監禁城~冷たく甘い秘密のキス~ (ヴァニラ文庫)

  • 20人登録
  • 1.89評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (4)
  • 5レビュー
著者 : 牟礼茉莉花
制作 : Ciel 
  • ハーパーコリンズ・ ジャパン (2013年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596743046

監禁城~冷たく甘い秘密のキス~ (ヴァニラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「アナベル…ッ」
    「ギリアンさまぁ」
    唱和する。
    (158頁)

    唱和? 唱和!? なんでいきなり唱和!!??
    大爆笑。

    だめだ、苦しいよ、拷問だよ、読めないよ、この本。
    ううむ、世の中は広いなあ。

  • Cielさんのイラストに惹かれて購入したのですが、うーん、なぜタイトルが「監禁城」なんだろう。「監禁城」ってあるからには、無理遣りアナベルが城の地下牢にでも閉じ込められるのかと思ったら、地下牢は描写だけ。監禁されているところが一つもないです。

    まあ、それはいいのですが、盛り上がりに欠けるというか、記憶喪失だったのはいいのだけど、途中から予想が付き、悪役登場もあっさり解決して、なんだかなぁって感じ。

    ちょっとがっかりです。

  • リー・ウィルキンソン「雪降る夜に」リメイク作品。はっきり言おう、何故リメイクなんてした!ハーレクインよ、何故ヴァニラ文庫(海外恋愛小説をもとにしたまったく新しい乙女ノベル)なんてもんを立ち上げた!?リメイクする意味がわからない。リメイク、ナニソレオイシイノ?カラーイラストのガーターベルト、おパンツとの順番が逆だろ。それじゃトイレ時が毎回大変だわ。あとね、挿絵でのヒーローの顔トーンが濃いのか、金髪なSHIGERU MATSUZAKIに見えて仕方ない(笑)

  • まずは酔ってる御者に馬車出してと頼むのか、と突っ込みたい。
    『監禁城』とヤンデレシリアスっぽいタイトルだけど、
    前戯の最中に「君の秘密を話せ」と言われて
    ネズミを助けたとかジャム舐めたとか、これ多分シュールなギャグコメディだと思う。
    媚薬

全5件中 1 - 5件を表示

監禁城~冷たく甘い秘密のキス~ (ヴァニラ文庫)の作品紹介

「君は、父の愛人だったんだろう?」伝家の宝石を盗んだ咎で、孤児アナベルは古城に監禁されてしまう。本当は無実で処女なのに、美しい伯爵は信じてくれず、目隠しされ媚薬を塗り込めた花びらを一晩中、指一本で淫らにまさぐられた。初めて知る甘い官能と屈折した愉悦を刻まれながら、アナベルは初めて好きになった人に弄ばれて傷ついてゆくが!?

監禁城~冷たく甘い秘密のキス~ (ヴァニラ文庫)はこんな本です

監禁城~冷たく甘い秘密のキス~ (ヴァニラ文庫)のKindle版

ツイートする