無垢なプライド (ハーレクイン・プレゼンツ・スペシャル)

  • 15人登録
  • 2.43評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
  • 4レビュー
制作 : Diana Palmer  仁嶋 いずる 
  • ハーレクイン (2010年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596800633

無垢なプライド (ハーレクイン・プレゼンツ・スペシャル)の感想・レビュー・書評

  • 比べてしまった自分の自業自得。「傷付けた純情」の方が面白い。
    本書で気になったのはヒーローの情熱的な台詞が初な感じを受けた。そのせいか傲慢的でなくただ不器用な男に見えた。

  • ジョージア州。

    喧嘩したからってそこまで言う!? とは思ったけども…

    最後は大団円で幸せな気分に。

  • Night Fever
    祖父と弟2人の家庭を1人で支えているベッキーと、地方検事のロークの話。
    ある日、上の弟が問題を起こして連行され…
    ベッキーと祖父の、弟に罪を償わせずに守ろうとする勝手過ぎる所など、読んでて少しイライラしてしまう。
    読み終えたのが不思議。

  • 法律事務所で秘書として働くベッキーは、祖父と弟二人の家庭をたった一人で支えている。ある日、上の弟が問題を起こして連行されたという知らせを受け、ベッキーは担当の地方検事に会いに行った。検事のオフィスのドアを開けたとたん、彼女は驚いた。法律事務所のあるビルのエレベーターでよく会う無愛想な男 ―ローク・キルパトリックが中にいたのだ。家族の不祥事。苦悩の中で彼女が迫られた選択とは…。

    ヒロインのしっかり加減がいい。あまりにも頑なだと興醒めだけど、このくらいなら許容範囲。ヒーローの不器用なプロポーズも読んでいる分には微笑ましい。初期作品だけあってダイアナらしい傲慢で強引なヒーロー像は薄め。

全4件中 1 - 4件を表示

無垢なプライド (ハーレクイン・プレゼンツ・スペシャル)を本棚に登録しているひと

無垢なプライド (ハーレクイン・プレゼンツ・スペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

無垢なプライド (ハーレクイン・プレゼンツ・スペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

無垢なプライド (ハーレクイン・プレゼンツ・スペシャル)はこんな本です

無垢なプライド (ハーレクイン・プレゼンツ・スペシャル)のKindle版

無垢なプライド (ハーレクイン・プレゼンツ・スペシャル)のオンデマンド (ペーパーバック)

無垢なプライド (ハーレクイン・プレゼンツ・スペシャル)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする