もしも願いがかなうなら (MIRA文庫)

  • 18人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Judith McNaught  後藤 美香 
  • ハーレクイン (2011年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596914774

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クレスリー・コー...
クレスリー・コー...
ジョージェット ...
有効な右矢印 無効な右矢印

もしも願いがかなうなら (MIRA文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「綴られし乙女の祈り」☆5 
    ヒロインは天然だけど、すごーく良い子 ヒロインの祖母宛ての手紙が胸にくる 手紙のとこだけ、おばあちゃんになった気持ちで、何度も読み返した 短編でも十分読み応えあり

    「君とめぐり逢うまで」
    ヒロインが無理だった

  • 短すぎて物足りない
    スピンオフなので本編を読んでいたら楽しかったのかも。

  • 『とまどう緑のまなざし』のフランス貴族ニッキーの短編。話は短すぎてイマイチだが、クレイトン夫妻がでてきてうれしい。ニッキーは本編では魅力的だったが、ヒロインのジュリアナの話として語られるので、この話だけ読んでもつまらないかも。

    『君といたあの頃に』のダイアナの義妹コーリーとスペンサー。本編ではもう結婚していたが、そのなれそめ。暴走ぎみのスペンサーがステキ。短い話の中でもマクノート定番の、うまくいったかと思ったのにもうひと波乱…があります。でも、この作者は長編でないと良さがでないと思う。スピンオフとして読むから楽しく★4だが、ピンなら評価は★3。

    三浦しおんの特別寄稿4ページのおまけ有り

全3件中 1 - 3件を表示

もしも願いがかなうなら (MIRA文庫)はこんな本です

ツイートする