裸足の伯爵夫人 (MIRA文庫)

  • 60人登録
  • 3.61評価
    • (8)
    • (7)
    • (23)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
制作 : 細郷 妙子 
  • ハーレクイン (2001年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (476ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596910042

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
キャンディス キ...
キャンディス キ...
キャンディス キ...
キャンディス・キ...
有効な右矢印 無効な右矢印

裸足の伯爵夫人 (MIRA文庫)の感想・レビュー・書評

  • ヒロインはお子様だけど素直で大胆なところがキュートで憎めないし、鷹揚なヒーローがそんなヒロインにメロメロなのが最高!!
    サスペンスはほんのおまけで、動機や犯人の解明などあっけなかった。

  • キャンディス・キャンプが大好きになった作品。
    ヒストリカル。
    美しく元気のいい17歳のヒロインに36歳のデュア卿が迫られて、お互いに政略結婚と言いつつも恋に落ちて行くという甘〜い甘〜い物語。

    かなりのお気に入りで、数ヶ月間繰り返し読んでしまった。

  • 伯爵x幼な妻
    頭がよくて勇敢なチャリティがとにかくかわいい!
    ヒールで踏んでから股間を蹴って最後に鼻っ柱に一発お見舞いとか。
    パンチに威力を持たせるために指輪の位置を変えたりとか。
    おまけに色事大好きと無邪気に言ってのけるチャリティに
    押しかけられたヒーローは幸せ者だね。

  • 3.5
    しょっぱなからマシンガントークを繰り広げるチャリティ。
    ちょっと幼いのが仕方ないけど行動力かあって愛すべきかわいい子っぷりが凄い。
    リードは清々しいほどクズだな!
    一番ひっかかっちゃいけない相手にあっさり騙されるもピンチを脱する能力が凄いよチャリティ。

  • 面白いとは思うけど、このサスペンスとロマンスの内容であの分厚さはないかな~。分厚さの割には少し内容が薄い気がした。サスペンス要素もありきたりな内容だったし…少しだけ期待外れかな。

  • 初キャンディス・キャンプ。可愛らしいといえば可愛らしいんだけど、苦労知らず世間知らずのヒロインがロマンス小説の主人公としては感情の動きが幼くて男女の機微を楽しむ話ではなかった。
    ヒロインの価値観が現代的すぎてフェアすぎてチートすぎて。もっと生きている時代と階級になじめなくてヒロインが葛藤してたらヒーローとの邂逅がもっと生きると思うんだけどね。ヒロインを「いい子」にしちゃうのは自分もやりがちなので気を付けようと思った。

  • まあまあ面白かった気が…。

  • 主人公のチャリティが自分の正義と信念を曲げない溌剌とした女の子で楽しかった。
    ただ、悪人が誰か最初から分かっている読者からすると、チャリティが素直に人を信用してしまうことにいらいらが募ります(笑)

  • [more]<br />ヒロインが押しかけ結婚。<br /><span style="color:#ffffff;">ヒーローの元愛人</span>による策略殺人。

  • 図書館の本

    チャリティがかわいくてしょうがない!
    12歳も年の差があればデュア卿に勝ち目はないよね。
    笑わせてもらえる存在は大きいのだと思う。
    ラッキーの入浴シーンは大笑い!
    チャーチールはかわいそうだったよね。
    決してコメディ作品ではないけれど微笑の絶えない作品でした。

    Suddenly by Candace Camp

  • とにかくヒストカルロマンス本ではお気に入りの一冊です☆主人公の少女が時代と違った価値観で動いていて小気味いいですw二人のジリジリとしたロマンスもやみつきになる一冊ですw

全11件中 1 - 11件を表示

裸足の伯爵夫人 (MIRA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

裸足の伯爵夫人 (MIRA文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

裸足の伯爵夫人 (MIRA文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

裸足の伯爵夫人 (MIRA文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

裸足の伯爵夫人 (MIRA文庫)はこんな本です

裸足の伯爵夫人 (MIRA文庫)のKindle版

ツイートする