藁くじの花嫁 (ハーレクイン・ヒストリカル文庫)

  • 25人登録
  • 3.72評価
    • (2)
    • (9)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : Dallas Schulze  上木 さよ子 
  • ハーレクイン (2004年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596710079

藁くじの花嫁 (ハーレクイン・ヒストリカル文庫)の感想・レビュー・書評

  • 初作家さん 読みやすくて面白かった
    ヒーローが“藁くじ”で結婚を決めたことを知ってヒロインが激高 ヒーローが毎晩、納屋でひとり寝をさせられる←新婚でこれはツライな ヒロイン、プライド高すぎるよー あんたが納屋で寝たらどやw   
    この時代、20才で、いきおくれと呼ばれるのかぁ キツイな (一一")

  • 再読でしたが、やっぱり好きなお話でした///

  • ヒーローがヒロインに言葉できちんと気持ちを伝えて欲しかった。

  • 牧場主ヒーローx賭博師の娘ヒロイン

    ヒーローに靴投げつけて傷つけたりヒロインがなかなか逞しい。
    たまたまヒロインが家事が得意だったからいいものの
    結婚したその日から食事洗濯人の世話って大変すぎ。

  • ヒストリカルは本が厚くて敬遠していたのですが、これは面白かったです。いじわるなお金持ちの夫婦に引き取られて育った、心優しいしっかりものの孤児であるヒロインが、ハンサムなカウボーイのヒーローと結婚して幸せになる話です。

    ヒーローはお金持ちなんだけど、玉の輿とはちょっと違う気がします。カウボーイのヒーローは広い牧場を持ち、勤勉で毎日牧場で働いていて、ヒロインは彼と彼の仕事仲間のために毎日多量の食事を作ったり洗濯をしたりするのです。ヒロインが喜んでやっているからいいものの、すごく大変そう。

  • 原ちえこさんの漫画を読んでから、ずーっと原作を探していて、やっとブックオフで巡り合えた作品です。
    手に入れて嬉しかったので中々読み進められませんでした。
    読んでみたらとっても面白かったけど、漫画の方が好きかな。
    原作の方がヒロインがたくましいんですよね。
    ヒーローもあらくれカウボーイだし。
    漫画の方がマイルドに表現してます。

    ヒストリカルというとリージェンシーが多い中、南北戦争後のアメリカが舞台というのがちょっと新鮮でした。

  • ☆4.3 楽しく読める佳作。
    ヒロイン・ヒーロー共に好感が持てるし、コミカルなシーンもあり、テンポ良く読める。ちょっと喧嘩が長いかな? 
    漫画の方が☆が多いようだが、私は断然原作派。

                 
    出版社 / 著者からの内容紹介   
    両親を亡くし、叔父の家に来て6年。エレナーは一刻も早く家を出たかった。
    家政婦のようにこき使われる毎日。美人だけど意地悪ないとこ。家庭を持って、愛する人のために働きたい・・・。
    ある日、大牧場主のマクレーン兄弟が教会を訪れる。ハンサムで独身の二人は注目の的。その兄のルークにエレナーは突然求婚され・・・。

    内容(「BOOK」データベースより)
    バー・M・バー牧場のマクレーン兄弟は決断を迫られていた。母親が死んで三年、もうまずい食事にも汚い部屋にもうんざりだ。いま着ているシャツもいつ洗濯したか覚えていない。それに後継者のこともある。この家には家政婦ではなく、どうしても花嫁が必要だ。問題は、兄も弟も結婚する気がないことだった。そこで二人は、ほうきから二本の藁を抜いて、どちらが結婚するかをくじで決めることにした。かくして短い藁を引いた兄の、不本意な花嫁探しが始まった。

全7件中 1 - 7件を表示

藁くじの花嫁 (ハーレクイン・ヒストリカル文庫)はこんな本です

藁くじの花嫁 (ハーレクイン・ヒストリカル文庫)のコミック

藁くじの花嫁 (ハーレクイン・ヒストリカル文庫)の文庫

藁くじの花嫁 (ハーレクイン・ヒストリカル文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする