刑事ファビアン・リスク 顔のない男 (ハーパーBOOKS)

  • 155人登録
  • 3.96評価
    • (7)
    • (11)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 17レビュー
制作 : Stefan Ahnhem  堤 朝子 
  • ハーパーコリンズジャパン (2016年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (659ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596550378

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
ジェフリー ディ...
恩田 陸
小野 不由美
米澤 穂信
又吉 直樹
高野 和明
ピエール ルメー...
三浦 しをん
村田 沙耶香
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

刑事ファビアン・リスク 顔のない男 (ハーパーBOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • デビュー前映画やテレビドラマの脚本家として活躍していた作者の小説だけありエンターテイメント性の高い作品。

    リスクの基礎学校9年生時代の同級生、嫌われ者のいじめっ子が次々と無残な姿で殺されていく。これは少年時代のいじめの報復なのかと思ったが、いじめっ子だけで事件は終わらず、いじめを見て見ぬふりしたクラスメイト全員が狙われていく…
    物語前半のいじめの報復かというところまではとても好みだった。後半はストーリーも犯人も動機もそして主人公も盛り上がりに欠けていた。

    いかに長く苦しむかを重点に置いた殺し方に気分が悪くなった。1章が短くスピーディな展開で引きずらず読んでいけたので助かった。

    過去の事件やドゥニャの上司との確執などまだ先があるようだけどリスクシリーズは読むか微妙。この作者の他の作品は読んでみたい。

    主人公リスクが好きになれなかった。チームの輪を乱す問題行動。リスクのおかげで捜査が進展したところもあるけど、マイナス面の方が目につく。ダメなジャック・バウアーって感じ。
    ガソリンスタンドの件も女を殴るところ(1度目は仕方ないけど)も過去の署で起こった事件も全部いや!家族に対しても煮えきらない態度だし、奥さんとのいざこざはもうどうでもいいよ。

    スェーデン警察の刑事たちはみな優秀で個性的でいい。刑事もの特有の女性差別もなくみなまとまっていた。リスクではなくこちらをメインにした方が面白いと思う。
    デンマーク警察の女刑事ドゥニャの存在もよかった。彼女の上司は許せない。

    北欧ミステリが日本でも定着しているらしい。他はどんな作品があるのだろう。

  • グロテスクな感じ?でも気になる…。

  • こういう殺人ミステリー大好き‼︎

  • スウェーデンミステリーから、また面白いシリーズが出た。

    あらすじ
    ファビアン・リスクは、事情があって家族で地元に帰る。ところが、立て続けに中学のクラスメートが殺された。初めはいじめっこばかりが狙われていたが、どうやら全員が標的らしい・・・

    すごい早さで被害者が出て、犯人もはっきりしない。誰の記憶にも残らない影の薄い生徒だったから。テンポも良くて面白いけど、この事件って、主人公には後々トラウマになるんじゃないだろうか?

  • 人 死に過ぎ。残酷さはルメート以上か。
    趣向てんこ盛り、だが長過ぎ。
    カリン スローターを続けて読んだ後だったので、余計に疲れた。
    でも間違いなく次も絶対読む。警察小説としてとても良かったので。

  • サスペンス感たっぷりのスピーディな展開に一気読み。特に後半のハラハラドキドキ感がすごい。怒濤の如く読み終えて、ハーッと一息つき、少し冷静になって考えると、犯人の動機が弱いような気もする。ここまでするかなあ。挿入される「日記」については、お見事の一言。これはやられた。

    スウェーデンでは75人に一人が読んだ計算になる大ヒット作だそうで、これって日本だと150万部以上の大ベストセラーということになる。凄惨な連続殺人ものなんだけど…。

    寛容な福祉国家、性の先進国、ヴァイキング、ノーベル賞…、多様なイメージが浮かぶ北欧最大の国スウェーデン。近年はミステリも注目作が目白押しだ。これはシリーズ作だそうで、続きが楽しみだ。

  • 平成29年5月5日読了

  • 2017.4.29

  • またまた北欧小説。舞台がスウェーデンということで、ドラマ「キリング」などのお馴染みの景色が背景となってより楽しく読めた。
    連続殺人とそれを追う刑事。被害者はかってのクラスメイトでいじめの実行者たち。当時いじめられていた男を容疑者として追うが…。
    前半からテンポが良く一気に読み上げることは出来たが、何故か話が中盤から構成が弱くなってきて、せっかくの人間関係や多彩な刑事達(スェーデン、デンマーク)のドラマもどんどん曖昧になってきてラストは腰砕け。しかも主人公の家庭ももっと描くはずだったろうに(息子の手記とか中途半端)、これまたお茶を濁して終わり。
    犯人も意外性も何もなく、結局なんだったの?という感じだし、それぞれのドラマも中途半端。シリーズものかもしれないけど、もっとしっかり完結させないと。
    北欧サスペンス特有の妙な残酷さ(殺害方法)、どの小説にも共通な女性へのバイオレンス(レイプ等)もマイナス点。
    疾走感はあったので次の作品に期待。

  • クラスメイトへの過去の虐めに対する復讐と思いきや‥
    思い出せないクラスメイトはたしかにいるけど、何もないっていいのは‥日本以外だとよくあることなのかな。
    ラストの犯人の行動がそれまでとは違って大胆だったのは慢心なんだろうけど、人間ぽい行動でもあるな。

全17件中 1 - 10件を表示

刑事ファビアン・リスク 顔のない男 (ハーパーBOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

刑事ファビアン・リスク 顔のない男 (ハーパーBOOKS)のKindle版

ツイートする