通い猫アルフィーとジョージ (ハーパーBOOKS)

  • 49人登録
  • 4.29評価
    • (6)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 中西 和美 
  • ハーパーコリンズ・ ジャパン (2017年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596550637

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トーン テレヘン
宮下 奈都
原田 マハ
辻村 深月
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

通い猫アルフィーとジョージ (ハーパーBOOKS)の感想・レビュー・書評

  • 大好きなシリーズの第3弾。
    今回が一番嬉しくなって感動して泣けた。

    今回はあのアルフィーがなんと「父」になる。
    仔猫のジョージが家族に加わり色々振り回されるアルフィー。
    何をしても可愛い、と親バカぶりを発揮しすっかりジョージの肉球の上で転がされる始末。
    正直あのアルフィーがこんにも仔猫にメロメロになるとは意外だった。

    また今回はジョナサンにも感動した。
    第1弾では常にマイペースで気儘な独身生活を謳歌していたジョナサンが、あんな立派な決断ができる人になるとは…。
    そしてアルフィー、穏やかな愛情に気付き大人の猫として成長したね…。

    この世は思い通りにならなくて溜め息をつくことが多いけれど、アルフィーのお陰で人も猫もみんなが幸せを掴んだ。
    世界を変えるのはやはり猫なのかもしれない!と強く感じた第3弾。
    早い内に第4弾でまたみんなに逢いたい。

  • 今回もおもしろかったし、素敵だったー!
    ますます猫が好きになる。
    ジョージが可愛すぎるし、仲間の猫たちも本当にいい子たちばかり。

    最後に養子を迎えるシーンは、とても感動してしまい、涙…
    本当に、血より大切な縁があるなぁとしみじみ思う。
    これからも、みんなが幸せに暮らせますように。

  • アルフィーシリーズ第3弾!
    1作目から大好き。

    今回は初恋が突然終わり、その悲しみと向き合いながらジョージという可愛い仔猫の父親代わりになるアルフィー。
    どんな人間も猫も魅了してしまうジョージの存在が、この作品の鍵になってる。
    相当可愛いんだろうな…♡
    人間の悩みや街の問題を放っておけないアルフィーは、相変わらず解決に忙しそうにしていて、またアルフィーを取り巻く家族や仲間たちの団結力にも脱帽。
    ごみばこ頼れるなー。

    アルフィーシリーズはいつも心に響く文章があって、アルフィーから色々教えてもらったり、改めて考えさせられる事が多い。

    次作も楽しみに待ってます!

  • このシリーズ、ベタだけど、読むと癒されるんだよなぁ〜!まだまだ続いて欲しいな!

  • アルフィーかわいいなぁ。スノーボールとタイガーのことはちょっと予想外だった。
    ジョージを溺愛してしまうアルフィーその他の猫たちがもうなんか可愛いしいじらしいし1回本を閉じて呼吸整えてから読んだりした。
    平和がいいよね。毛づくろいしてゆったり眠れる。それがいちばん。

  • あーもうアルフィーかわいいなぁもう。なんだかオトナになってしまったねアルフィー…。
    幸せだったり辛かったり、悲しかったり嬉しかったり。大きくて優しくて温かい愛に包まれたお話。

    そしてなにより、猫への愛がぎゅーっと詰まっていて読んでるだけでとても幸せな気持ちになるよー。

全6件中 1 - 6件を表示

通い猫アルフィーとジョージ (ハーパーBOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

通い猫アルフィーとジョージ (ハーパーBOOKS)はこんな本です

通い猫アルフィーとジョージ (ハーパーBOOKS)のKindle版

ツイートする