氷の伯爵~無垢なる乙女は愛に惑う~ (ヴァニラ文庫)

  • 21人登録
  • 2.44評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (2)
    • (2)
  • 4レビュー
著者 : 見月ゆりこ
制作 : U子王子    
  • ハーパーコリンズ・ ジャパン (2013年9月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596743022

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

氷の伯爵~無垢なる乙女は愛に惑う~ (ヴァニラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • ハーレクインが元にあるとはいえ、原作を読んでいなければ違和感はなく読めるはず・・・ですが、イラストがイマイチで、ヒーローの横髪が気になっちゃったり、ヒロインの表情が気になったり・・・。イラストって大事だなぁって思いました。

    跡継ぎ欲しさに女性を探すマグナスの条件は、確かに馬の交配目的のようでしたけど、タリーも最初に断るつもりだったら、追い出されることになってもそれをマグナスに言って出て行けばいいのに、仕方ないから結婚するってのは、なんだかなあ。

    しかも世界情勢が不安だから、イタリアへ行くのに難色を示しているマグナスに対して理由も言わずに強行に行くことにしたり、マグナスの体調がよくないのに、自分が行きたいからって行き先を偽って行っちゃったり、勝手なタリーに好感を持てませんでした。

    タイトルは「氷の伯爵」でしたけど、マグナス側の心情も書かれているから、心の中は情熱にあふれているのが明らかでしたし、ちょい微妙な作品だなって思いました。

    それにしても、ほんとイラストがもうちょっとマシだったら違う感想だったかもって思いましたね。

  • ヒロインが序盤で子供と犬を庇うシーンにやたら激しいデジャヴを感じると思ったら、原作のHQを昔読んでたのでした。そして、それに気づいたせいなのかアレなんですが、文章がHQ的なところとTL的なところがちぐはぐな印象。原作その物感を残しすぎなのでは。そしてトドメにイラストの“コレジャナイ感”。普段、挿絵の上手い下手は気にならない方なんですが。やっぱり、HQとTLは似て非なるものだな~と、認識させられた一品でした。

  • 何で跡継ぎはいらないのに子供欲しがるのかよくわからなかったなあ…。ヒロインはたくましくて結構好きです。しかしこれ、どちらかというと愛に惑っていたのは伯爵のほうじゃないですかね…(笑)ヒーロー視点が多くてよかった

  • ハーレクインの原作を知らんので何とも言えないですが、内容の描写とイラストがまるで合っていないと思う。文章からだともう少し大人びたヒロインだと思えるのに、イラストはすごく子供っぽい……。イラストがもう少しマシだったら、もうちょっと楽しめたのになぁ。
    何が一番面白かったって、あとがきの『氷の伯爵て言うけど、すごく親切で面倒見のいい人なんですが』という部分に噴き出しそうになった。いや、全くもってその通り。

全4件中 1 - 4件を表示

氷の伯爵~無垢なる乙女は愛に惑う~ (ヴァニラ文庫)を本棚に登録しているひと

氷の伯爵~無垢なる乙女は愛に惑う~ (ヴァニラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

氷の伯爵~無垢なる乙女は愛に惑う~ (ヴァニラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

氷の伯爵~無垢なる乙女は愛に惑う~ (ヴァニラ文庫)の作品紹介

「残念だが子供ができるまでは耐えてもらわなければならない」"氷の伯爵"と呼ばれるダレンヴィル卿の花嫁の条件は「歯が丈夫で腰が大きいこと」。孤児であるタリーは思いがけない求婚にとまどうが、拒否することは許されなかった。イタリアへの蜜月旅行中、夜ごと愛されて変わっていく身体。いつしか彼を愛していると気付いてしまったタリーは!?氷の心を持つ伯爵と天涯孤独な乙女の、愛無き結婚と恋の行方は?極上のシンデレラストーリー!

氷の伯爵~無垢なる乙女は愛に惑う~ (ヴァニラ文庫)はこんな本です

氷の伯爵~無垢なる乙女は愛に惑う~ (ヴァニラ文庫)のKindle版

ツイートする