遙かな森の天使 (MIRA文庫)

  • 17人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Heather Graham  風音 さやか 
  • ハーレクイン (2008年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (581ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596912732

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
キャサリン コー...
ヘザー グレアム
有効な右矢印 無効な右矢印

遙かな森の天使 (MIRA文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「遥かな森の天使」ハーレクインお得意のヒストリカル。森でひっそり育てられたアリーの婚約者とは…
    http://youyou-bookmovie.blog.so-net.ne.jp/2016-02-20

  • 図書館の本

    あらすじ
    内容(「BOOK」データベースより)
    連続殺人鬼がロンドンを震撼させていた19世紀末の英国。森のコテージで大切に育てられた孤児アリーは美しい女性に成長していた。後見人であるカーライル伯爵の城へ向かう途中、アリーは黒い覆面をした盗賊に襲われる。だが彼女の名前を聞いた盗賊は、なぜかアリーをそのまま解放した―彼女の心だけを奪って。城に着いたアリーは、自分に婚約者がいたことを知らされる。驚愕の事実に戸惑う一方で、心ならずも盗賊に惹かれ、葛藤するアリー。世間の喧噪から守られた穏やかな日々は終わり、激しく揺れ動く運命の扉が開かれた。


    よくもまぁ、これだけ邪魔が入るものだというつくり。
    話をしようとするとだれかが割って入り、やっとその人の話が終わったと思えば事件が起きる。
    ある意味どたばたなんだけど、品がいいのでバタバタした感じがない。
    ドレスも見てみたいなぁ。どんな風になるんだろう?
    文章を書くということもヒストリカルだと冒険になっちゃうのねと思った作品でした。

    Beguiled by Hearther Graham

  • “呪いの城の伯爵”の元にいた謎めいた少女がヒロイン。追いはぎとしてヒロインと出逢ってしまったヒーロー。前2作のファンの方にはおススメのミステリーに仕上がっている。

全3件中 1 - 3件を表示

遙かな森の天使 (MIRA文庫)はこんな本です

遙かな森の天使 (MIRA文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

遙かな森の天使 (MIRA文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする