誰もいないはずの聖夜に (ハーレクイン・プレゼンツ スペシャル)

  • 17人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 琴葉 かいら 
  • ハーレクイン (2014年11月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596800770

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

誰もいないはずの聖夜に (ハーレクイン・プレゼンツ スペシャル)の感想・レビュー・書評

  • 何かの宣伝でオススメとあったので。確かにこれはクリスマスにぴったりのロマンス。でも相変わらずロマンスものって期間が短い。1週間で結婚って…ひょえ~な世界。細々と気になる点はあったけど面白かった。

  • 献本でもらったもの。そういえばレビューを書き忘れていた。ハーレクインがこういう系統の話を集めたレーベルだって知らずに応募した。うーむ。
    ストーリーがイマイチなのもあったけど、一つ一つのシーンが冗長でかなり読みづらかった。

  • 13歳のクリスマスの日、離婚した両親に捨てられたことから、クリスマスを嫌い他人に心を開かなくなったケイラ。仕事のため、クライアントが家族で経営するウィンターリゾート地に一週間滞在することになり、そこでの出会いが彼女を変えていく。

    物語の舞台〈スノー・クリスタル〉に私も行ってみたい。降り積もった雪やクリスマスの風景、凍えるような寒さ、暖炉の暖かさ、全て目に浮かび肌で感じられるような文章でした。
    これはただのラブロマンスでなく、孤独に生きてきたケイラの再生の物語。読み終わった後、とても温かな気持ちになりました。
    私にもケイラのような出会いがないだろうか…(苦笑)
    森でジャクソンがケイラに松ぼっくりをあげるシーンがとても好きです。

  • "離婚した両親に捨てられたのは、13歳のクリスマスの朝だった。
    以来ケイラは、寂しさが募るこの季節が大嫌いだった。
    今年はどうやり過ごそうかと、仕事中も暗い気分で思案していると、
    思いがけずも、上司から休暇返上の出張命令が下された。
    新しいクライアントから、条件つきで仕事の依頼があったというのだ。
    “1週間うちのリゾートに滞在して、キャンペーンを企画してほしい”と。
    浮かれ騒ぐ街から逃げ出す、またとない口実だわ。ケイラは快諾した。
    雪に埋もれたコテージで、クリスマスが終わるまで隠れていよう。
    リゾートのオーナー、ジャクソンがどれだけハンサムだろうと、
    仕事に没頭するケイラにはなんの支障もないはずだった。
    当のジャクソンは、まったく逆の考えを抱いていたとしても。"

全4件中 1 - 4件を表示

誰もいないはずの聖夜に (ハーレクイン・プレゼンツ スペシャル)を本棚に登録しているひと

誰もいないはずの聖夜に (ハーレクイン・プレゼンツ スペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

誰もいないはずの聖夜に (ハーレクイン・プレゼンツ スペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

誰もいないはずの聖夜に (ハーレクイン・プレゼンツ スペシャル)の作品紹介

離婚した両親に捨てられたのは、13歳のクリスマスの朝だった。以来ケイラは、寂しさが募るこの季節が大嫌いだった。今年はどうやり過ごそうかと、仕事中も暗い気分で思案していると、思いがけずも、上司から休暇返上の出張命令が下された。新しいクライアントから、条件つきで仕事の依頼があったというのだ。“1週間うちのリゾートに滞在して、キャンペーンを企画してほしい”と。浮かれ騒ぐ街から逃げ出す、またとない口実だわ。ケイラは快諾した。雪に埋もれたコテージで、クリスマスが終わるまで隠れていよう。リゾートのオーナー、ジャクソン

誰もいないはずの聖夜に (ハーレクイン・プレゼンツ スペシャル)はこんな本です

誰もいないはずの聖夜に (ハーレクイン・プレゼンツ スペシャル)のKindle版

ツイートする