン (2016年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596550286

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
トーン テレヘン
ミック・ジャクソ...
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

少年探偵ブルーノ 猫は殺人事件がお好き (ハーパーBOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かったのは面白かったのだけれど、文章があんまり合わなかったみたいで頭にすっと入ってこなくて時間がかかってしまった。

    続きがありそうな感じだけれど…どーかなぁ…。

    無謀で自信家なこの少年は子供らしくかわいくもあるのだけれど最後の最後まで反省も謝罪もしないってのがなぁ…。

  • 元私立探偵の父親に憧れ、探偵を夢見る少年ブルーノ。好きなものは推理ドラマと愛猫ミルドレッド。

    話が二転三転して最後までわからず、なかなか面白かった。
    ただ、何の権限も持たないブルーノが証拠を見つけても警察に渡さないのが・・・。
    あれじゃスキナー警部に睨まれても仕方ない。

  • 献本で当たったので読んでみた。
    初めは子供向けの本なのかな、と思ったが案外そうでもなさそう。
    内容はオーソドックスな推理小説で状況が後半から一気に変わり過ぎて、わけがわからなくなりそうだった(笑)
    あと主人公のブルームがもっと早く証拠を出せばすぐに解決出来たはずなのにそこが気に入らなかった。

  • 献本でいただきました。ありがとうございました。
    元私立探偵の父と、そんな父に憧れる少年。二人がそれぞれに殺人事件の調査をするミステリ。
    全体的にライトなノリで読みやすかったし、二転三転する展開も面白かった。事件そのものはこんな微笑ましい表紙のイラストには似つかわしくないヘビーさでしたが。
    次々出てくる容疑者、見つからない証拠、見つからないミルドレッド…最後の最後まで展開が読めなくってハラハラしました。
    ですが、主人公の少年探偵(気取りの)ブルーノがどうも…。
    11歳の一般人なので、もちろん何の権限もないんですが、捜査がらみになるとやたら偉そうで。しかも証拠を大人に渡さないんですよね。
    それ早く渡してればもっとすぐ解決したんじゃないの、って思うレベルで。
    しかも両親が息子にあまいので、何度怒られても全然反省してないのがなー…。これはさすがにスキナー警部に同情する。
    ミルドレッドがらみのところは年相応で微笑ましかったのに、友達の非難も響いてなさそうだったので、これからが心配。。。

  • なんと献本に当選した。
    オーソドックスな探偵小説。
    登場人物たちが論理的に振る舞っていなくて、それがまた人間らしいなあ、と感心した。あと回想シーンの見せ方が上手。

  • 最後の最後まで犯人の可能性がある人物が複数人、謎が解かれていく過程が11歳の少年ブルーノの推理という形で進められていたので、読み手はちょっと惑わされつつ、そこがまた予測不可能な感じでワクワクさせられてよかったと思います。可愛い探偵君のお話かと思いきや、現代社会の問題もいくつか組み込んで扱われており、なかなか読み応えがありました。

  • 献本企画で初Getの1冊。
    探偵ごっこ大好きのブルーノ少年。
    ちょっと小賢しいところはあるけど、両親も、猫も友達も大事に思っているいい子。
    事件そのものは、小さな地域のことで、容疑者もそう多くはないからややこしくはない。
    ブルーノ少年の子供っぽい(って子供なんだから当たり前だけど)を奮闘を微笑ましく楽しむお話。
    猫のミルドレッドが、もうちょっと事件に関わってくるかと思ったけど、現実ではこれぐらいで当たり前だよね。

  • 2016/09/18

  • 11歳の少年・ブルーノが名探偵たるべく奮闘する物語。愛猫のミルドレットと共に。物語としては、うーん、ちょっと物足りない感じ。なによりブルーノに共感するのが難しかったです。

  • 前半まで読んだところ。

    原著はあくまでも大人の本で、父ちゃんが主人公みたいですね。(アマゾンの紹介を読んだ。)
    かわいらしい表紙とタイトルから、もうちょっと子ども寄りなのかなと思ったけれど、事件もどろどろしてるし、全体に薄暗い雰囲気がただよっているのがミスマッチといえばミスマッチ。ちょっとふしぎな感じ。

    ***

    読み終わった。
    うーん、やっぱりブルーノのなりきり度合いがちょっと度を超えている気がしてあまり応援しながら読めないんだよね。あと、終盤にかけてのむりやりな(?)どんでん返しの連続がなあ……。

全10件中 1 - 10件を表示

少年探偵ブルーノ 猫は殺人事件がお好き (ハーパーBOOKS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

少年探偵ブルーノ 猫は殺人事件がお好き (ハーパーBOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

少年探偵ブルーノ 猫は殺人事件がお好き (ハーパーBOOKS)の作品紹介

11歳の少年ブルーノは、いつの日か父のような名探偵になるのが夢。お手製の名刺を配り、事件はないかと日々ご近所に目を光らせているが、最近変わったことと言えば、愛猫ミルドレッドの様子がどこかおかしいことくらい。そんな時、事件は起きた――向かいに住む友達の母親が何者かに殺されたのだ!
しかも時同じくして愛猫も姿を消し、死体のそばには猫の血染めの足跡が…!?キュートな探偵、登場。

少年探偵ブルーノ 猫は殺人事件がお好き (ハーパーBOOKS)はこんな本です

少年探偵ブルーノ 猫は殺人事件がお好き (ハーパーBOOKS)のKindle版

ツイートする