ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

  • 246人登録
  • 4.09評価
    • (11)
    • (15)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
  • ハーパーコリンズ・ ジャパン (2017年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596551221

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 正確には未だ理解できず

  • 現在自分困っている課題に対して適切なプロセスを与えてくれる本だった。
    書評まとめる。

  • 他の本を読む暇があったら、めちゃくちゃ時間はかかってもこの本を読んだ方が良い。

    不勉強だからかもしれないが、日本人がこの濃度で一般書を書いてるのを見たことがない。

    こういう研究を、時間をかけても積み重ねていく、積み重ねる力の強さは日本人にはない強みと思うし、心から羨ましい。尊敬できる点だ。

  • そしてイノベーションの核心は松下幸之助に戻る:
    「無理に売るな。
    客の好むものも売るな。
    客のためになるものを売れ。」

  • jobについてはよく言われてきて、「人はドリルが欲しいんじゃない、穴を開けたいんだ」はよく知られている。私もこの本が出た時には、何をいまさら、とちょっと思った。が、20年をかけたと言っているだけあって内容は濃い。『イノベーションのジレンマ』が「なぜ、失敗するのか」ということをデータで検証しているのに対し、本書は「なぜ、成功したのか」をいくつもの事例から帰納的に検証、それは時間もかかるわけだ。もともとのタイトルは『Competing Against Luck』「運と戦う」とでも言うのか。運に任せるのではなく、ジョブを特定し、求めれる体験を構築、ジョブ中心でプロセスを統合し、顧客体験を設計せよと説く。原題のままでは、「これジョブじゃないか」と言われそうだからあえて邦題を『ジョブ理論』にしたのだろうか。マーケター必読かな。

  • 衝撃の「イノベーションのジレンマ」の著者による20年間の思索の結果をまとめた「ジョブ理論」。

    「イノベーションのジレンマ」以降のクリステンセンを追っかけている人にとっては、どこかで聞いた話しなのかもしれない。

    あるいは、マーケティングの最近の理論の発展から見ると「当たり前」の話を整理しただけ、なのかもしれない。

    クリステンセンへの期待が大きすぎるのか、やや期待はずれという評価も多そう。

    私は、「イノベーションのジレンマ」以外は読んでいないし、マーケティングより経営戦略論を中心に本を読んでいるせいなのか、素直にかなり面白かった。

    「イノベーションのジレンマ」が、どちらかというと、「どうして破壊的イノベーションに負けてしまうのか」という「負ける」サイドに立っていた本であったのに対して、こちらは「どうしたらイノベーションが起こせるのか」という「勝つ」サイドにたった本。(にもかかわらず、表紙の帯には、「なぜ、あの商品は売れなかったのか?」と書いてある。日本人って、やっぱり、「こうしよう」というより「なぜダメか」にフォーカスするのが好きなんだね〜〜〜。)

    要約すると、顧客のニーズではなくて、具体的な「片付けるべきジョブ」にフォーカスすることによって、イノベーションが運任せでなく起こせる、ということかな。

    ということは、組織も「ミッション」ではなくて、具体的なジョブにフォーカスすることで、一人一人の自発性が促せる、というになる。

    しばし、この「ジョブ」というメガネを通してものを見てみよう。

  • 名著「イノベーションのジレンマ」のクリステンセンが20年かけてまとめた理論がこれ? 肩透かし感が半端ない。
    "ジョブ理論"という言葉は新鮮ですが、中身はありふれたマーケティング論と同じ。アマゾンやウーバーの事例もあるにはあるが、浅すぎる。
    ジョブ理論をざっくりいうと、
    1.ジョブは機能面だけでなく、感情面、社会面も重要
    2.機能ではなく体験を提供する(体験の構築)
    3.ユーザー体験中心に社内プロセスを統合する
    以上。

    数あるマーケティング論、組織論の中にあってで、"ジョブ理論"は何が新しいのだろうか?
    ただし、いったん成功を納めた企業がなぜ顧客のジョブを見失うのか?データによる誤謬や効率性を追求することのリスクの指摘は、示唆に富んだ内容であった。

  • Competing against luck
    20年

  • 『ジョブ理論』ただの名著でした。今年のベスト本かなりトップ。冒頭のミルクシェイクの逸話から、ニーズだけでイノベーションが起きないことが良くわかる。むしろ「無消費者」の存在に想いを馳せる事から、ドリルではなく穴を埋める思考が生まれる。

    ミルクシェイクのジレンマ p26

  • 顧客が「商品Aを選択して購入する」ということは、「片づけるべき仕事(ジョブ)のためにAを雇用(ハイア)する」こと
    である -- 。クレイトン・クリステンセンが『イノベーションへの解』で発表した成長理論を、本書で詳しく解説する。

    この本を「雇用」する理由
    第1部 ジョブ理論の概要
    第2部 ジョブ理論の奥行きと可能性
    第3部 「片づけるべきジョブ」の組織

全10件中 1 - 10件を表示

カレン・ディロンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
ジェームス W....
チップ・ハース
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)を本棚に登録しているひと

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)を本棚に「積読」で登録しているひと

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)はこんな本です

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)のKindle版

ツイートする