希望は君の瞳の中に―危険を愛する男たち〈3〉 (MIRA文庫)

  • 16人登録
  • 4.67評価
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Suzanne Brockmann  松村 和紀子 
  • ハーレクイン (2009年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596913524

希望は君の瞳の中に―危険を愛する男たち〈3〉 (MIRA文庫)の感想・レビュー・書評

  • ヒーローは誇り高く、今まで幾つもの試練を尋常ならざる努力で克服してきた軍人です。

    そのため、足に深手を負って医者から回復の見込みがないと言われながらも、今までと同じように努力で何とかしてみせるとリハビリを続けますが、とうとう病院から見放されるような形で、自宅に帰されます。その後、足が動けなくても周りの助けを借りずに、何とか健常者と同じように生活をしようとする様がとても痛々しい。

    自分自身がそんな有様なのに、幼い姪を預かるはめに陥ってしまい、この子のためにしっかりしようと奮闘。そして、ヒロインの優しさに支えられながら、徐々に自分の心身の弱さを認めていき、障害があっても充実した生活を手に入れて行きます。

    もう、涙なしでは読めません。

  • H:フリスコ
    ヒーローの再生物語。泣けた。
    A-

  • 図書館の本
    待ちました!読みたいけど高いから、ほんぽーとで予約かけて2ヵ月。
    楽しみに読みました

    あらすじ
    内容(「BOOK」データベースより)
    もう一度、海軍特殊部隊SEALの現役に復帰したい。ひざに重傷を負って以来それだけを生きる望みとしていたフリスコは、回復の見込みなしという医師の宣告に愕然とした。自暴自棄になった彼は、酒に溺れる日々を送るようになる。いまは誰ともかかわりたくない―それなのに、姉に頼みこまれて5歳の姪をあずかるはめになってしまった。小さな女の子の世話など、どうすればいいんだ?途方に暮れるフリスコに手を差し伸べたのは、美しい隣人マイアだった。

    フリスコはずーっと名前が出てきてて、気になっていたメンバーの一人。
    怪我をしたことによりどうなるんだろう?と今までのストーリーが気になっていたのでとてもわくわくしながら読みました。
    軍人が子供を扱うときにでも、その人の価値観の中で育てるんだねと妙な感心。
    そしてピンクノソファはフリスコのやさしさだものね。
    これからも登場してくれそうなので楽しみにしています。

    Frisco's Kid by Suzanne Brockmann

全3件中 1 - 3件を表示

希望は君の瞳の中に―危険を愛する男たち〈3〉 (MIRA文庫)を本棚に登録しているひと

希望は君の瞳の中に―危険を愛する男たち〈3〉 (MIRA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

希望は君の瞳の中に―危険を愛する男たち〈3〉 (MIRA文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

希望は君の瞳の中に―危険を愛する男たち〈3〉 (MIRA文庫)はこんな本です

希望は君の瞳の中に―危険を愛する男たち〈3〉 (MIRA文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

希望は君の瞳の中に―危険を愛する男たち〈3〉 (MIRA文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

希望は君の瞳の中に―危険を愛する男たち〈3〉 (MIRA文庫)のKindle版

ツイートする