さよなら片思い (MIRA文庫)

  • 29人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Candace Camp  鹿沼 まさみ 
  • ハーレクイン (2009年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596913517

さよなら片思い (MIRA文庫)の感想・レビュー・書評

  • パッとしない30歳独身弁護士秘書ヒロインと彼女が長年片思いしてるボスのバツイチヒーローとの夢のようなお話なのであるが これは片思い女子の夢物語としては最高の一冊だと思われる。ヒロインのライバル元妻の存在が 二人のロマンスを最後に盛り上げてるところなんてニヤニヤ笑っちゃう。
    再々読。

  • 人生で一番惨めな誕生日を迎えた弁護士秘書のエミリー。
    彼女は自分の何もかもが平凡だと思い、30になるのにバージンで、10年間ずっとボスのアダムに片思いをして、これからもずっとそれが続く気がしていた。
    おまけに叔母や母親からのプレッシャーに、ついに1人仕事部屋で泣き出してしまう。
    そこへボスのアダムがきて、話を聞くとある提案をしてきた…。


    面白かった!
    こういうの大好き!
    こういう軽い感じで、深刻でなくて可愛くて、女の子が綺麗に変身していく話。
    自分にずっと自信がなかったのが、綺麗になって周りから認められてデートに誘われるようになって、どんどん自信を取り戻して成長していくストーリー。
    うん、大好き!

    アダムもすごく良い人だし、エミリーも最初は自信なさすぎて卑屈に感じられてイラッときたりもしたんだけど、それがなくなっていくし。
    アダムをずっと影で支え続けてきて、健気な子。

    しかし、最後のキャシーとアダムの間に入っていったアレはやりすぎな感じがしてしまった。
    なので☆4つ。

  • 弁護士ヒーローx秘書ヒロイン

    ビフォーアフター系。
    後半、ヒーローのジェラっぷりがいっそ気持ちいい。
    我慢期間の後、鍵掛けずにオフィスで及んで呆然となっている2人がかわいいv
    あと、とにかく伯母がうざい。
    いとこがあんなにいい子に育ったのが不思議だわ。
    3兄弟の他の話はあるんだろうか?

  • レビューで好評だったのと、パス作家キャンプだがヒストリカルしか読んでなかったので、現代物を読んでお試し。普通に楽しかった。前妻をコケにする所が爽快。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする