マッケンジーの山 (MIRA文庫)

  • 59人登録
  • 3.65評価
    • (6)
    • (14)
    • (15)
    • (2)
    • (0)
  • 13レビュー
制作 : Linda Howard  高木 晶子 
  • ハーレクイン (2005年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596911377

マッケンジーの山 (MIRA文庫)の感想・レビュー・書評

  • マッケンジー家 Ⅰ  お父さん・お母さん

  • この本て、やたら評価高いよね…
    シリーズでのファンも沢山いるようだし。
    個人的には(前評判が高すぎたせいか?)絶賛するほどじゃなかったかな。
    まま楽しめました。

  • ヒロイン:田舎町の高校に赴任した教師メアリー
    ヒーロー:成績トップだが高校に来なくなった生徒ジョー・マッケンジーの父親ウルフ
    ジョーとウルフはネイティブアメリカンのハーフで差別を理由に町民と距離をおいていて、ジョーはパイロットに憧れているが、進学の夢も差別ゆえにあきらめかけていた。父はかってレイプの罪で刑務所にいた。実際にはレイプしていないが、差別ゆえに投獄され、白人に対してかなりの距離感のある父ですが、オールドミスのメアライーがおせっかいを色々とやき、逆に彼女が困った時には何故か手助けをしていて、徐々に心を通わし?体も通わすことになります。いつもどおりのリンダ・ハワードのリアルな性描写ですが、話の展開は面白いです。マッケンジー一家の話はシリーズものになりますが、子供たちがどういう環境で育ったのか成り立ちが分かります。

  • マッケンジーのシリーズは全部読んでるが やはりウルフのロマンスが一番熱いロマンスである。ヒロインの優しい心遣いが偏見からこの一家を救ったのだなぁ。人種差別にしろ何にしろ人間を差別するって最低だ。

  • 似たような設定の話は数あれど、やっぱりリンダハワードの情熱的なストーリー展開に惚れ惚れします。

  • 再読。
    「流れ星に祈って」で、初めてリンダ作品に出会い
    それからは、全ての作品を読みまくっていますが
    ウルフ父ちゃんは、ベスト5に入るヒーローだと思います!

  • マッケンジー家の父ウルフの話。

  • 田舎町の高校に赴任した教師メアリーは、トップの成績にもかかわらず学校に来なくなった生徒ジョー・マッケンジーを訪問した。話を聞くに、ジョーと彼の父ウルフはインディアンの混血だという理由で町民と距離を置いているらしい。ジョーが密かにパイロットに憧れているのを知ったメアリーは個人授業を申し出るが、ウルフは冷たく拒絶した―自分たちには近づくな、僕はレイプの罪で刑務所にいた男だ、と。女王リンダの最高傑作シリーズ、待望の文庫化。

    高校教師のヒロインと、その高校の生徒の父親のヒーロー。<br>
    ヒーローの過去の経緯とインディアンを嫌う街で、人との交渉を避けて排他的に暮らすヒーローにとって、南部からやってきた誠実で正義感溢れるヒロインはさぞ眩しく映ったことだろう。いかにも白人優位主義的な街の人々が、ヒロインに触発されて徐々に変わっていく様子や、賢くて聡明なヒーローの息子がイイ味を出している。<br>
    ヒロインのただ理想論的に平等を叫ぶのではなく、ちゃんと街の人々の気持ちも汲みつつ、なおかつ主張を曲げないところに強さを感じられる。小さな街で孤立することを恐れない強さは、ヒーローの肉体的強さに勝るとも劣らないだろう。そしてそんなヒロインにヒーローが惹かれないわけはなく。もちろん一目会ったときから一目惚れ状態ではあったわけだけど。<br>
    レイプという陰惨な事件が背景にあるのは残念。でもそれくらいインパクトがないと、物語に真実味がでないことも確か。惜しむらくは犯人が誰か、初期段階で見当がついてしまうことか。

  • 文庫版
    文庫になって本当に嬉しかった。
    数あるリンダの中でもこのシリーズが
    一番好き。その中でもこの作品が一番好き。

  • マッケンジー一家シリーズ。リンダハワードを検索するとこの本の一行目が伝説になっています。
    読んでみたくて購入。びっくりしました。

  • マッケンジーシリーズの原点となる本。
    町の人と交流を絶ってひっそりと暮すマッケンジー親子の元に新しい教師として赴任してきたメアリー。成績優秀なのに学校を辞めようとしているジョーを学校に戻そうとしてウルフの元へと向かい、二人が出会います。そこから先はお約束通りの定石を踏んでくれます(笑)。サブキャラの息子のジョーがなんともいい味を出しています。

  • ウルフを家長とするマッケンジーの始まりは、『マケンジーの山』と呼ばれる山頂の馬牧場を営むウルフ・マッケンジーと息子のジョーが転任してきた教師のメアリーと出会う物語。

全13件中 1 - 13件を表示

リンダ・ハワードの作品一覧

リンダ・ハワードの作品ランキング・新刊情報

マッケンジーの山 (MIRA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マッケンジーの山 (MIRA文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マッケンジーの山 (MIRA文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

マッケンジーの山 (MIRA文庫)はこんな本です

マッケンジーの山 (MIRA文庫)のマスマーケット

マッケンジーの山 (MIRA文庫)のカセット

マッケンジーの山 (MIRA文庫)のMP3 CD

ツイートする