惑溺~王子様と恋の駆け引き~ (ヴァニラ文庫)

  • 13人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 芹名りせ
制作 : SHABON 
  • ハーパーコリンズ・ ジャパン (2014年10月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596743299

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

惑溺~王子様と恋の駆け引き~ (ヴァニラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 容姿と父親の立場から求婚者があとをたたないアンネリーゼと王子ヴィルフリート。友人がヴィルフリートに振られたからと誘惑してふるって考えついたブリギッタ王女様も王女様ですが、ヴィルフリートの行動を見ると、結構アンネリーゼをかまっているから、知らぬは本人ばかりなりって感じで、ヴィルフリートの気持ちは他の人も分かっていたんじゃないかなぁって思いました。

    ヴィルフリートとブリギッタの間で板挟みになって、悩むアンネリーゼですが、ヴィルフリートの前だとかなり素直に気持ちを表しているし、特に当て馬が出てくることなく、普通だったかな。

    気になったのはアンネリーゼの父ですね。溺愛している娘を奪われる父の前で恐縮するヴィルフリートとか、ヴィルフリートと父の絡みも一度見てみたかったです。

全1件中 1 - 1件を表示

惑溺~王子様と恋の駆け引き~ (ヴァニラ文庫)を本棚に登録しているひと

惑溺~王子様と恋の駆け引き~ (ヴァニラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

惑溺~王子様と恋の駆け引き~ (ヴァニラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

惑溺~王子様と恋の駆け引き~ (ヴァニラ文庫)はこんな本です

惑溺~王子様と恋の駆け引き~ (ヴァニラ文庫)のKindle版

ツイートする