ウエディング・ストーリー〈2009〉愛は永遠に

  • 10人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Carole Mortimer  Melissa James  Rebecca Winters  竹内 栞  木咲 りこ  村上 あずさ 
  • ハーレクイン (2009年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596807120

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ウエディング・ストーリー〈2009〉愛は永遠にの感想・レビュー・書評

  • 三作品。
    「富豪のプロポーズ」面白かった。二人どんなけラブラブやねん!てぐらいラブラブだった。
    「天使に魅せられて」ヒーローの方がヒロインにべた惚れで面白かった。
    「ウエディングは逃避行」ミュージシャンだからできる事にベタな展開でも感動した。

  • ミスターロイヤル、ヴァンソンが表紙のウェディングストーリー。一番のお気に入りは「ウェディングは逃避行」です。これは原書でも読んでみたいな~。

  • 全3話収録。結婚がテーマ。
    「富豪のプロポーズ」
    ちょっと祖父の設定に無理があったんじゃないかと思わないでもない。
    正統派のシンデレラストーリー。
    でもたぶんこのヒーローはマザコンじゃないかと思う。
    「天使に魅せられて」
    欧米との文化の違いを見せつけられるな!
    車で走っている距離がもうよくわからない。
    御嬢さんはさっさと病院に行っておくべきだったよね。
    「ウェディングは逃避行」
    少女マンガチックで一番面白かった。
    でも、ロックバンドのボーカルが生放送の番組で愛の歌を歌った上に告白してくるとかすげーもう、新條まゆっぽい。
    いやそういうの描いてるか知らないけど。

  • 『富豪のプロポーズ』―仕事を終えてケイシーがやっと家にたどりつくと、思いがけない人物が待っていた。莫大な富を所有する著名な映画プロデューサー、ザンダー・フレイザーだ。そんな人が、わたしになんの用だろう?いぶかるケイシーに告げられたのは、とんでもない申し出だった。
    『天使に魅せられて』―ネバダ州エルコ。キャサリンがこんな場所までやってきたのには、大きな理由がある。彼女が養子に迎えようとしている赤ん坊の父親に、子供を引き取る意思がないことを確認しに来たのだ。ところが彼の兄だという人物―コールが現れ、事態は信じられない展開に。
    『ウエディングは逃避行』―ミアの父は有名なロックミュージシャンだ。その父が深刻な病気になってしまい、彼女は世間の目から父を守るために自らスキャンダルを起こそうと心に決めた。そこでミアは、かつて父と同じバンドに在籍していたC・J・ハンターのもとを訪れ、ある依頼をする。

    ヒーローが強引な三編。特に前二つは酷い。自分の都合が中心で、ヒロインは簡単にOKすると思っている。「ウエディングは逃避行」のヒーローはまだマシだけど、やっぱり自分の思うようにしかヒロインを理解していないところがなんとも。

全6件中 1 - 6件を表示

ウエディング・ストーリー〈2009〉愛は永遠にを本棚に登録しているひと

ウエディング・ストーリー〈2009〉愛は永遠にを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ウエディング・ストーリー〈2009〉愛は永遠にを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ウエディング・ストーリー〈2009〉愛は永遠にのオンデマンド (ペーパーバック)

ウエディング・ストーリー〈2009〉愛は永遠にのオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする