麗しのファンシー・レディ〈上〉 (MIRA文庫)

  • 23人登録
  • 2.91評価
    • (1)
    • (1)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 4レビュー
制作 : Susan Elizabeth Phillips  岡 聖子 
  • ハーレクイン (2007年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (454ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596912633

麗しのファンシー・レディ〈上〉 (MIRA文庫)の感想・レビュー・書評

  • 読むのがキツかった・・・。
    ヒロイン最低すぎる。
    何度、途中で読むのをやめようと思ったことか・・・。
    疲れた。

  • ん〜、続編が面白かったから期待してたけど…あまり面白くなくて、読み終えるのが大変だった。

  • 図書館の本

    あらすじ
    内容(「BOOK」データベースより)
    たぐいまれな美貌に恵まれ、シルクとキャビアに囲まれて育った少女は、ヨーロッパ社交界の寵児としてもてはやされた。彼女の名はフランセスカ・セリテラ・デイ。高名なデザイナーだった祖母、セレブリティの代名詞のような母をもつ21歳の令嬢には、怖いものなど何もなかった。だが、母が突然の死を迎えたとき、その財産は底をつく寸前だったという事実が彼女を襲った。藁にもすがる思いで、フランセスカは人の紹介を頼りにアメリカへ渡る決心をする―あまりに残酷な試練と、人生を揺るがす出会いが待っているとは想像もせずに。この作品で執筆スタイルを確立したと著者自ら語る、最高傑作、待望の初邦訳。


    ハリウッドの映画とかドラマになりそうなストーリー。
    ある意味アメリカ至上主義?とか思ってしまった作品。
    典型とは言わなくてもサクセスストーリーでした。
    ロマンス小説だと思わないで、大河小説って思えばいい作品。
    ロマンス小説だと思うとかなーりあっさり恋が語られる作品でした。

    ゴルフにラジオ。
    アメリカ人はみんなすきなんだなとあらためて感じた作品でした。

    Fancy Pants by Suzan Elizabeth Phillips

  • 2008年4月22日 読み終えました(・ω・)

    たぐいまれな美貌に恵まれ、
    シルクとキャビアに囲まれて育った少女は、
    ヨーロッパ社交界の寵児としてもてはやされた。
    彼女の名はフランセスカ・セリテラ・デイ。
    高名なデザイナーだった祖母、
    セレブリティの代名詞のような母をもつ
    21歳の令嬢には、怖いものなど何もなかった。
    だが、母が突然の死を迎えたとき、
    その財産は底を付く寸前だった
    という事実が彼女を襲った。
    藁にもすがる思い出、
    フランセスカは人の紹介を頼りに
    アメリカへ渡る決心をする。
    あまりに残酷な試練と、
    人生を揺るがす出会いが待っているとは
    想像もせずに。

    うーん・・('A`;)
    ひどすぎる!
    作者さん、どんだけ主人公の印象を
    地に落とせば気がすむんですか?ヽ(;´Д`)ノ
    フランセスカ、最初が嫌なやつすぎて
    猫を拾っただけで『成長したなあ!』
    って泣けてくるよw

    しかしフランセスカも最低だけどダリーも最低。
    あんな男とは絶対かかわりたくないやー!
    ホーリー・グレイスも嫌いだったけど、
    徐々に彼女の評価は上がりました(^ω^)

    上巻は読むの辛すぎる・・
    しかし最初我慢したら、
    徐々に楽しくなります(´ω`)♪

全4件中 1 - 4件を表示

麗しのファンシー・レディ〈上〉 (MIRA文庫)はこんな本です

ツイートする