招かれざる求婚者―危険を愛する男たち〈4〉 (MIRA文庫)

  • 16人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Suzanne Brockmann  氏家 真智子 
  • ハーレクイン (2009年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596913685

招かれざる求婚者―危険を愛する男たち〈4〉 (MIRA文庫)の感想・レビュー・書評

  • SEALヒーローx大使館員ヒロイン

    最初の方はものすごくヒロイン好きだったのに
    途中からあまりの頑なさにイライラしてきたよ。
    カウボーイいいヤツなんだから泣かせるなよ!
    KYなラッキーもお馬鹿すぎてかわいいv

  • ヒロイン宅の庭にテント張っちゃうカウボーイ、可愛かった♪
    ヒロインはだめでしょ。あれを秘密にしちゃ。
    B

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    メロディは妊娠7カ月目に入り悩んでいた。子供の父親に、妊娠したことを知らせたくないのだ。7カ月前、中東でテロ組織に人質にされた彼女は、海軍特殊部隊SEALの将校ジョーンズに救出され、たちまち恋に落ちた。危険の中で生きる非凡な彼に愛されるはずがないと知りながら…。夢のようなひとときを過ごしたあと、メロディは自ら別れを告げた。ところが今日、突然ジョーンズが現れ、大きなお腹を見て顔に固い決意を浮かべた。きっと彼は責任を果たすためにプロポーズをする気だ。でも私は愛のない結婚なんて絶対にしない―。

    今回の主役はカウボーイが主役でした。
    「愛してる」って言えばいいだけなのに、ねぇ。なんていったらロマンス小説成り立たないのはわかっているのですが。。。。今回はアンディという少年がカウボーイとメロディの間に入ることによって展開がいろいろあって楽しめました。
    ただほかのシリーズに比べるとほかのシール隊員のからみがすくないかなぁ?というのがちょっとだけさびしかったりもして。
    「愛」は伝えないと相手をいこじにさせる。そんな作品でした。

    Everyday,Average Jones by Suzanne Brockmann

全3件中 1 - 3件を表示

招かれざる求婚者―危険を愛する男たち〈4〉 (MIRA文庫)を本棚に登録しているひと

招かれざる求婚者―危険を愛する男たち〈4〉 (MIRA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

招かれざる求婚者―危険を愛する男たち〈4〉 (MIRA文庫)はこんな本です

招かれざる求婚者―危険を愛する男たち〈4〉 (MIRA文庫)のKindle版

ツイートする