盗まれたエピローグ―運命のモントフォード家〈2〉 (MIRA文庫)

  • 34人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (3)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Candace Camp  細郷 妙子 
  • ハーレクイン (2005年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (484ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596911339

盗まれたエピローグ―運命のモントフォード家〈2〉 (MIRA文庫)の感想・レビュー・書評

  • 伯爵ヒーローx男爵令嬢ヒロイン

    父親の仇をとるための行動が
    ことごとくヒーローに誤解を与えてしまう系。
    勘違いしたヒーローを身体で引きとめようとするシーンが切ない><

  • 3.4
    黒幕がわかっちゃってることもあって、前作みたいなワクワクする感じは少ない。
    泥棒家族がどうなったとか、ロザリンドが後半全然出てこないとか、もやっとする。
    とはいえ、たぶん兄妹で一番過酷と思われる生い立ちで頑張るヒロイン。
    ペネロペとバッキーはくっついてよかったね。

  • シンデレラストリーとか幼い子供が出てくるのが大好きなので
    文句なしに面白かったです。

  •  マリー・アンは孤児院そだち。ヒーローはランベス侯爵。マリアンヌが泥棒一味だと知っていながらひかれていく辺りが見所、なんだろうな、きっと。

  • 軽い読み物として最適。どんどん読めて、どう着地するか気になってしまう。

  • 孤児のメアリーは泥棒一家に命を救われて以来、貴族を装って金持ちの邸宅に出入りし、強盗の手引きをしている。ある日メアリーは未亡人マリアンヌと称して舞踏会に出席した。だが人目を盗んで屋敷の金庫を探しあてたとき、声をかけられた。「友人宅の金庫破りを見過ごすわけにはいかない」すべてを見透かすようなまなざしで見つめるのは、ロンドン一の花婿候補、ランベス侯爵だった!

全6件中 1 - 6件を表示

盗まれたエピローグ―運命のモントフォード家〈2〉 (MIRA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

盗まれたエピローグ―運命のモントフォード家〈2〉 (MIRA文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

盗まれたエピローグ―運命のモントフォード家〈2〉 (MIRA文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

盗まれたエピローグ―運命のモントフォード家〈2〉 (MIRA文庫)はこんな本です

盗まれたエピローグ―運命のモントフォード家〈2〉 (MIRA文庫)のKindle版

ツイートする