未来化する社会 世界72億人のパラダイムシフトが始まった (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

  • 153人登録
  • 3.79評価
    • (7)
    • (15)
    • (11)
    • (0)
    • (1)
  • 12レビュー
制作 : 依田 光江 
  • ハーパーコリンズ・ ジャパン (2016年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596551078

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
リンダ グラット...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

未来化する社会 世界72億人のパラダイムシフトが始まった (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)の感想・レビュー・書評

  • どれ程凄い情報が入っているかと期待したが、
    一般の情報メディアで提供している情報と変わらなかった。
    専門家ではないので細切れの情報の寄せ集め。

  • ヒラリー・クリントンがオバマ政権時代に国務長官を務めていたときに、そのイノベーション担当上級顧問だった著者が描く未来の社会。その任に付く前は、大統領予備選でオバマ陣営でテクノロジーおよびメディア対策のリーダーを務めていた人物だ。色々な世界を見て、色々な話をその筋の専門家から聞いてきたのだろう。

    未来学は「シンギュラリティ」という名前とともに最近流行になっている。つい先日没した未来学の先駆者アルビン・トフラーと違い、技術の指数的進化による社会の大変化がそのテーマだ。レイ・カーツワイルの著書『シンギュラリティは近い』がその代表格であるが、その中で彼は鍵を握る技術分野として「GNR」- Gene(遺伝学)、Nano (ナノテクノロジー)、Robot (ロボット工学・AI)を上げている。

    著者はその広い知見から、未来の産業として「ロボティックス」、「ライフサイエンス」、「金のコード化」 、「サイバーセキュリティ」、「ビッグデータ」を挙げる。GeneとRobotはカーツワイルと共通しているが、より情報化社会の先鋭化の影響を重く見ているように思える。

    ロボットについては、今のロボット・AIの状況をインターネットの黎明期になぞらえて、今後シンギュラリティと呼ばれる状況が近いうちに訪れるとしている。著者はロボットと雇用の関係にも職業柄敏感である。高齢化社会の介護などに職種にロボットのサポートが必要になるとともに、自動運転カーもロボットの一種だが、これがタクシー運転手の雇用を奪うこともある程度見えている。いずれにせよロボット・AIが社会と生活を変えていくことは確実だ。

    次に著者が大きく未来社会に影響を与えるであろうと考えているのがゲノムの分野だ。これについても大いにその通りである。この影響についてはいくら大きく考えても考えすぎることはないほどだと思っている。今後ゲノム解析のコストが劇的に下がっていくことは確実で、個人でもゲノム検査が当たり前のように行われるだろう。著者は、多くの病気がゲノム技術によって克服され、寿命が延び、1兆ドル産業に成長するだろうと予言する。たとえば、がんの対策も大きく進歩するはずだ。 一方で、デザイナーベイビーやゲノム差別などゲノム解析のダークサイドにも触れている。その良し悪しは置いて、人間について今後の二十年間でわかることは、これまでの何世紀かでわかってきたことよりも格段に多くなるという。これに対してどのように準備するのかが重要になるだろう。

    次に著者が「金のコード化」という言葉で言及したのは信用のコード化=共有経済の発展だ。ここではビットコインで導入されたブロックチェーンという技術がブレークスルーとして紹介される。ブロックチェーン技術は銀行にも法律にも会計の各分野にも適用されることになり、そこで必要とされてきたコストと摩擦が劇的に下がることになるという。一方、技術の進化に伴って共有経済が拡大するということは、そのプラットフォームを所有するどこかに資金が集まり、経済格差が広がることを意味する。すでにUberの例でグローバルな範囲でタクシーの収入が国境を越えてプラットフォーマ―であるUberに集まっていると指摘する。

    次がサーバーセキュリティだ。五十年先まで安心な職業は、サイバーセキュリティだと自信を持って宣言する。 特に多くのものがネットにつながるIoTの時代にはセキュリティが最重要課題だ。Ciscoの前CEOのチェンバースは、インターネットがこれまでの歴史において与えた影響よりも今後の十年間の方が世界に与える衝撃度は大きいと予言した。2020年にかけて、ネットにつながる機器は400億台に増加し、IoTの世界市場は19兆ドルに達するという。そこにおいてサイバーセキュリティの重要性については強調しすぎる... 続きを読む

  • 著者はヒラリー・クリントンの知恵袋だったという人物で、テクノロジーの進歩が未来に与える影響について考察。
    基本的にはグローバル化によって一部の人はより儲けるようになるが、多くは蚊帳の外におかれる。中国やインド、さらにアフリカが今後は大きく延びるだろうし、ルワンダやエストニアのように情報化とオープン化を選択した国は大いに発展するだろう、という論調。

    ・ロボットは日本が進んでいるが、これは神道のアニミズムによる。モノにも魂が宿ると考える日本文化は、ロボットを人間のパートナーとして受け入れやすい

    ・自動運転が主流になり、必要な時に呼び出して目的地まで送り届けるという時代になれば、駐車場システムは不要になる。交通事故も減るだろう。しかし、年間百万人以上の死亡事故が数十万になったからといって受け入れられるだろうか。おそらく無理だろう。ロボットカーが広まるためには完全に近い安全性を立証する必要がある。

    ・ガンの治療は、ガン細胞のDNAと正常な細胞のDNAをそれぞれシーケンシング機にかけ、変異している部分がどこか。それはどういう働きをしていてどういう治療が効果的か、を調整していく時代になる

    ・中国は、インターネットの世界に参入が遅れ、恩恵をうけそこねたという大きな後悔がある。次の一兆ドル産業としてゲノミクスを想定しており、その覇者になる決意を固めている。

    ・共有経済が拡大すると、テクノロジーのプラットフォームを持つ、世界のどこかの場所(シリコンバレーなど)にカネは流れていく。イタリアのミラノやフランスのリヨンには小さなタクシー会社がいくつもあり、そのオーナーともなれば数億円の資産はあった。しかし、ウーバーによって、これらの会社の利益のかなりの部分がシリコンバレーのウーバーの株主に移った。もちろんこれは、ベンチャーや未公開株式投資ファンド、それに投資する年金基金、、、として一部は埋め合わされるが、実際に車を運転する人たちには年金もないし、損失のすべてが埋め合わされるわけではない

    ・仕事もますます細分化され、時間を切り売りする仕事になっていく。共有化された経済では社会保険もなく、労働者の生活の質は下がる

    ・ビットコインは通貨というよりも、ブロックチェーンという新しい可能性を駆使し、手順として存続することだ。今後は株券や債券もすべて台帳の上で取引荒れるようになるだろう。

    ・ビッグデータの利用として、精密農業がある。農地のどの部分にどれだけの肥料・水が必要かを最適化することで大幅に効率があがる

    ・外国語のスキルは一要素にすぎない。これからの子供は技術かプログラミングか化学の用語をつかいこなせなければならない。ビッグデータやゲノミクス、サイバーセキュリティ、ロボティクスなどの背景にあるコーディングの言語にも習熟しなければならない

  • おしいな。ちょっと上っ面って感じがするんだよね。まあでもfactとしては面白い話もある。政府統計にそのままあたればいいのかもしれない。アフリカのところとかはすごいためになる。ルワンダが熱いとか。

  • ロボット、ゲノム、デジタル通過、サイバーセキュリティ、ビックデータの5つの未来産業の解説。
    さらなる未来は?今後はの推定。

    世界は急速に変化していくのだな〜〜(^^)

  • インタビューから話を構成している。これといって専門のものではない。卒論や授業で使うのは難しいが、話のきっかけとしてはいい。

  • 主にITとライフサイエンスが未来に与える影響について解説している。未来といっても、現実の最先端事例を紹介しているものであるが、あまり知らないことも多く、こんなところでこんなイノベーションが起こっているのかと感心させられる。特に、エストニアとベラルーシの事例に驚いた。オープン戦略をとるエストニアのE-Regidency(電子居住権)の事例が先進的で面白い。これこそ未来の政府だ。これからはグローバルでビジネスを展開するなら、エストニアに本拠地を置くのがいいのかもしれない。逆にクローズド戦略をとるベラルーシの未来は心配だ。また、アフリカが持っているポテンシャルは現在先進国と呼ばれている国々に対する驚異になりそうなのことも分かった。一方で、日本の将来は悲観的にならざるをえない。というとこで、子供にはプログラミングを学ばせようかな。IT技術者にするつもりは毛頭ないけど、ビジネススキルのひとつとして様々な場面で活用できそうだから。

  • ロボティクス、ゲノミクス、サイバー、ビッグデータそして通貨・市場・信用のコード化に関するイノベーションは、この先どのような環境で起こりうるのか。変化が激しく先見が困難だと感じる現代にあって、高い信憑性をもって示唆してくれる。序章では、福祉分野における日本のロボット工学の先進振りを取り上げられ、先日のNHKの特集でも観たので大いに誇らしく、我が国もまだ展望ありなどと安堵する。どっこい最終章では、女性の労働力を生かしきれず、さらに年功重視で若者への投資か不十分な日本への警鐘あり。エストニアやルワンダの変革など、学ぶべきことが多い。

  • テクノロジーによる未来の変化について、様々な分野をカバーしている本。
    インパクトの領域や進化の仕方などについては、特に新しい要素はなかったが、いくつか知らない事例があった。

    Base Health社genophen
    Rivive & Restore(PJT)
    モンサントの Field Script
    ケニア iCOW

  • 産業の栄枯盛衰の歴史をプロローグに、ロボット、ゲノム、通貨・市場・信用そして戦争のコード化やデータが作る未来を考察し、市場の地勢学的観点から国や地域の現状と将来について分析する。科学技術の進歩は明るいと未来をもたらすと楽観的に展望するも、新しい産業についていけない人々を思いやる優しい視線に好感が持てます。また、現状については素晴らしい分析ですがが、未来の予測に関しては抽象的な展望に留まり、その意味では、やや期待はずれでした。

  • アフリカがすごいチャンス。これからはプログラミングかその他なんでもいいから手に職になるような技術。
    ゲノミクスや人工知能などの最先端の事情を知れた。本当に、これからどんな未来になるか楽しみ。そして、自分の数年後の仕事にも思いを馳せたり。アイデアを磨かないと価値がなくなっていく。

全12件中 1 - 12件を表示

未来化する社会 世界72億人のパラダイムシフトが始まった (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

未来化する社会 世界72億人のパラダイムシフトが始まった (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

未来化する社会 世界72億人のパラダイムシフトが始まった (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)の作品紹介

ヒラリー・クリントンの元参謀として世界80万キロを行脚した未来学者ロスが、ロボット・ゲノム・暗号通貨…6つの産業がもたらす大変革( パラダイムシフト) を徹底予測。「これからの経済」をわかりやすく紐解く最強の書。「中流層」や「国境」の意義は、今後20年以内に変貌するだろう

未来化する社会 世界72億人のパラダイムシフトが始まった (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)はこんな本です

未来化する社会 世界72億人のパラダイムシフトが始まった (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)のKindle版

ツイートする