ハンティング 下 (ハーパーBOOKS)

  • 26人登録
  • 3.31評価
    • (0)
    • (4)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 鈴木美朋 
  • ハーパーコリンズ・ ジャパン (2017年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596550460

ハンティング 下 (ハーパーBOOKS)の感想・レビュー・書評

  • 犯人見えてきてから、スピードあがって、面白かった。

  • 上巻から被害者はどんどん増えていくのに捜査は相変わらず遅々として‥
    どんな展開になるのか仕事してても気になって仕方ないったら‼︎
    そして残り十数ページで一気に‼︎
    何気に寝不足は続きます
    登場人物も魅力的に描かれています
    はぁー 読み終わってスッキリ‼︎

  • 設定が凝ってる分、感情移入はしやすいけど、肝心のお話がちよっと尻すぼみかな〜

  • カリン・スローター『ハンティング(下)』ハーパーBOOKS。

    第1の犠牲者に続き、第2、第3の犠牲者が。そして、第4の犠牲者が…依然として見えぬ犯人の正体…

    最近では珍しいサイコ・ミステリーであり、最後の最後まで犯人の正体が解らないというジリジリとした展開が面白いと思った。しかし、犯人の正体が解り、全ての伏線が回収された瞬間には何故か随分と小さくまとめてしまった残念な作品という感想を持った。

    その理由は2点ある。1点目は、果たして、ウィル・トレントと共に主人公として描かれるフェイス・ミッチェルの妊娠と糖尿病は描く必要があったのかという疑問を感じたこと。2点目は、途中まで重要な役割を演じた医師のサラ・リントンの影は次第に薄れ、最後に付け足したようなサラの夫の死にまつわる秘密が判然としないこと。以上のことから、贅肉が多く、ミステリーとしての骨格が今一つはっきりしない残念な作品という感想を持ったのだと思う。

    上巻を読み終えた限りでは、これまでに読んだカリン・スローターの作品の中では一番スリリングで、恐ろしく、面白いミステリーだと思ったのだが…

全4件中 1 - 4件を表示

ハンティング 下 (ハーパーBOOKS)のKindle版

ツイートする